何故大事?ECにおける納品書の重要性について説明します

納品書とは

納品書とは、eコマース取引に欠かせないものです。納品書は、販売した商品、価格、その他関連する詳細な情報を記録する役割を果たします。この記事では、Eコマースにおける納品書の重要性とそのメリット、そしてShopify、Amazon、楽天など主要なEコマースシステムでの作成方法について説明します。

何故ECで納品書が重要なのか

返品方法、再購入方法を記載することによりコミュニケーション工数が削減できる

納品書は、お客様とのコミュニケーション手段となります。納品書は、注文の受領、処理、発送が完了したことを示すものです。また、何か問題があった場合に、お客様が販売者と連絡を取るための連絡先も記載されています。

自社サイトの信頼性を証明できる

納品書は、売り手と買い手の間の取引を記録するのに不可欠なものです。納品書には、購入日、商品の詳細、数量、価格などの情報が記載されています。この情報は、税務・会計上、また紛争が発生した場合にも重要です。

納品書の記入項目

納品書は、販売した商品の記録となるもので、以下の内容を記載する必要があります。

  • タイトル
  • 納品先の宛名
  • 差出人名
  • 発行日
  • 納品書の通し番号
  • 納品内容の合計金額
  • 納品内容の内訳
  • 小計金額・消費税額

まとめ

納品書はeコマース取引において極めて重要な要素です。販売した商品の記録として、また顧客とのコミュニケーションを円滑にし、販売者のプロフェッショナルなイメージを提供するものです。送り状を作成する際には、受取人の名前と住所、送り主の名前、発行日、送り状番号、販売した商品の明細、小計と税額など、必要な情報を記載することが重要です。Shopify、Amazon、楽天などの主要なECプラットフォームでは、納品書を簡単に作成できるツールが提供されています。納品書に必要な項目をすべて記載することで、売り手と買い手の双方が、明確で包括的な取引記録を持つことができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ