SNSでバズった面白いキャンペーン事例・共通の成功ポイント

概要

SNSキャンペーンとは

SNSキャンペーンとは、ソーシャルメディアプラットフォームを活用し、製品やサービスのプロモーションを行うマーケティング施策のことです。このキャンペーンでは、投稿、画像、動画などのコンテンツを作成・共有し、「いいね!」「コメント」「シェア」などのユーザーエンゲージメントを促進することが一般的です。

SNSでキャンペーンを開催するメリット

新たなフォロワーを獲得できる

SNSキャンペーンを実施することで、ブランドやキャンペーンのテーマに関心を持つ新しいフォロワーを獲得することができます。新しいフォロワーは、潜在的な顧客となり、売上と収益の増加につながります。

ユーザーとのエンゲージメントが高まる

SNSキャンペーンは、「いいね!」「コメント」「シェア」など、ユーザーのエンゲージメントを促進します。エンゲージメントは、ブランドの認知度や露出度を高め、ブランドロイヤリティや顧客満足度の向上につながります。

集客力が向上する

SNSキャンペーンは、新製品やサービスの紹介、特別価格や割引のプロモーション、ユーザー生成コンテンツの促進などのプラットフォームを提供することで、ブランドのマーケティングおよびプロモーション活動を強化することができます。

Twitterキャンペーンの成功事例

マクドナルド

2015年、マクドナルドは、同店の新しい終日朝食メニューの普及を目的としたTwitterキャンペーン「#AllDayBreakfast」を実施しました。このキャンペーンでは、フォロワーにハッシュタグを使ってツイートし、友だちへシェアするよう促しました。また、マクドナルドは、より多くの人々にリーチするため、プロモーション・ツイートも使用し、初日だけで334,000件以上のハッシュタグを使ったツイートが獲得され、ブランドの認知度と売上の向上につながったのです。

ユニクロ

2019年、ユニクロは「#UTPlayYourWorld」というTwitterキャンペーンを開始し、世界中のさまざまな場所でユニクロの服を着ている写真や動画をシェアするようユーザーに呼びかけました。また、ユニクロはインフルエンサーや芸能人とのコラボを行いながらキャンペーンを実施しました。このキャンペーンでは、世界中のユーザーから12,000件以上の投稿があり、ユーザーのエンゲージメント向上とユニクロのブランド認知度向上に対して、成功したのです。

Instagramキャンペーンの成功事例

スターバックス

2014年、スターバックスは「#WhiteCupContest」というInstagramキャンペーンを実施し、スターバックスのカップに絵を描き、そのデザインをハッシュタグをつけてInstagramでシェアすることを呼びかけ、優勝したデザインは、スターバックスの限定カップにプリントされることになるというキャンペーン設計でした。このキャンペーンは大成功を収め、わずか3週間で4,000件以上の応募があり、ユーザーのエンゲージメントとスターバックスのブランド認知度を向上させたのです。

資生堂

2018年、資生堂は「#ShareBeauty」というインスタグラムキャンペーンを実施し、資生堂のメーキャップやスキンケア商品を使った友人や家族との写真をシェアすることを促しました。このキャンペーンは、資生堂のブランドメッセージである「美の共有」を促進し、ユーザーが美を通じて他者とつながることを促すことを目的としていました。結果として、世界中のユーザーから1万件以上の投稿があり、ユーザーのエンゲージメント向上と資生堂のブランド認知度向上につながったのです。

Tiktokキャンペーンの成功事例

ケンタッキーフライドチキン

2020年、KFCは同店のフライドチキン秘伝のレシピを広めることを目的としたTikTokキャンペーン「#SecretRecipe」を開始しています。このキャンペーンでは、ユーザーがハッシュタグを使って自分のダンス動画を作成し、シェアすることを促しました。また、キャンペーンを推進するために、人気のTikTokインフルエンサーと提携し、わずか数日で1000万回以上再生され、KFCのブランド認知度と売上を向上させることができ、大成功を収めたのです。

キットカット

2021年、KitKatはTikTokキャンペーン「#KitKatPopChoc」を開始し、KitKatチョコレートが口の中で弾ける動画を自分で作ってシェアするようユーザーに呼びかけました。このキャンペーンでは、著名なTikTokインフルエンサーが作成した人気のTikTokダンスも紹介されたことで、わずか数ヶ月で22億回以上再生される大成功を収め、KitKatのユーザーエンゲージメントとブランド認知度を向上させたのです。

SNSキャンペーンが成功するポイント

景品や対価の獲得ハードルを上げすぎない

キャンペーンに参加するための賞品や報酬を提供する場合、望ましいものにすることと、ハードルを高くしすぎないことのバランスを取ることが重要です。賞品や報酬の入手が難しすぎると、キャンペーンへの参加意欲をそいでしまう可能性があります。一方、賞品や報酬の入手が簡単すぎると、参加者の興味や興奮を十分に引き出せない可能性があります。

参加方法を簡単にする

SNSキャンペーンの参加プロセスは、できるだけシンプルでユーザーフレンドリーであるべきです。プロセスが複雑でわかりにくいほど、参加する人は少なくなります。キャンペーンに参加するための手順が明確でわかりやすく、必要なリソースやツールがあれば提供することで、できるだけ簡単に参加できるようにしましょう。

まとめ

SNSキャンペーンを成功させるためには、綿密な計画と実行が必要ですが、その努力に見合うだけの成果を得ることができます。魅力的なコンテンツの作成、人気のハッシュタグの使用、インフルエンサーとの提携など、SNSキャンペーンを成功させるためには、ターゲットオーディエンスの共感を得ながら、マーケティング目標の達成に貢献できる可能性を高めることができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ