ネットショップ開業の流れとメリットを解説

ネットショップとは

概要

ネットショップとはオンラインストアやeコマースサイト(EC)とも呼ばれ、企業がインターネット上で製品やサービスを顧客に販売するためのデジタルプラットフォームです。ネットショップは、インターネット利用者の増加や利便性から、近年ますます人気が高まっています。

ネットショップ開業の流れ

商品・コンセプトの決定

まずは販売したい商品やサービスについて明確にしておくことが大切です。そうすることで、ターゲットを絞ったマーケティング戦略を立てることができ、ネットショップで競合他社に差をつけることができます。

ネットショップでの販売可否の確認

販売したい商品やサービスが、ネットショップでの販売を許可されているかどうかを確認することが大切です。処方薬など、ネット販売が許可されていない商品もあるので、ネットショップでの販売が可能かどうか調査と確認を行います。

仕入れ先・方法の決定

販売する商品が決まったら、次は商品の仕入れ先を決める必要があります。信頼できる仕入先を調査・選択し、輸入やドロップシッピングなどの仕入方法を決めます。

出店方法の決定

ネットショップを作るためのプラットフォームは、ShopifyやWooCommerceなど、さまざまなものがあります。ニーズに合った、自社と顧客の双方に使い勝手の良いプラットフォームを調査・選定します。

ネットショップのメリット

リーチの拡大

ネットショップの最も大きなメリットは、世界中の顧客にリーチできることです。ネットショップを利用することで、顧客基盤を物理的な場所にとどまらず、他の方法では到達できないような顧客層をターゲットに拡大することができます。その結果、収益を上げ、ブランドを成長させることができます。

利便性の向上

ネットショップは、インターネットに接続できる場所であれば、自宅でもどこでも商品を閲覧・購入することができます。場所や時間に制限されずに購入できるため実店舗と比較して購入の利便性が高いです。

モール型ECサイトプラットフォーム一覧

Amazon

Amazonは、世界最大級のモール型ECサイトです。書籍、電子機器、衣料品など、幅広い商品を取り扱っています。Amazonは、ベンダーが独自のストアフロントを設置し、顧客に直接製品を販売することができ、またフルフィルメントサービス、カスタマーサービス、その他のツールを提供し、ベンダーのビジネスの成長を支援します。

楽天市場

楽天市場は、日本で人気の高いモール型ECサイトです。ファッション、ビューティ、エレクトロニクスなど、さまざまなカテゴリーの製品を販売することができます。また、楽天はベンダーに対して、物流やマーケティングのサポートなど、さまざまなサービスを提供しています。

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングは、日本と米国で展開するモール型Eコマースサイトです。電子機器、ファッション、家庭用品など幅広いジャンルの商品を販売することができます。また、Yahoo!ショッピングでは、出店者がより多くの顧客にアプローチするためのマーケティングツールや広告ツールを利用できます。

まとめ

ネットショップとはオンラインストアやeコマースサイト(EC)とも呼ばれ、企業がインターネット上で製品やサービスを顧客に販売するためのデジタルプラットフォームです。出店形式として自社サイトの立ち上げとモール型の二つにわかれますが、それぞれのメリットを理解し、自社に適した形式での出店をおすすめします。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ