集客力UP!DM(ダイレクトメール)デザインの構成要素と作成のコツ

ダイレクトメールとは

ダイレクトメールとは、ハガキや手紙、パンフレットなどの物理的な郵便物を、ターゲットとする相手に直接送るマーケティング手法の一つです。ダイレクトメールを成功させるためには、視覚的な魅力と、意図したメッセージを効果的に伝えるための優れたデザインが重要です。この記事では、ダイレクトメールのデザインに含まれるべき主要な要素を紹介します。

DMの構成要素

キャッチコピー

受信者の注意を即座に引き、さらに読み進めるよう促すためにキャッチコピーは短く、印象的で、受信者の興味に関連するものにしましょう。有名なキャッチコピーと売れないキャッチコピーの特徴を書いている記事もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

挨拶分

可能であれば、相手の名前を呼び、メッセージの残りの部分に親しみを込めた挨拶文にすると良いです。そうすることで、受信者とのつながりができ、メッセージもよりパーソナルなものになります。

商品・サービス説明

提供する商品またはサービスを明確で簡潔に説明することが重要です。主な特徴や利点が含まれ、理解しやすい平易な言葉で記載することがポイントです。

特典

DM限定の特典をつけることで、受信者の読了率を向上させる可能性があります。

お客様の声

他の人がその商品やサービスからどのような恩恵を受けたかなどの実際の事例を紹介することで信頼と信用を築くのに役立ち、商品やサービスの有効性を証明できます。

レスポンスデバイス

クーポン、返信用カード、電話番号など、受け取った人が反応するように促す明確なレスポンスデバイスを記載しましょう。目立つように表示され、わかりやすいものであることが望ましいです。

成果が出るDMデザインの特徴

アイキャッチを配置する

人目を引くグラフィックを使用すると良いです。デザイン性の高いグラフィックやイラストは、ダイレクトメールを目立たせ、注目させるのに役立ちます。提供する商品やサービスに関連し、デザインの他の部分を補完するようなグラフィックを選びましょう。

訴求ポイントが目立つ

商品やサービスの最も重要な利点を目立つように訴求しましょう。これにより、価値提案を強調し、反応が得られる可能性を高めることができます。

目線の流れに考慮したデザインにする

読み手がどのような順番で見るかを考え、それに従ってデザインを構成し自然な流れで読みやすいようにデザインしましょう。

適切な色やフォントを使用する

提供する商品やサービスに合った、読みやすい色やフォントを使用しましょう。色やフォントが多すぎると、かえって見づらいデザインになってしまうので避けるようにしましょう。

まとめ

優れたデザインのダイレクトメールは、視覚的に魅力的で、読みやすく、意図したメッセージを効果的に伝えるものであるべきです。これらの重要な要素をすべて含み、これらのヒントに従うことで、マーケティングの目標達成に役立つダイレクトメールのデザインを作成することができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ