【amazonコンサル】に必要な費用って?メリットやデメリットも詳しく解説!

amazonコンサルとは

amazonコンサルとは、amazon出品者向けに専門的なコンサルティングサービスを提供する業者のことです。

出品戦略の立案、商品ページの最適化、広告運用、在庫管理、価格設定など、amazon販売における様々な側面でサポートを行います。

amazon出品のノウハウに長けた経験豊富なコンサルタントが在籍しています。

amazonコンサルを利用する3つのメリット

今回紹介するメリットは以下の3つになります。

  • 専門家のノウハウを活用できる
  • マーケティング施策の最適化
  • 業務の効率化とコスト削減

それぞれについて詳しく説明していきます。

専門家のノウハウを活用できる

amazonコンサルには、長年の経験から蓄積された専門的なノウハウがあります。

例えば、amazon出品で売れる商品ページの書き方、効果的なキーワード選定の方法、高い広告効果を発揮する設定の仕方などのテクニックを熟知しています。

初心者の方が1から情報を集め実践するのは大変ですが、コンサルのノウハウを活用することで、失敗を最小限に抑えながら効率的に売上を伸ばせます。

マーケティング施策の最適化

amazonコンサルは商品の特徴や対象顧客層、競合他社の状況などを徹底的に分析します。

そのうえで、商品ページの改善点、ターゲットとすべきキーワード、最適な広告運用方法、在庫管理のポイントなど、さまざまな施策を組み合わせた総合的な提案をしてくれます。

個々の施策は効果が限られますが、コンサルの知見を活かして施策同士を有機的に連携させることで、相乗効果が期待できます。

業務の効率化とコスト削減

在庫管理や画像編集、広告の運用管理などの業務をコンサルにアウトソースできます。

これらの作業を自社の人員で行うと、かなりの手間とコストがかかります。

人員を確保し、ツールを用意し、ノウハウを学ばせる必要があるためです。

しかしコンサルであれば、既に専門のチームが存在しており、コストを大幅に抑えながら効率よくアウトソースができ、人件費などの経費の削減につながるのです。

amazonコンサルを利用する3つのデメリット

今回紹介するデメリットは以下の3つになります。

  • 追加の費用負担
  • 運用の一体感が欠如するリスク
  • 成果の保証はない

それぞれについて詳しく説明していきます。

追加の費用負担

コンサル利用には必ず追加の費用がかかります。

初期費用が10万円30万円程度、運用管理費が5万円20万円/月程度、成功報酬が売上高の10%~20%程度が相場です。

広告予算や売上規模が大きい場合は、その分コンサル費用の負担額も重くなります。

例えば月次の広告費が100万円で、売上が500万円あった場合、月次運用管理費10万円に加え、成功報酬50万円(10%)の計60万円の費用がかかることになります。

自社で内製する場合に比べ、かなりの追加コストとなるでしょう。

運用の一体感が欠如するリスク

コンサルにすべての業務を任せきりにすると、自社側で出品運用全体を一元管理できなくなります。

また、コンサル側に一任しきりにしてしまえば、自社の意図や方針とは異なる運用が行われかねません。

そうなれば、せっかくのコンサル活用メリットが半減してしまいます。

自社の意向を反映しきれず、思わぬ方向に運用が進んでしまう可能性もあるのです。

このリスクを回避するには、コンサルと常に綿密なコミュニケーションを取り、進捗を共有し合うことが欠かせません。

成果の保証はない

コンサルの専門性は高くても、amazon出品は外的要因の影響を大きく受けます。

トレンドの変化、新サービス登場、ライバル商品の価格変更などの影響で、期待した売上が達成できない可能性があります。

高額の費用を払っても、絶対的な成果は約束されていません。

amazonコンサルを利用する際の注意点

今回紹介する注意点は以下の3つになります。

  • 実績とレビューをしっかりチェックする
  • 契約内容を丁寧に確認する
  • 定期的に進捗を確認し、適宜改善を求める

それぞれについて詳しく説明していきます。

実績とレビューをしっかりチェックする

優れたコンサルを見つけるには、過去の実績とクライアントの評判チェックが欠かせません。

公開レビューサイトなどで、具体的な成果事例、専門性の高さ、対応のよさ、リーズナブルな料金設定などをチェックしましょう。

信頼できる第三者の意見を参考にすると良いでしょう。

契約内容を丁寧に確認する

コンサルと契約を結ぶ際は、作業範囲、人員体制、スケジュール、報告体制、料金体系、契約期間、解約条件など、あらゆる条件をしっかりと確認し、明確にしておく必要があります。

曖昧な契約では将来的にトラブルになる可能性が高まります。疑問点は必ず解消してから契約を結ぶようにしましょう。

定期的に進捗を確認し、適宜改善を求める

コンサル活用後は、定期的に進捗レポートを受け取り、状況を把握する体制を整えましょう。

思ったような成果が出ない場合は、原因を分析し、適宜改善を求めていく必要があります。

成果に納得がいかなければ、サービス内容の見直しや契約解除も検討すべきです。

amazonコンサルを利用する際の料金体系

一般的なコンサルの料金体系は、基本的に以下の3つで構成されています。

  • 初期設定費用
  • 運用管理費(月次固定費)
  • 売上高に応じた成功報酬

初期設定費用は10~30万円程度、運用管理費は月額5~20万円、成功報酬は売上高の10%~20%程度が相場と言われています。

ただし、これはあくまでも目安の金額です。

実際の料金水準は、コンサル業者ごとに異なります。

さらに、コンサル内容によっても料金設定は変わってきます。

例えば、単発のコンサルティングのみ希望する場合は、別途の料金体系になることもあります。

正確な金額は必ず事前に見積もりを取り、自社のニーズと予算に見合ったコンサルを選ぶ必要があります。

まとめ

amazonコンサルは、amazon出品における専門的なノウハウを提供し、マーケティング施策の最適化や業務の効率化をサポートします。

しかし一方で、追加のコスト負担が発生したり、運用の一体感が欠如するデメリットもあります。

実績とレビューをチェックし、契約内容を明確にすることで、自社にとってメリットが最大化されるコンサルを選ぶ必要があります。

コンサル料金は業者ごとにまちまちですが、初期費用、運用費用、成功報酬の3つでの構成が一般的です。

よくある質問

Q:安いコンサルを選んだ方がいいですか?

A:amazonコンサル選びでは、料金が安いからと言って選んではいけません。適当に選べば結局無駄な出費になりかねません。コンサルの実力と専門性が何より重要です。過去の実績やクライアントの評判をしっかり見極める必要があります。安さだけを追求して実力の伴わないコンサルを選ぶと、大きな損失につながる可能性があります。コストよりも本当の実力を重視すべきです。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/16】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ