流行のマーケティング手法、インフルエンサー・マーケティングについて成功事例も含めて説明します

概要

近年インフルエンサーマーケティングは、より多くの人々にリーチしようとするブランドにとって、最も人気のあるデジタルマーケティング戦略の1つになっています。この言葉に馴染みがなくても、InstagramやYouTubeなどのソーシャルメディアプラットフォームで、インフルエンサーマーケティングが実際に行われているのを目にしたことがあるかと思います。今回は、インフルエンサーマーケティングとは何か、なぜこれほどまでに普及したのか、そしてその効果を示すいくつかの成功事例について詳しく見ていきます。

インフルエンサー・マーケティングとは

インフルエンサーマーケティングとは、ソーシャルメディア上で多くのフォロワーを持つ個人と提携し、ブランドの製品やサービスのプロモーションを行うことです。インフルエンサーと呼ばれるこれらの人物は、通常、特定のニッチの専門家であり、その専門知識と魅力的なコンテンツに基づいて忠実な支持者を築いています。ブランドは、インフルエンサーと提携することで、彼らのオーディエンスを取り込み、製品やサービスの露出を増やすことができます。

なぜインフルエンサー・マーケティングが普及したか

ソーシャルメディアの台頭により、個人がオンラインで多くのファンを獲得することは、かつてないほど容易となったのです。インフルエンサーは、このトレンドに乗じて、自らの専門知識を共有し、同じ志を持つ人々とつながるために、そのプラットフォームを活用しています。その結果、インフルエンサーは、特定のオーディエンスにリーチしようとするブランドにとって、魅力的なマーケティングチャネルとなったのです。

インフルエンサー・マーケティングのメリット

高度にターゲット化されたオーディエンスにリーチできる

インフルエンサーは、すでにフォロワーとの間に信頼と信用を確立しており、彼らはインフルエンサーと同じニッチや業界に関心を持っていることが多いです。つまり、信頼できるインフルエンサーが発信するブランドメッセージは、オーディエンスに受け入れられやすいのです。

高品質のコンテンツを生成できる可能性がある

インフルエンサーは熟練したコンテンツクリエイターであることが多く、彼らの投稿をブランドの大規模なマーケティング戦略の一部として活用することができます。インフルエンサーのコンテンツを活用することで、ブランドはより信頼性の高い、魅力的なマーケティングキャンペーンを展開することができます。

インフルエンサー・マーケティングの成功事例

ヒカキンさんとサントリーのC.C.レモン

ヒカキンさんは、登録者数1000万人を超える日本のYouTuberです。ビートボックスやゲーム動画で知られています。2019年、彼は飲料会社のサントリーとコラボして、C.C.レモンのドリンクを宣伝したのです。ヒカキンは、C.C.レモンをテーマにしたゲームをプレイする動画を作成し、その内容にドリンクを盛り込むのです。この動画は彼のYouTubeチャンネルでシェアされ、わずか2週間で440万回以上再生され、瞬く間にバイラルとなったのです。このコラボレーションは、サントリーが若い視聴者にリーチし、ブランドの認知度を高めることに貢献しました。

渡辺直美さんと日本コカ・コーラ

渡辺直美さんは、Twitterで400万人以上のフォロワーを持つ、日本の人気お笑い芸人・タレントです。2020年、彼女は日本コカ・コーラと提携し、新商品「コカ・コーラ クリア」のプロモーションを行ったのです。渡辺は、自分と夫がこのドリンクを試飲し、感想を述べる一連のツイートを作成をしたのです。また、フォロワーにも試飲してもらい、感想をシェアしてもらうよう呼びかけたのです。このキャンペーンは2万件以上のリツイートを記録し、日本コカ・コーラの新商品が話題になるきっかけとなりました。

トリンドル玲奈さんとGUジャパン

トリンドル玲奈さんは、インスタグラムのフォロワー数が200万人を超える、日本・オーストリア出身のモデル・女優です。2020年、彼女はファッション通販のGUジャパンとコラボレーションし、サマーコレクションのプロモーションを行ったのです。トリンドルは、同ブランドの服を着て、日本各地のさまざまな場所でポーズをとる一連の投稿を作成したのです。また、撮影の裏話も紹介したようです。このキャンペーンにより、GUジャパンのInstagramのフォロワー数とエンゲージメント率が大幅に増加しました。

ハナタムさんと日本マクドナルド

ハナ・タムさんは、100万人以上のフォロワーを持つ、日本で人気のTikTokクリエイターです。2021年、彼女は日本マクドナルドと提携し、期間限定メニューの”マカロニグラタンコロッケバーガー”をPRしたのです。彼女は、このバーガーを食べて感想をフォロワーに伝えるTikTok動画を作成したのです。この動画は瞬く間に拡散され、再生回数は200万回を超え、27万件の「いいね!」を獲得したのです。このキャンペーンにより、日本マクドナルドは若年層へのリーチと新メニューの話題性を獲得しました。

まとめ

インフルエンサーマーケティングは、特定のオーディエンスにリーチしようとするブランドにとって、人気かつ効果的な戦略となっています。インフルエンサーと提携することで、ブランドは彼らのオーディエンスを活用し、彼らの信頼性と専門知識から利益を得ることができます。ソーシャルメディアの普及が進む中、インフルエンサーマーケティングは今後も価値あるマーケティングチャネルであり続けると思われます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/03/21】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ