LINE公式アカウントで集客する方法・売上アップに役立つ成功事例を紹介

概要

なぜLINE公式アカウントで集客するのは重要なのか

近年、スマートフォンの普及に伴い、LINEが多くの人々に利用されるようになりました。LINE公式アカウントを持っていると、多くのユーザーにアカウントを友達登録してもらうことができ、ビジネス側からの情報発信やキャンペーン告知が、直接ユーザーのスマートフォンに届くことができます。そのため、ビジネスにおいてもLINEを活用することが増えており、LINE公式アカウントは非常に効果的な集客手段の1つとなっています。

きめ細やかな個別顧客対応を行う

LINE公式アカウントを利用することで、お客様とのコミュニケーションがより身近なものになります。そのため、お客様からの問い合わせや要望に対して、迅速かつ丁寧に対応することが求められます。お客様のニーズをしっかりと把握し、最適な対応を行うことで、信頼関係を築くことができます。

お得感を出す

キャンペーンやクーポンなど、お客様にとってメリットのある情報を提供することで、お客様の興味を引き付け、お客様との関係を深めることができます。

手が回らない場合、LINE公式アカウントに業務を任せる

もし手が回らない場合は、LINE公式アカウントに業務を任せることもできます。自動応答やチャットボットを利用することで、お客様からの問い合わせに対応することができる一方、あくまでも補助的な役割であり、人間の対応が必要な場合もあるため、注意が必要です。

リーチコンテンツでコミュニケーション効果を高める

リーチコンテンツを活用することで、コミュニケーション効果を高めることができます。LINEでしか見られない限定情報や、お得な情報を提供することで、お客様の興味を引き付けることができます。また、トーク画面上でのスタンプや絵文字などを活用することで、より親密なコミュニケーションもとれます。

LINE公式アカウントを運用する際に心掛けるべきポイント

目的とターゲットを明確してからアカウントを開設

LINE公式アカウントを開設する前に、何を目的にアカウントを運用するか、どのようなターゲット層にアプローチするかを明確にすることが必要です。それによって、どのようなコンテンツを発信するか、どのようなアプローチを取るかが決まってきます。

LINE公式アカウントの友だちは量より質

多くの友だち数を獲得することも大切ですが、それ以上に、質の高い友だちを増やすことが求められます。自社のターゲット層に合わせたコンテンツを発信することで、興味を持ってくれるユーザーを増やし、質の高い友だちを獲得することができます。

自社ブランドや商品のみ宣伝する

単に商品やサービスの宣伝をするだけでは、ユーザーの興味を引くことができません。代わりに、自社の価値観や想いを伝えることで、ユーザーの共感を呼び起こし、ブランドイメージを高めることができます。

LINE公式アカウントを活用して成功した事例

ローソン

ローソンは、LINE公式アカウントを活用して、新商品の情報やキャンペーン情報を発信しています。また、ユーザーからの質問や意見にも迅速に対応しており、顧客満足度の向上にも繋がっています。

ロッテ

ロッテは、LINE公式アカウントを通じて、商品のプレゼントキャンペーンを定期的に実施しています。また、LINE限定のクーポンや割引情報を配信することで、ユーザーにお得感を与えています。

JAL

JALは、LINE公式アカウントを通じて、マイルの確認や予約・購入などのサービスを提供しており、ユーザーからの質問に対しても、迅速かつ丁寧に回答することで、顧客満足度を高めています。

ヤマト運送

ヤマト運送は、LINE公式アカウントを通じて、荷物の追跡や配達状況の確認などのサービスを提供しており、配達予定時間の通知機能があることで、ユーザーの利便性向上に貢献しています。

楽天

楽天は、LINE公式アカウントを通じて、ポイント還元キャンペーンや限定セール情報を発信しています。また、ユーザーからの質問や相談にも迅速かつ丁寧に対応することで、顧客満足度を高めています。

まとめ

LINE公式アカウントを運用することで、顧客満足度や販促効果の向上に大きく貢献しており、お得感を出すやリーチコンテンツの活用などのコツを押さえることで、効果的な集客も可能です。今後ますます注目を集めるLINE公式アカウントの活用には、十分な取り組みが必要だと思います。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ