【費用一覧】amazon販売手数料っていくら?出品する前にかかる費用を確認しよう!

amazon販売手数料とは

Amazon販売手数料は、Amazonが商品の販売代金から一定の割合を差し引いて受け取る料金のことです。

amazon販売手数料4つの種類

amazonの販売手数料は4種類になります。

  • 基本手数料(月間登録料)
  • 販売手数料
  • 成約手数料
  • 配送料

それぞれについて詳しく説明していきます。

基本手数料(月間登録料)

基本手数料は、Amazonセラーアカウントを利用する際にかかる月額料金です。

これには、プロフェッショナルプランや個人プランなどがあります。

プロフェッショナルプランでは、月額の基本手数料に加えて、販売手数料や他の手数料がかかる場合もあります。

個人プランでは、月間登録料はかかりませんが、商品を販売する際には販売手数料がかかります。

販売手数料

Amazon販売手数料は、商品を売る際にAmazonが取る手数料です。

販売価格の一定割合が手数料として差し引かれるため、販売する商品の価格設定には注意が必要です。

手数料率は商品の種類や価格帯によって異なりますが、一般的には5%から15%の範囲が一般的です。

販売手数料は利益率に影響を与えるため、事前に計算しておくことが重要です。

成約手数料

Amazon成約手数料は、商品が購入された際にかかる手数料です。

販売価格の一定割合が手数料として取られるため、商品の価格設定には影響を与えます。

成約手数料は販売手数料とは別にかかるため、利益を計算する際には注意が必要です。

手数料率は商品の種類や価格帯によって異なるため、商品の価格と手数料を考慮して適切な価格を設定しましょう。

配送料

Amazonの配送料は、商品を購入した顧客に商品を届けるための送料のことです。

Fulfillment by Amazon(FBA)を利用すると、商品をAmazonの倉庫に送るだけで、Amazonが顧客への配送を行い、その配送料はFBA料金に含まれます。

しかし、自己配送を選択した場合は、商品を顧客に発送する際の送料は販売者が負担しなければなりません。

配送料の負担方法によって費用が異なるため、販売方法を決定する際には注意が必要です。

他にも発生する可能性amazon販売手数料

他にも発生する可能性amazon販売手数料は以下の2つになります。

  • 大量出品手数料
  • 返金手数料

それぞれについて詳しく説明していきます。

大量出品手数料

Amazonの大量出品手数料は、1度に多くの商品を出品する際にかかる手数料です。

出品数や出品方法によって手数料が異なるため、出品前に料金を確認することが重要です。

大量出品手数料は、商品の種類やカテゴリによって異なることがあります。

また、この手数料は販売手数料とは別にかかるため、出品する商品の数や方法によって手数料が変わることを覚えておきましょう。

返金手数料

大量出品手数料は、Amazonで1度に多数の商品を出品する際にかかる料金です。

出品数や方法によって手数料が異なるため、事前に確認が必要です。

例えば、同じ商品を複数出品する場合や、商品をまとめて出品する場合などに手数料がかかることがあります。

手数料は出品する商品の種類やカテゴリによって異なるため、出品前に料金を確認しておくことが重要です。

大量出品手数料は販売手数料とは別にかかるため、出品する商品の数や方法によって手数料が変わることを覚えておきましょう。

これらの手数料を考慮して、効果的な販売戦略を立てることが重要です。

amazon販売手数料を確認するための4つの便利なツール

amazon販売手数料を確認するための便利ツールは以下の3つになります。

  • 料金シミュレーター
  • 手数料見積もりレポート
  • 在庫管理ページ

それぞれについて詳しく説明していきます。

料金シミュレーター

料金シミュレーターは、Amazon が提供するツールで、販売者がプラットフォーム上で商品を出品および販売する際に発生する手数料を見積もることができます。

商品の種類、販売計画、履行方法などの情報を入力することで、販売者は支払うと予想される手数料の正確な見積もりを得ることができます。

このツールは、Amazon での販売に関連するコストを理解し、それに応じて価格戦略を計画したいと考えている販売者にとって非常に貴重です。

手数料見積もりレポート

Amazon手数料を確認するための便利なツールの1つに、手数料見積もりレポートがあります。

このレポートは、過去の販売データを元に、将来の手数料を予測する機能を提供します。

具体的には、過去の類似商品の販売データや価格、販売数などを分析し、今後の販売における手数料の目安を算出します。

これにより、出品前にかかる手数料を事前に把握し、適切な出品価格を設定する際に役立ちます。

初心者でも簡単に利用できるため、出品を考えている方にとって非常に便利なツールです。

在庫管理ページ

Amazon手数料を確認するための便利なツールの1つに、在庫管理があります。

このツールでは、特定のSKU(在庫管理番号)においてユニットが販売された場合のAmazon出品サービスおよびフルフィルメント by Amazonの主な手数料見積り額が表示されます。

具体的には、販売された商品のカテゴリや価格、販売数などを考慮して、手数料の見積り額が表示されます。

在庫管理ページに移動することで、簡単に手数料の見積り額を確認することができます。

初心者でも直感的に操作できるため、手数料を把握する際に便利なツールです。

amazonで出品する際の注意点

Amazonで出品する際の注意点はいくつかあります。

まず、商品の販売価格やカテゴリによって手数料が異なるため、事前に費用を確認しておくことが重要です。

また、Fulfillment by Amazon(FBA)を利用する場合や、顧客からの返品が発生した場合など、追加の費用がかかる可能性があります。

これらの費用を考慮して、商品の価格設定や販売戦略を立てることが重要です。

amazon販売手数料を楽天やYahoo!と比較すると…?

Amazonの販売手数料を楽天やYahoo!と比較すると、一般的には高めです。

楽天やYahoo!は販売手数料の割合が低いことが特徴です。

しかし、販売手数料だけでなく、他の手数料やサービス内容も考慮する必要があります。

AmazonはFBAという便利なサービスを提供しており、在庫管理や配送などを任せることができます。

すでに楽天市場やYahoo!ショッピングに出店している場合でも、Amazonでの出品は新たな顧客層にアプローチするチャンスです。

安易に「Amazonは手数料が高いから出品しない」と判断するのではなく、各ECモールの利益の伸び代や利点を比較し、自身のビジネスに最適なECモールを選択しましょう。

まとめ

Amazon販売手数料は、商品を販売する際にかかる手数料であり、商品の種類や販売価格によって異なります。

例えば、販売手数料は商品の販売価格の一部として取られるため、商品を適切に価格設定することが重要です。

FBAを利用する場合や返品が発生した場合など、追加の費用がかかることもあります。

出品前に手数料を確認し、適切な価格設定を行うことで、スムーズな販売活動を行うことができます。

よくある質問

Q: Amazon販売手数料はどのように計算されるのですか?

A: Amazonの販売手数料は、商品の販売価格やカテゴリによって異なります。一般的には、商品販売価格の一定割合が手数料としてかかります。例えば、10%の手数料がかかる場合、商品価格が1,000円の場合は100円の手数料がかかります。ただし、この割合や計算方法は商品の種類やカテゴリによって異なるため、具体的な手数料はAmazonのサイトで確認することが必要です。商品を出品する際には、手数料やその他の費用について事前に確認しておくことが重要です。

Q:Amazon販売手数料を支払うタイミングはいつですか?

A:Amazon販売手数料は、商品が販売された瞬間に自動的に差し引かれます。つまり、商品を出品して売れた場合、その時点で手数料が引かれる仕組みです。販売手数料の支払いについては、出品者が別途手続きをする必要はありません。Amazonは販売された商品に対応する販売手数料を、売上金から差し引いた後、残りの金額を出品者に支払います。したがって、手数料の支払いについては、特別な手続きをする必要はなく、売上金から自動的に引かれるため、出品者は手数料の支払いを気にする必要はありません。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/16】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ