webを活用してシニア層にどのようにアプローチをしていくか。戦略と一緒に説明していきます

シニア層へアプローチするための効果的な戦略

アクセシビリティを高める

シニアの中には、最新のウェブ技術や、基本的なコンピュータースキルにも精通していない人も少なくないです。そのため、アクセスしやすく、理解しやすいコンテンツを作成することが重要です。明確でシンプルな言葉を使い、専門用語は避け、ステップバイステップの説明を提供する。また、より魅力的なコンテンツにするために、オーディオやビデオコンテンツを取り入れることも検討すべきです。

適切なプラットフォームを活用する

Webマーケティングでは、ターゲットとなるユーザーにリーチするために、適切なプラットフォームを利用することが重要です。シニアの場合、Facebookなどのソーシャルメディア、YouTubeなどの動画共有サイト、メールマガジンなどが効果的なプラットフォームとして挙げられます。その際、使いやすく、操作しやすいプラットフォームを選ぶことが大切です。

関連性の高いコンテンツの作成

シニアに興味を持ってもらうためには、シニアのニーズや関心に関連した価値あるコンテンツである必要があります。健康やウェルネス、旅行、趣味、リタイアメントプランなどのトピックを検討すべきです。記事、ビデオ、インフォグラフィックスなど、さまざまな形式を使い、興味を引くようにするのも重要です。

国内における事例

ユニクロ

2020年、ユニクロは、”Relax & Refresh “というオンラインキャンペーンを開始したのです。このキャンペーンは、シニア向けの快適で機能的な衣料品を普及させることを目的としています。ウェブサイトでは、シニアのニーズや興味に合わせた、健康やウェルネス、旅行、ファッションに関する記事や動画を紹介しています。

JAL

2019年、日本航空はシニアの旅行者をターゲットにしたウェブキャンペーンを開始したのです。ウェブサイトでは、旅のヒントや目的地ガイド、航空券やホテルの割引などを提供しています。このキャンペーンは、わずか3カ月で150万ページビューを超え、大成功を収めたのです。

LINE

2020年、LINEは、COVID-19のパンデミック時にシニアが家族や友人とつながりを保つことを目的としたキャンペーンを実施したのです。このキャンペーンでは、アプリの使い方や、自宅で健康で活動的な生活を送るためのヒントなどを紹介する動画が公開されたのです。

まとめ

日本のウェブマーケティングで高齢者にアプローチするのは難しいことですが、役立つ戦略もあります。企業は、コンテンツをアクセスしやすくし、適切なプラットフォームを使用し、関連性の高いコンテンツを作成する必要があります。日本で成功したウェブマーケティングキャンペーンの事例から学び、これらのヒントに従うことで、企業は日本のウェブマーケティングを通じて高齢者の方々と関わりを持つことができるのです。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ