YDNでアドレサブル広告を実施する方法についてご紹介

YDNアドレサブル広告とは

YDNアドレサブル広告は、Yahoo! JAPANが提供するターゲティング広告です。広告主が保有する顧客のメールアドレス、電話番号などの情報と媒体が保有する情報を照合し、合致したターゲットに自動で広告を配信することができます。広告の配信先は、Yahoo! JAPANの提携サイト、その他Yahoo! JAPANと提携している媒体に掲載されます。

概要

YDNアドレサブル広告のメリット

費用対効果が高い

アドレサブル広告は、自社のブランド・商品に興味関心が強い顧客に対して広告を表示するユーザー層を限定することができます。そのため、無駄な広告費をかけずに、より効果的に広告を配信することができます。

他媒体のアドレサブル広告より費用が安い

YDNアドレサブル広告は、他のアドレサブル広告に比べて費用が安い傾向にあります。これは、Yahoo! JAPANが提供する広告媒体が多数あり、多様なターゲティングが可能なため、広告主が求めるニーズに合わせて選択することができるからです。

Yahoo!DMPを使用して横展開できる

YDNアドレサブル広告は、Yahoo! JAPANの提供するDMP(Data Management Platform)であるYahoo!DMPと連携することができます。Yahoo!DMPを活用することで、自社サイトのアクセス履歴や行動履歴などのデータを活用して、ユーザーに最適な広告を表示することができます。また、Yahoo!DMPを活用することで、Yahoo! JAPAN以外の媒体にも広告を配信することができ、より広い範囲にアプローチすることができます。

YDNアドレサブル広告のデメリット

顧客データがないと利用できない

YDNアドレサブル広告には、顧客データがないと利用できないというデメリットがあります。また、個人情報や機密情報を扱う企業などは、セキュリティポリシーに則り、ユーザー情報保護の観点からYDNアドレサブル広告を利用することができない場合があります。

YDNアドレサブル広告の活用方法

既存顧客向けに配信し休眠顧客の掘り起こしを行う

YDNアドレサブル広告を活用する上での1つの方法は、既存顧客向けに配信し、休眠顧客の掘り起こしを行うことです。既存顧客に対して、クーポンや特典などのキャンペーンを提示することで、リピート購入や口コミ拡散を促進することができます。また、既存顧客に向けた広告配信では、ユーザー属性や過去の行動履歴を活用し、より的確なメッセージを送ることができます。YDNアドレサブル広告を活用することで、休眠顧客を再度商品やサービスを利用する顧客へと変えることができます。

類似ユーザーへ配信を行い新規顧客の開拓を行う

YDNアドレサブル広告を活用する上でのもう1つの方法は、類似ユーザーへの配信を行い新規顧客の開拓を行うことです。YDNアドレサブル広告は、Yahoo! JAPANが保有する膨大なユーザーデータを活用し、類似ユーザーを見つけ出すことができます。これにより、既存顧客層と同じような属性を持つ類似ユーザーに向けた広告配信が可能となります。類似ユーザーに対して広告配信を行うことで、新規顧客の開拓を促進することができます。

まとめ

YDNアドレサブル広告は、Yahoo!プロモーション広告を利用することで利用できる、ターゲットユーザーに対して高い精度で配信ができる広告です。メリットとして、費用対効果が高く、他媒体のアドレサブル広告より費用が安いこと、Yahoo!DMPを使用して横展開できることが挙げられます。YDNアドレサブル広告の活用方法として、既存顧客向けに配信し休眠顧客の掘り起こしを行ったり、類似ユーザーへ配信を行い新規顧客の開拓を行うことが挙げられます。以上のように、YDNアドレサブル広告は、広告費の削減と広告のターゲット化に有効なツールとして活用されています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ