ECサイト内検索のSEO対策と自己診断の方法!集客を最大化するためのポイント

サイト内検索の重要性

検索エンジンで上位表示させてもユーザーが目当てとしている商品が表示されないケースがある

ウェブサイトを運営する場合、検索エンジンでの上位表示は重要な課題です。しかし、検索エンジンで上位表示されたとしても、ユーザーが求めている情報が表示されない場合があります。たとえば、ECサイトであれば、検索エンジンで「Tシャツ」と検索しても、該当する商品が多すぎてユーザーが探している商品が表示されないことがあります。そのため、サイト内検索機能を提供することで、ユーザーが探している商品を簡単に見つけられるようにすることが大切です。

ECサイトのサイト内検索は特定エリアのテキストデータのみを検索対象としていることが多く商品名を検索しても表示されない場合がある

ECサイトの場合、サイト内検索機能は、特定のエリアのテキストデータのみを検索対象としていることがあります。そのため、商品名を検索しても表示されない場合があります。このような場合には、サイト内検索機能の改善が必要です。たとえば、全ての商品情報を検索対象とすることで、ユーザーが探している商品を簡単に見つけられるようになります。

サイト内検索で自己診断を行うためのステップ

過去の主な流入キーワードでサイト内検索を行い、関連する商品がきちんと検索できるかチェック

まずは、過去にアクセスがあった主なキーワードでサイト内検索を行い、関連する商品が正しく表示されるかを確認します。このステップでは、ユーザーの視点で商品を検索して、問題がないかを確認することが重要です。

ページのどの部分のキーワードを拾っているかチェック

次に、サイト内検索がどのページのどの部分のキーワードを拾っているかをチェックします。キーワードの拾い方に問題がある場合、ユーザーが探している情報を見つけることができない可能性があります。

KWが検索表示されるようになったら、Googleアナリティクスなどの解析ツールに結果が反映されているかチェック

サイト内検索が機能している場合、検索されたキーワードがGoogleアナリティクスなどの解析ツールに反映されているはずです。このステップでは、ツールに反映された結果を確認して、問題がないかをチェックします。

解析ツールに反映されていない場合、サイト内検索の設定が有効になっているかチェック

解析ツールに結果が反映されていない場合、サイト内検索の設定が有効になっているかをチェックします。設定が無効になっている場合、有効に設定し直す必要があります。

解析ツール未対応のサイト内検索を使用していた場合は、外部ASPのサイト内検索導入を検討

外部ASPのサイト内検索導入を検討することが重要です。なぜなら、解析ツールによる検索キーワードの解析を行うことで、サイト内検索の改善に役立つ情報を得ることができるためです。例えば、どのようなキーワードで検索されることが多いか、検索結果が表示されなかった場合は何が原因であるか、どのページから検索されることが多いかなどの情報を得ることができます。

表記ゆれの対応チェック

サイト内検索には表記ゆれの問題もあります。例えば、商品名が「スマホケース」と表記されている場合に、「スマートフォンケース」と検索された場合に検索結果が表示されないといった問題があります。このような場合には、表記ゆれの対応チェックを行うことが重要です。具体的には、商品名の表記揺れやスペルミス、カタカナ表記や漢字表記の統一など、検索条件に合わせて表記を統一することが必要です。

他にもGoogle SEO対策の基礎を初心者向けにわかりやすく解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

まとめ

ECサイトを運営する上で、サイト内検索の重要性が増しています。検索エンジンで上位表示しても、ユーザーが目当てとしている商品が表示されないことがあるため、サイト内検索は必要不可欠です。しかし、特定エリアのテキストデータのみを検索対象としていることが多く、商品名を検索しても表示されない場合があります。そのため、自己診断を行い、改善点を見つける必要があります。ECサイトの運営者は、定期的な自己診断を行い、サイト内検索の改善に取り組むことが重要です。

よくある質問

Q1. ECサイト内検索のSEO対策とは何ですか?

A1. ECサイト内検索のSEO対策とは、ECサイト内での商品検索において、ユーザーが求める情報を正確かつスピーディに提供するための対策です。具体的には、キーワードの選定や検索窓の設置位置の最適化、検索結果ページの改善などが挙げられます。

Q2. ECサイト内検索の自己診断にはどのようなポイントがありますか?

A2. ECサイト内検索の自己診断には、以下のポイントがあります。

  • 検索窓の見やすさ、使いやすさの評価
  • 検索窓に入力されたキーワードに対する検索結果の精度の評価
  • 検索結果ページのデザインやレイアウトの評価
  • 検索ログの分析による改善点の発見

Q3. ECサイト内検索のSEO対策で集客を最大化するためには、どのようなポイントに注意する必要がありますか?

A3. ECサイト内検索のSEO対策で集客を最大化するためには、以下のポイントに注意する必要があります。

  • 人気商品やキーワードを優先的に表示する
  • 検索窓に対してオートコンプリート機能を設ける
  • 検索結果ページに関連商品を表示する
  • 検索ログを分析して、ユーザーが求める情報に沿った検索窓の設置やキーワードの選定を行う
CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ