楽天ストア運営者必見!カート落ち対策に役立つ「楽天ソーシャルブックマーク」の活用法

カート落ち問題とは?

オンラインストア運営において、カート落ちとは購入手続き中に顧客が最終的な決済手続きを行わず、購入を中止することを指します。楽天市場でもカート落ちは大きな問題となっており、購入意欲が高い顧客でもカート落ちしてしまうケースが多々見受けられます。

カート落ちの原因と課題

カート落ちの原因には、利用環境や画面デザインの使いにくさ、支払方法の種類や手数料、送料、商品情報の不足などが挙げられます。また、決済処理エラーやシステム上の問題によってカート落ちが起こる場合もあります。カート落ちは、顧客の購買意欲の低下やイメージ悪化につながるため、楽天市場ストア運営者にとって大きな課題です。

カート落ちの影響と対策の必要性

カート落ちは、楽天市場ストア運営者にとって大きな影響を与えます。カート落ちが増加すると、販売数や転換率が低下し、売上にも大きな影響を与えます。そのため、カート落ち対策は重要な課題となっています。具体的な対策としては、画面デザインの見直し、支払い方法の充実、商品情報の充実、送料や手数料の明示、決済システムの改善などが挙げられます。

楽天ソーシャルブックマークの役割と効果

楽天ソーシャルブックマークとは、楽天市場内での商品のブックマーク(お気に入り登録)機能を活用して、顧客が自身のアカウント上で商品を共有することで、商品の共有や拡散を促進する仕組みです。楽天ソーシャルブックマークの主な役割は、商品の共有や拡散によって、ストア運営者の商品認知度の向上や、販売促進につながることです。

楽天ソーシャルブックマークとは?

楽天ソーシャルブックマークとは、楽天市場内で商品をブックマークすることで、ユーザー同士が商品を共有する機能です。ユーザーが商品をブックマークすることで、その商品が自分の友達やフォロワーにも紹介され、口コミ効果を生み出すことができます。

楽天ソーシャルブックマークの特徴とメリット

楽天ソーシャルブックマークの特徴として、商品を紹介するための口コミ効果が大きいことが挙げられます。ユーザーが商品をブックマークすることで、その商品に興味を持ったユーザーが商品ページにアクセスし、さらに購入につながる可能性があります。また、楽天市場内でのブックマーク数が多い商品はランキング上位に表示され、より多くのユーザーにアクセスされやすくなります。さらに、楽天ソーシャルブックマークは無料で利用することができるため、費用対効果が高いというメリットもあります。

楽天ソーシャルブックマークがカート落ち対策に有効な理由

楽天ソーシャルブックマークは、ユーザー同士が商品を共有することで、口コミ効果を生み出す機能があります。そのため、商品ページにアクセスしたユーザーが、自分の友達やフォロワーに商品を紹介することで、購入につながる可能性が高くなります。また、楽天市場内でのブックマーク数が多い商品はランキング上位に表示され、より多くのユーザーにアクセスされやすくなるため、カート落ち率の低下につながることが期待されます。さらに、楽天ソーシャルブックマークは無料で利用できるため、費用対効果の高いカート落ち対策として活用できます。

楽天ソーシャルブックマークの活用方法

オンラインショップにおけるカート落ちは、顧客の買い物意欲が高まっている時に発生することが多く、顧客の離脱率を減らすためには、アクションを起こす必要があります。そこで、楽天ソーシャルブックマークを活用することで、カート落ち対策に取り組むことができます。以下では、楽天ソーシャルブックマークの具体的な活用方法について解説します。

商品ページへの楽天ソーシャルブックマークボタンの設置方法

楽天ソーシャルブックマークを活用するためには、商品ページに楽天ソーシャルブックマークボタンを設置する必要があります。楽天市場の出店管理システムにログインし、商品ページに楽天ソーシャルブックマークボタンのHTMLコードを挿入することで、簡単に設置することができます。また、楽天市場では、楽天ソーシャルブックマークボタンのサイズや色、表示位置などをカスタマイズすることができるため、自社のブランドイメージに合わせたデザインに変更することも可能です。

楽天ソーシャルブックマークを活用したカート落ち対策の実践例

カートページへのリダイレクト

カート落ちしてしまったユーザーに対して、楽天ソーシャルブックマークからのリンクでカートページにリダイレクトすることで、再度購入に導くことができます。商品ページに加え、カートページにも楽天ソーシャルブックマークボタンを設置することが重要です。

カート落ちユーザーへのメール配信

楽天ソーシャルブックマークによるカート落ち対策として、ユーザーにメールを配信し、カートに入れた商品をリマインドすることができます。この際、楽天ソーシャルブックマークのページを紹介し、コメント機能を活用することで、ユーザーからの反応を促し、コミュニケーションを図ることもできます。

キャンペーンやプレゼント企画の実施

楽天ソーシャルブックマークを通じて、キャンペーンやプレゼント企画を実施することで、カート落ちを防止することができます。特典の内容は、商品やポイント還元などさまざまですが、楽天ユーザーにとって魅力的なものであることが重要です。

楽天ソーシャルブックマークと他のカート落ち対策との併用

カート落ち対策として、楽天ソーシャルブックマーク以外にも様々な方法があります。ここでは、楽天ソーシャルブックマークと併用することで、より効果的なカート落ち対策を実現する方法をご紹介します。

楽天ソーシャルブックマークとリマーケティングの併用

リマーケティングとは、過去にサイトを訪れたユーザーに対して、再度広告を表示することで、商品を再度思い出させることができる手法です。楽天市場では、リマーケティング広告を出稿することができます。楽天ソーシャルブックマークとリマーケティングを併用することで、ユーザーが商品ページを見た後に、広告を表示することで商品の印象を再度強化することができます。

楽天ソーシャルブックマークとメールマガジンの併用

メールマガジンは、既存顧客や興味を示したユーザーに向けて、商品の情報やキャンペーン情報を配信することができる手法です。楽天市場でも、ショップ独自のメールマガジンを配信することができます。楽天ソーシャルブックマークとメールマガジンを併用することで、楽天ソーシャルブックマークで共有された商品情報をメールマガジンで配信することができます。

楽天ソーシャルブックマークの活用にあたっての注意点

オンラインショップで楽天ソーシャルブックマークを活用することは、カート落ち対策に有効な方法の一つです。しかし、利用にあたっては注意点や設定方法を把握する必要があります。以下に、楽天ソーシャルブックマークの活用にあたっての注意点やポイントについて詳しく解説します。

利用にあたっての手続きや設定方法

楽天ソーシャルブックマークを使うには、楽天IDとパスワードを持っていることが必要です。楽天市場に出店している場合は、出店管理画面から設定を行うことができます。また、楽天IDを持っている個人の場合は、マイページから設定を行うことができます。

楽天ソーシャルブックマークを効果的に活用するためのポイント

楽天ソーシャルブックマークを使って効果的にカート落ち対策を行うためには、以下のポイントに注意する必要があります。

商品ページの見やすさや情報の充実を図る

楽天ソーシャルブックマークを使う場合、ユーザーがカートに商品を追加する前に、商品ページを見てもらう必要があります。そのため、商品ページの見やすさや情報の充実が必要不可欠です。商品の特徴や魅力的なポイントを伝える文章や、商品画像の充実、商品価格や送料などの情報の明確化などが重要です。

ソーシャルブックマークボタンの位置や表示方法を工夫する

楽天ソーシャルブックマークを使う場合、ユーザーにボタンを押してもらわなければなりません。そのため、ボタンの位置や表示方法が重要になります。一般的には、商品画像の下や商品説明の上にボタンを配置することが多いです。また、ボタンのデザインも重要で、目立ちやすいデザインにすることでクリック率を上げることができます。

SNSなど他のプロモーション手法と組み合わせて活用する

楽天ソーシャルブックマークだけでは、限られた効果しか得られません。そのため、SNSなど他のプロモーション手法と組み合わせて活用することで、より多くのユーザーにアプローチすることができます。例えば、SNS上で楽天ソーシャルブックマークのURLを共有することで、新たなユーザーを獲得することができます。

まとめ

楽天ソーシャルブックマークを効果的に活用するためには、商品ページの見やすさや情報の充実、ボタンの位置や表示方法の工夫、他のプロモーション手法との組み合わせが重要です。これらのポイントを抑えることで、より多くのユーザーをカートに誘導することができます。

よくある質問

Q: 楽天ソーシャルブックマークを利用するにはどのような手続きが必要ですか?

A: 楽天ソーシャルブックマークは、楽天市場の出店者向けの無料のツールです。楽天市場に出店し、出店者向けポータルサイト「Rakuten Marketplace」にログインした後、専用ページから申し込み手続きを行います。承認後、商品ページにソーシャルブックマークボタンが表示されます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ