【完全保存版】Googleマイビジネスを驚くくらい簡単にマスターする方法を解説します!

Googleビジネスプロフィールで複数店舗を一括管理できる3つの条件

運営店舗数が10店舗以上ある

運営する店舗数が10店舗以上であることが必要です。10店舗以上ある場合、それらの店舗情報を個別に管理することは非常に手間がかかります。一括管理を行うことで、店舗情報の変更や更新を一度に行うことができます。

独自ドメインのウェブサイトを保有している

独自ドメインのウェブサイトを保有していることも必要です。独自ドメインのウェブサイトを保有している場合、それをGoogleビジネスプロフィールに紐付けることができます。これにより、複数の店舗情報を一括管理することができます。

ウェブサイトと同じドメインのアドレスを保有している

ウェブサイトと同じドメインのアドレスを保有していることも必要です。ウェブサイトと同じドメインのアドレスを保有している場合、Googleビジネスプロフィールの一部として使用することができます。これにより、店舗情報をより効果的に管理することができます。

Googleビジネスプロフィールの複数店舗一括登録のステップ

Googleビジネスプロフィールに登録する

Googleビジネスプロフィールに登録する必要があります。登録方法は、Googleアカウントでログインした後、ビジネス情報を入力するだけです。登録が完了したら、複数の店舗情報を一括登録するための準備を進めます。

Googleビジネスプロフィールでビジネスグループを作成する

Googleビジネスプロフィールでビジネスグループを作成します。ビジネスグループは、複数の店舗情報をまとめて管理するためのもので、一括登録のためには必須です。ビジネスグループを作成するには、Googleビジネスプロフィールの「設定」メニューから「ビジネスグループを管理」をクリックし、指示に従います。

一括登録用テンプレートのダウンロードする

一括登録用テンプレートをダウンロードします。テンプレートは、Googleビジネスプロフィールの「設定」メニューからダウンロードできます。ダウンロードしたら、テンプレートに必要な情報を記入します。例えば、店舗名、住所、電話番号、営業時間、ウェブサイトのURLなどを記入します。

一括登録用テンプレートに記入する

テンプレートに記入した情報を一括登録します。Googleビジネスプロフィールの「設定」メニューから「ビジネスグループを管理」をクリックし、「ビジネスグループに店舗を追加する」を選択します。そこで、先にダウンロードしたテンプレートを選択し、アップロードします。すると、複数の店舗情報が一括登録されます。

複数のGoogleビジネスプロフィールを効率的に管理する方法

店舗コードを用いて管理する

複数の店舗情報を一元管理するために、店舗コードを用いる方法があります。店舗コードを使用すると、特定の店舗情報に簡単にアクセスできるため、迅速な対応が可能になります。

「ユーザー」を追加して分担する

分業を行う場合には、「ユーザー」を追加することが有効です。店舗のオーナー以外にも、担当者を追加することができます。それぞれのユーザーには、管理権限を与えることができ、店舗情報の更新やレビューの返信などを分担することができます。

複数店舗を管理する上での注意点

オーナー確認まで済んでいても完全管理はできない

ーナー確認が済んでいても、完全な管理ができないことがあります。Googleビジネスプロフィールには、オーナー以外のユーザーがプロフィールを削除したり、重要な情報を変更したりできる可能性があるためです。

店舗に管理させる場合、運用にバラつきが出る場合がある

店舗ごとに運用方法が異なる場合があります。店舗に管理を任せることで、バラつきが出る可能性があります。そのため、一定のルールを定め、全店舗で同様の運用方法を行うことが望ましいです。

まとめ

Googleビジネスプロフィールを活用することで、複数の店舗を管理することができます。まず、10店舗以上の運営と独自ドメインのウェブサイト、同じドメインのアドレスを保有することが条件となります。複数の店舗情報を一元管理するためには、店舗コードや「ユーザー」を追加する方法があります。店舗コードを用いることで、特定の店舗情報に簡単にアクセスし、迅速な対応が可能になります。また、「ユーザー」を追加することで、店舗情報の更新やレビューの返信を分担することができます。しかし、複数の店舗を管理する際には、注意点もあります。オーナー確認が済んでいても、完全な管理ができないことや、店舗ごとに運用方法が異なることがあるため、一定のルールを定め、全店舗で同様の運用方法を行うことが望ましいです。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ