ソーシャルリスニングとは?そのメリットとデメリットを解説

ソーシャルリスニングとは

概要

ソーシャルリスニングは、消費者行動や業界動向に関する洞察を得たい企業にとって、貴重なツールです。様々なソーシャルメディアプラットフォーム、ブログ、フォーラムなどのオンライン上の会話を監視・分析し、人々がブランド、製品、またはサービスについて何を言っているかを理解することが含まれます。ソーシャルリスニングのプロセスは、さまざまなソーシャルメディアプラットフォームにおけるブランドの言及、キーワード、ハッシュタグを追跡するためのモニタリングツールを設定することから始まります。データを収集したら、消費者の行動、感情、傾向に関する洞察を得るために、データを分析する必要があります。

ソーシャルリスニングを行うメリット

生活者や業界の動向がわかる

ブランドが顧客のニーズや好みをよりよく理解できるようになることです。会話を分析することで、ブランドは、顧客が製品やサービスに対して何を好み、何を嫌っているかについての洞察を得ることができます。この情報は、データ駆動型の意思決定、製品やサービスの改善、顧客満足度の向上に活用できます。

口コミや評判など生の声が聴ける

ブランドがフィルターを通さない生のフィードバックに耳を傾けることができることです。従来の市場調査方法とは異なり、ソーシャルリスニングでは顧客からのフィードバックがリアルタイムで得られます。ブランドはフィードバックや批判を追跡し、それらにタイムリーに対応することで、ポジティブなブランドイメージを構築することができるのです。

ブランドイメージがわかる

ブランドは業界のトレンドを監視し、革新の機会を特定することができます。競合他社が何をしているか、消費者が何を話しているかを追跡することで、ブランドは時代の最先端に立ち、新しい市場動向を見極めることができます。

ソーシャルリスニングのデメリット

情報量が多いため精査がしにくい

ソーシャルメディアプラットフォームから生成されるデータは膨大な量であるため、分析や解釈が困難になる場合があります。データを効果的に処理するために、ブランドは高度なツールやリソースを必要とする場合があります。

ユーザーの属性が判断しにくい

ソーシャルリスニングでは、年齢、性別、場所など、ユーザーの属性に関する正確な情報が必ずしも得られない場合があります。このため、特定の視聴者グループにターゲットを絞ることが難しくなる場合があります。

まとめ

ソーシャルリスニングは、消費者行動と業界動向に関する洞察を得たい企業にとって、貴重なツールです。オンラインでの会話をモニタリングし、分析することで、ブランドはデータに基づいた意思決定を行い、顧客満足度を向上させ、ポジティブなブランドイメージを構築することができます。しかし、消費者行動を包括的に理解するためには、ソーシャルリスニングの限界を理解し、他の調査方法と併用して利用することが不可欠です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/03】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ