インフォグラフィックの種類と作成のポイントとコツを解説!情報伝達を効果的に行う方法

インフォグラフィックスとは

概要

インフォグラフィックスとは視覚的に情報を表現する手法の一つであり、グラフィックデザイン、データ可視化、情報デザインなどの分野で用いられます。インフォグラフィックスは膨大なデータを分かりやすく整理し、情報をより効果的に伝えることができます。他にも分析ツールを以下の記事で紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

インフォグラフィックスの種類について

ダイヤグラム

ダイアグラムとは情報やデータを可視化する手法の一つで、複雑な関係や構造を表現できます。代表的なものにフローチャート、ツリーダイアグラム、Vennダイアグラム、Ganttチャートなどがあります。ビジネスやIT分野では、システムのフロー図やプロジェクト管理などに使用されます。

ピクトグラム

ピクトグラムとは図形やアイコンを使って情報を表現する手法の一つで、多言語化や視覚障がい者への配慮などに利用されます。人、動物、物体などをシンプルに描いたものや、数字やアルファベットを視覚的に表現したものがあります。交通標識やマニュアルなど、様々な場面で利用されます。

チャート

チャートとは数値データを視覚的に表現する手法の一つで、グラフ、マップ、表などがあります。代表的なものには、棒グラフ、線グラフ、円グラフ、散布図、地図などがあります。ビジネスやマーケティング、報道など、さまざまな分野で利用されます。

インフォグラフィックス作成のコツ

カラーを少なめにする

インフォグラフィックスに多くの色を使用すると、見づらいだけでなく、見る人が最も重要な情報に集中することが難しくなる場合があります。2〜4色の限られたカラーパレットを使用しデザイン全体を引き立たせるのがベストです。配色をシンプルにすることで、見る人の注意を最も重要な情報に誘導し、まとまりのある視覚的に楽しいデザインに仕上げることができます。

何をフォーカスさせるか

インフォグラフィックスをデザインする際には、伝えたい重要なメッセージを明確にし、それに焦点を当てたデザインをすることが重要です。つまり、どの情報が最も重要かを決め、テキスト、アイコン、イラストなどの視覚的要素を用いてその情報を強調しサポートすることです。明確なメッセージに焦点を当てることで、インフォグラフィックスが分かりやすく、見る人の記憶に残るようになります。

まとめ

インフォグラフィックスとは情報やデータを視覚的に表現する手法の一つであり、ダイアグラム、ピクトグラム、チャートなどが代表的な種類です。明確なメッセージに焦点を当てることが大切で、視覚的要素を使って情報を強調し、分かりやすく伝えることが求められます。

よくある質問

Q1: インフォグラフィックの種類は何がありますか?効果的な情報伝達の方法は?

A1:インフォグラフィックの種類には、データをグラフやチャートで視覚化したものやプロセスを図解化したものなどがあります。効果的な情報伝達の方法は、シンプルなデザイン、鮮やかな色使い、分かりやすいアイコンやイラストを使用することです。

Q2: インフォグラフィックの作成におけるSEOのポイントは何ですか?

A2:インフォグラフィックの作成におけるSEOのポイントは、適切なキーワードの使用があります。タイトルやキャプション、Altタグなどに、適切なキーワードを使用することで、検索エンジンでの表示や検索結果での上位表示を狙うことができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ