WBS(WorkBreakdownStructure)とは?作り方とメリットを解説

WBSとは

概要

WBS(WorkBreakdownStructure)は、プロジェクトをより小さく、より管理しやすい構成要素に分割するために用いられるプロジェクト管理手法です。WBSの目的は、プロジェクトを成功させるために必要なすべての作業の明確で組織的な概要を提供することです。

WBSの作り方

成果物から逆算し必要作業を洗い出す

最終目標を念頭に置き、逆算して必要なタスクをすべて洗い出します。これは、プロジェクトのすべての側面が説明されるまで、プロジェクトをより小さな構成要素に分解することを意味します。

作業の粒度・順序を整理

このステップでは、各タスクの適切な詳細レベルを決定し、依存関係や関係性に基づいて論理的な順序でタスクを配置します。

作業の構造化と期日の設定

タスクを構造化し、それぞれのタスクに期限を設定します。このステップでは、タスクと成果物の関係を表す階層的なツリー構造を作成し、各タスクに現実的な納期を設定します。

WBSのメリット

メンバーが自分の作業を把握しやすい

WBSは、プロジェクトチームのメンバーが、各自の責任と完了すべきタスクを理解するのに役立ちます。目的を明確にすることで、チームメンバーは自分の仕事に集中でき、効率と生産性の向上につながります。また、WBSは自分の仕事がプロジェクトのより広い文脈の中でどのように位置づけられるかをチームメンバーに理解させ、プロジェクト全体に対する理解を深めるのに役立ちます。

タスクの抜け漏れが起きにくくなる

WBSは、プロジェクトをより小さく、管理しやすい構成要素に分解することで、プロジェクトマネージャがプロジェクト完了に必要なすべてのタスクを特定し、説明できるようにします。これにより、プロジェクトに遅れをもたらし、全体の成功に影響を与える可能性のある、タスクの見落としのリスクを減らすことができます。

まとめ

WBSはプロジェクトマネジメントにおける貴重なツールであり、プロジェクトマネジメントの改善、効率の向上、リソース配分の改善、プロジェクト失敗のリスク軽減、コミュニケーションの改善など、いくつかのメリットを企業にもたらすことができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ