SNSキャンペーンを失敗させないコツと成功事例を合わせて解説

SNSキャンペーンを実施する目的

新規フォロワーの獲得

SNSキャンペーンの主な目的の1つは、企業のSNSアカウントに新しいフォロワーを集めることです。魅力的で適切なコンテンツを作成し、さまざまなチャネルを通じて宣伝することで、企業は潜在顧客の関心を引きつけ、アカウントのフォローを促すことができ、ブランドの支持者となる忠実な顧客のコミュニティを構築するのにも役立ちます。

商品・サービスへの認知拡大

SNSキャンペーンは、視覚に訴えるコンテンツと戦略的なメッセージングによって、企業はフォロワーに興味と好奇心を抱かせることで、商品やサービスの認知度を高めるを目的とした一つの手段です。SNSキャンペーンを通じて、Webサイトのトラフィックや売上が増加し、最終的には顧客ロイヤリティの向上につながります。

UGCの活用

SNSキャンペーンは、企業にとってユーザー生成コンテンツ(UGC)を活用する機会にもなります。ブランドや製品・サービスに関する体験をフォロワーに共有してもらうことで、企業はオーディエンスに信憑性と信頼感を与えることができます。また、UGCは、ターゲット市場の嗜好、痛点、行動に関する貴重な洞察を提供し、将来のマーケティング活動に役立てることができます。

キャンペーンを成功させるコツ

ハッシュタグの活用

ハッシュタグを効果的に使用するのは、SNSキャンペーンを成功させる鍵の一つです。ハッシュタグは、投稿の認知度を高め、より多くのフォロワーを惹きつけることができますので、キャンペーンを実施する前に、ターゲットオーディエンスが検索しそうな、関連性の高い人気のハッシュタグを選ぶことが重要です。また、キャンペーンをより印象的でユニークなものにするために、独自のブランドハッシュタグを作成することもおすすめです。

適宜フォローバック&コメント

キャンペーンを成功させるためのもう一つの重要なヒントは、フォローバックしてフォロワーと関わることです。誰かがあなたをフォローしたら、その人とつながり、感謝の気持ちを伝える絶好のチャンスです。フォロワーのコメントやメッセージに返信したり、フィードバックや意見を求めたりすることで、フォロワーと関わることができ、フォロワーと関係を築くことで、成功の可能性も高めます。

いいね

フォロワーや他の関連アカウントの投稿に「いいね!」やシェアをすることで、知名度を上げ、より多くの人に届けることができます。ただ、「いいね!」や「シェア」は、ご自身のブランドやメッセージに関連したものにし、フォロワーに無関係なコンテンツを送りつけないようにすることを忘れないようにしましょう。

実施する際の注意点・失敗しがちなポイント

ガイドラインなどを必ず守る

キャンペーンを実施する際には、使用するプラットフォームが設定したガイドラインを遵守することが不可欠です。これを守らないと、キャンペーンが中止されたり、ペナルティを受けたり、禁止されたりする可能性があります。キャンペーンを実施する前に、プラットフォームのポリシーやガイドラインをよく理解しておく必要があります。

応募条件が複雑すぎる

企業がキャンペーンを実施する際に陥りがちなのが、応募条件を複雑にしすぎて、ユーザーが参加しづらくなってしまうことです。その結果、参加率が低くなり、キャンペーンが意図した目的を達成できない可能性があります。そのため、応募条件をわかりやすく、参加しやすいものにすることを心がけましょう。

魅力のないクリエイティブを投稿

キャンペーンで使用されるビジュアルは、そのキャンペーンを左右することがあります。使用されるクリエイティブコンテンツが十分に魅力的で魅力的でない場合、ユーザーはそれを見過ごしてしまい、結果としてエンゲージメント率が低くなってしまう可能性があります。したがって、ユーザーの注意を引きつけ、エンゲージメント率を高めるために、視覚的に魅力的で説得力のあるコンテンツの作成に力を入れることが不可欠です。

景品がターゲットにあっていない

キャンペーンの賞品がターゲットにとって魅力的でない場合、十分な関心と参加を得られない可能性があります。そのため、ターゲット層を理解し、彼らが魅力的で価値のあると感じるような賞品を提供することが非常に重要です。そうすることで、参加意欲が高まり、キャンペーンが成功する可能性が高まります。

SNSで成功したキャンペーン事例5選

ユニクロ

ユニクロは、Twitter上で「#ユニクロジャンプ」のハッシュタグをつけた投稿を募集し、応募した人の中から抽選で10名にジャンプを披露してもらい、その動画をツイートするキャンペーンを行いました。可愛らしいジャンプを披露する人たちの動画が話題となり、多くのリツイートを獲得しました。

ポカリスエット

ポカリスエットは、Twitter上で「#ポカリアプリ」というキャンペーンを実施しました。参加者はポカリスエットのアプリをダウンロードし、運動した距離に応じてポイントを獲得。そのポイントを交換できる賞品があったため、多くの人が参加し、アプリダウンロード数も増加しました。

コカ・コーラ

コカ・コーラは、Instagram上で「#いいねで選ぶキャンペーン」を実施しました。投稿された写真の中から、いいね数が多かった上位10名の写真を選び、商品化するという企画でした。多くの人が参加し、コカ・コーラの商品の認知拡大に繋がりました。

日清

日清は、Twitter上で「#日清かるッ」というハッシュタグをつけて、お笑い芸人が登場する動画を投稿するキャンペーンを行いました。多くの人が投稿をリツイートし、話題になりました。

KFC

KFCは、Twitter上で「#ケンタッキーローストチキン祭り」というハッシュタグをつけて、KFCのローストチキンの写真を投稿するキャンペーンを実施しました。投稿に応募者の中から抽選で100名に無料でローストチキンをプレゼントするという企画でした。多くの人が投稿し、話題となりました。

まとめ

SNSキャンペーンを成功させるためのコツとおすすめポイントをまとめると、まずガイドラインの遵守や応募条件の簡潔化などを念頭に置くのが大事です。また、ハッシュタグの活用や適宜フォローバック&コメント、いいねなどSNSの機能を上手く使い、ユーザーとのコミュニケーションを図ることも重要なポイントです。これらの方法を活用して、SNSキャンペーンを成功させましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ