楽天市場で「JANコード」を活用した検索表示対策

JANコードとは

各商品に割り当てられた13桁の番号で構成されています。このコードを販売時に読み取ることで、小売業者は売上を追跡し、在庫を管理することができます。また、JANコードはオンラインマーケットプレイスで、商品の検索や購入に利用することができます。

売上管理や在庫管理に事業者が設定できる「商品アイテムコード」

JANコードに加え、在庫・販売管理のために独自の商品アイテムコードを設定することができます。商品アイテムコードとは、在庫管理、販売管理、商品情報管理などに使用される内部識別子です。商品アイテムコードには、商品カテゴリー、サプライヤー、ブランドなどの情報を含めるなど、事業者のニーズに合わせてカスタマイズすることができます。

JANコードのメリット

商品管理が容易になる

JANコードは、各商品に固有の識別子を付与することで、在庫管理や販売状況の把握が容易になります。販売時にJANコードを読み取ることで、在庫状況を把握し、必要に応じて商品を再注文したり、販売データを分析して意思決定を行うことができます。

商品検索が容易になる

消費者にとってJANコードは、オンラインや店舗での商品検索を容易にします。JANコードを検索エンジンに入力するか、モバイル機器でスキャンすることで、買い物客は商品情報に素早くアクセスし、価格を比較し、情報に基づいた購買決定をすることができます。

セキュリティー強化

JANコードは、不正行為や模倣品の流入を防ぐのにも役立ちます。JANコードの真偽を確認することで、ストアは販売する製品が本物であり、品質基準を満たしていることを確認することができます。

精度の高い販売データの取得

JANコードを使用して売上を追跡することにより、ストアは非常に正確で詳細な売上データを得ることができます。この情報は、トレンドの把握、価格戦略の最適化、在庫管理の意思決定に利用することができます。

楽天市場の「JANコード」での検索対策

商品情報にJANコードを含める

商品の検索性を高めるために、ストアは商品情報にJANコードを記載する必要があります。これにより、お客様はJANコードを直接検索することで、探している商品を簡単に見つけることができます。

キーワードと組み合わせて検索対策する

ストアは、JANコードと組み合わせて関連キーワードを使用し、検索の可視性を向上させる必要があります。この戦略により、正確なJANコードを入力せずに検索した潜在的な顧客が製品を発見する可能性が高まります。

商品画像にJANコードを表示する

商品画像にJANコードを表示することも効果的な戦略の一つです。これは、お客様が探している製品をすぐに特定するのに役立ち、また、将来の購入のための視覚的なリマインダーとしても機能します。

カテゴリー選択にJANコードを活用する

商品カテゴリーを選択する際にも、JANコードを使用する必要があります。これにより、最も関連性の高いカテゴリーに商品が掲載され、特定のカテゴリーで検索しているお客様にとって、より見つけやすくなります。

まとめ

これらのJANコード検索最適化策を実施することで、ストアは楽天市場での商品の発見性を向上させ、最終的に売上・収益の増加を図ることができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 設定・手順 > 【重要情報】Amazonカスタマーレビューの種類と増やす方法|効果的なレビュー戦略を解説

ページトップへ