潜在ニーズとは?売上アップに繋がる潜在的ニーズの引き出し方を解説

潜在ニーズとは

概要

潜在ニーズとは、顧客が意識していないが、必要とされている商品やサービスへのニーズのことを指します。これはマーケティングリサーチなどを通じて把握できます。潜在ニーズは、市場の未開拓分野を特定する上で重要な情報源となります。

顕在ニーズとの違い

顕在ニーズは、消費者が意識して積極的に満たそうとするニーズのことです。具体的な欲求であることが多いため、よりわかりやすく、特定しやすいのが特徴です。

顧客の潜在ニーズを知るメリット

新規ターゲット層の発見

潜在的なニーズを掘り起こすことで、これまで意識していなかった新たな市場機会やターゲット層を発見できます。その結果、未開拓のセグメントのニーズに対応した新しい商品やサービスを生み出すことができ、企業の顧客基盤を拡大し、市場シェアを拡大することができます。

既存顧客の満足度向上

潜在的なニーズを理解することで、顧客に対する理解を深め、顧客の気づいていない深いニーズを満たすソリューションを提供できます。これにより、顧客満足度やロイヤリティの向上、顧客定着率の改善に繋がります。

新商品・新サービス開発に繋がる

潜在的なニーズを把握することは、その未充足なニーズに対応した新しい商品やサービスの開発にもつながります。競合他社にないソリューションを提供することで、競争力を高め、市場シェアを拡大できます。

潜在ニーズを見つける方法

インタビュー

顧客やフォーカスグループへのインタビューは、消費者の潜在的なニーズや欲求に関する貴重な洞察を得られます。インタビューから得られた情報は、表面的なデータからではわからない潜在的なニーズを発見するのに役立ちます。

行動観察調査

自宅や店舗など、自然な環境でお客様を観察する方法です。お客様が商品やサービスとどのように関わっているかを観察し、お客様のニーズが満たされていない場所を特定できます。また、行動観察調査は、お客様がどのように意思決定を行い、どのような要因が購買習慣に影響を与えるかを理解するのに役立ちます。

まとめ

潜在ニーズとは顧客が意識していないものの必要としている商品やサービスへのニーズを指します。顧客の潜在的なニーズを把握することで新たなターゲット層の発見、顧客満足度の向上、新商品・サービスの開発など、企業にとって大きなメリットがあります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ