キッティングとは?方法別のメリット・デメリットを解説

キッティングとは

キッティングとはPCなどのデバイスを業務で使える状態に設定すること

キッティングとは、業務で使用するPCやデバイスをセットアップする作業のことです。この作業によって、多数のPCを同時に設定できます。

キッティングの作業方法:クローニング

メリット

一度に大量のPCのセットアップができる

クローニングでは、1つのマスターイメージを作成し、それを複数のPCに適用することで同時に設定を行うことができます。そのため、大量のPCのセットアップ作業を迅速かつ効率的に行うことができます。

万が一の場合にバックアップがある

クローニングを用いる場合、マスターイメージをバックアップとして残すことができます。もしも何らかのトラブルが発生した場合でも、バックアップを使って復旧できます。

PCの品質を均一にできる

同じマスターイメージを用いて、複数のPCに同じ設定を適用するため、PCの品質を均一にすることができます。個別に設定する手作業に比べ、品質にばらつきがなくなるため、管理がしやすくなります。

デメリット

専門知識が必要になる

クローニングを行うには、専門的な知識が必要です。マスターイメージの作成やPCへの適用方法、検証方法などについて理解している必要があります。

マスターイメージの作成と検証に時間がかかる

クローニングを行うには、マスターイメージを作成する必要があります。また、マスターイメージが正しく作成されているかを検証する必要もあります。そのため、作業には時間がかかることがあります。

異なる機種の場合個別設定が必要になる

クローニングは、同じ機種のPCに適用することが前提となっています。異なる機種の場合は、個別に設定を行う必要があります。そのため、管理が複雑になることがあります。

キッティングの作業方法:手作業

メリット

事前準備不要ですぐに作業できる

手作業は、クローニングに比べて専門知識が必要ないため、初心者でも行いやすい作業方法です。また、事前準備が不要で、すぐに作業を開始できるため、緊急時などにも対応しやすいというメリットがあります。

デメリット

人的な作業ミスが起こりやすい

手作業は人的な作業ミスが起こりやすく、設定ミスや入力ミスが生じる可能性があります。そのため、手作業によるキッティングは、時間と手間がかかるだけでなく、十分な注意力が必要です。

キッティングのポイント 

インストールするアプリケーションの選定

キッティングを行う際には、インストールするアプリケーションを選定する必要があります。ここで選定するアプリケーションは、そのパソコンを利用するユーザーが実際に必要とするものを選ぶことが重要です。また、インストールするアプリケーションに応じて、必要なドライバーやライブラリなども選定する必要があります。

インストール手順の作成

アプリケーションやドライバーのインストール手順をまとめたスクリプトを作成する必要があります。スクリプトを作成することで、一度の実行で自動的に複数のアプリケーションやドライバーをインストールできます。また、スクリプトには、インストールするアプリケーションのバージョン情報やライセンスキーなどの情報を含めることができます。

テストと検証

キッティングにはテストと検証を行うことが重要です。テストを行うことで、アプリケーションやドライバーが正常に動作することを確認できます。また、検証を行うことで、キッティングに不要なアプリケーションやドライバーが含まれていないかを確認できます。

まとめ

パソコン分野におけるキッティングにおいては、アプリケーションの選定やインストール手順の作成、テストと検証、ドキュメント作成などが重要なポイントとなります。クローニング、手作業のどちらの方法を採用するにしても、環境構築の効率化や作業効率の向上を目指す上で、適切な手段として検討することが大切です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ