ローカルSEOとは?メリットやポイントについて解説

ローカルSEOとは

ローカルSEOとは、地域を対象としたSEOのことです。つまり、特定の地域において、検索エンジンの検索結果で上位に表示されることを目的としたSEOのことを指します。ローカルビジネスにとっては非常に重要な要素であり、地域の顧客を獲得するためには欠かせないマーケティング手法です。

SEOとの違い

SEOとローカルSEOの最も大きな違いは、対象とする地域の範囲です。SEOは、広い地域を対象として、検索エンジンの上位表示を目指します。一方、ローカルSEOは、特定の地域を対象として、その地域での上位表示を目指します。また、ローカルSEOでは、地域性の情報を最適化することが重要です。例えば、ローカルビジネスの場合、住所や営業時間、地図などの情報を適切に設定することが必要です。

MEOとの違い

MEO(モバイルSEO)とローカルSEOの違いは、対象とするデバイスの種類です。MEOは、主にモバイルデバイスを対象として最適化することを目的としています。一方、ローカルSEOは、地域を対象として最適化することを目的としています。ただし、ローカルSEOにおいては、モバイルデバイスからのアクセスが多いことが多いため、MEOの技術を取り入れることが重要です。例えば、レスポンシブデザインやページ速度の最適化などが挙げられます。

ローカルSEOのメリット

無料で実施できる

ローカルSEOは、Google My Businessの登録や地域情報の最適化など、無料で実施できる方法が多くあります。また、地元の方からの口コミや評価を集めることも、無料で実施できるマーケティング手法の一つです。

競合が少ない

ローカルビジネスの場合、競合が少ないことが多いため、ローカルSEOで上位表示することが比較的容易です。例えば、地域特化型のサービスや店舗など、競合が少ないビジネスは、ローカルSEOを活用することで、効果的な集客が可能です。

集客に直結しやすい

ローカルSEOは、特定の地域での上位表示を目指すため、地域の顧客に直接アプローチすることができます。特に、スマートフォンなどのモバイルデバイスからの検索が増えている現在、近隣のお店を探しているユーザーにとって、地域での上位表示は非常に重要です。そのため、ローカルSEOを活用することで、集客に直結しやすいメリットがあります。

基本的なローカルSEOの対策

検索キーワードとローカル情報の関連性を高める

ローカルSEOにおいては、オンラインとオフラインにおける大衆の認知度も重要です。例えば、SNSや口コミサイトなどでの評価が高い場合、検索エンジンからの評価も高くなります。そのため、オンライン上での情報発信や、店舗の外観や看板などにも気を配ることが重要です。また、地元のイベントやコミュニティーに積極的に参加することで、地域の顧客からの支持を集めることができます。検索エンジンは、ユーザーが検索したキーワードと、サイトのコンテンツの関連性を見てランキングを決定します。ローカルSEOでは、特定の地域での検索を想定して、地域情報をコンテンツに盛り込むことが重要です。例えば、地名や地域特有の言葉を使うことで、検索エンジンからの評価を高めることができます。

検索キーワードで指定した場所から店舗までの距離

ローカルSEOでは、検索キーワードで指定した場所から店舗までの距離も重要な要素となります。例えば、検索結果において、ユーザーの現在地から近い順に表示されるため、店舗が実際にある場所と検索キーワードで指定した場所との距離を縮めることが必要です。そのためには、Google My Businessの登録や地図アプリへの登録などが必要になります。

オンラインとオフラインにおける大衆の認知度

ローカルSEOにおいては、オンラインとオフラインにおける大衆の認知度も重要です。例えば、SNSや口コミサイトなどでの評価が高い場合、検索エンジンからの評価も高くなります。そのため、オンライン上での情報発信や、店舗の外観や看板などにも気を配ることが重要です。また、地元のイベントやコミュニティーに積極的に参加することで、地域の顧客からの支持を集めることができます。

ローカルSEO対策での注意点

企業名や店舗名にキーワードを盛り込む

企業名や店舗名にキーワードを盛り込むことが重要です。これによって、検索エンジンにおいて特定のキーワードで検索された際に、企業名や店舗名が上位に表示されるようになります。

定期的な情報の更新

定期的な情報の更新も大切です。ブログやSNSなどで、新商品の紹介やイベント情報などを発信することで、検索エンジンに頻繁に更新された情報として認識され、上位表示されやすくなります。

口コミや画像を第三者に依頼して報酬を支払う行為

口コミや画像を第三者に依頼して報酬を支払う行為は避けるべきです。これは、検索エンジンにとって不自然な手法とみなされ、逆に検索順位を下げる可能性があるためです。

不適切なコンテンツの記載

不適切なコンテンツの記載も避けなければなりません。虚偽の情報や違法な表現、著作権侵害などは、検索エンジンの規約に反するため、ペナルティを受ける可能性があります。

まとめ

ローカルSEOとは、特定の地域において、企業や店舗などのWebサイトを最適化し、検索エンジンで上位表示するための対策のことです。ローカルSEOのポイントとしては、地域性を重視したキーワードの選定や、地図検索の最適化、口コミやレビューの管理が重要です。また、常に最新情報を提供し、ユーザーに価値のある情報を提供することが大切です。以上が、ローカルSEOについての解説です。地域に特化した対策を行うことで、効果的な集客が期待できます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ