【アクセスUP!】3日で効果あり|検索上位表示の秘訣を伝授

メタディスクリプションとは

検索エンジンの結果ページで、リンク先のURLの下に表示される説明文がメタディスクリプションです。

ユーザーはこの説明文から、そのページの内容を一目で把握することができます。

メタディスクリプションが適切に設定されていれば、ユーザーの関心を惹きつけ、クリック率の向上が期待できます。

メタディスクリプションを設定する3つのメリット

今回紹介するメリットは以下の3つになります。

  • 検索結果の魅力度がアップする
  • 検索ランキングが上がる
  • ブランディングに役立つ

それぞれについて詳しく説明していきます。

検索結果の魅力度がアップする

検索結果ページでは、タイトルとメタディスクリプションの組み合わせが、そのページの第一印象を左右します。

メタディスクリプションに商品の特徴やメリットなどを分かりやすく記載しておくと、ユーザーの興味を惹きつけやすくなり、クリック率が高まります。

実際に「こちらの商品が欲しい!」と思わせる魅力的な説明文にすることがポイントです。

検索ランキングが上がる

Googleなどの検索エンジンは、ユーザー目線のメタディスクリプションを高く評価する傾向にあります。

キーワードの適切な使用や、ページ内容との整合性の高さなどから、そのページの品質を判断しています。

品質の高いメタディスクリプションであれば、検索ランキングが自然と上がりやすくなります。

ブランディングに役立つ

メタディスクリプションに適切な社名や商品ブランド名を入れることで、検索ユーザーに対するブランディング効果も期待できます。

訴求力のあるキャッチコピーを盛り込めば、印象に残りやすくなり、ブランド認知度の向上にもつながります。

メタディスクリプションを作成する際に抑えるべき5つのポイント

今回紹介する抑えるべきポイントは以下の5つになります。

  • キーワードを必ず入れる
  • 文字数に注意する
  • Webページの内容を適切に要約する
  • 訴求力のある文言を心がける
  • 誤解を避ける

それぞれについて詳しく説明していきます。

キーワードを必ず入れる

検索ユーザーが入力したキーワードをメタディスクリプションに入れることが重要です。

例えば「プロテイン 筋肉」というキーワードで検索した場合、「プロテイン」や「筋肉」などのキーワードを自然な形で盛り込むようにします。

これにより検索との関連性が高まり、ユーザーの期待にも応えられます。

キーワードの選定はGoogleのリサーチキーワードやサジェストキーワード、共起キーワードを活用して行うことが可能です。

文字数に注意する

メタディスクリプションの文字数には上限があり、超えるとカットされて一部が表示されなくなります。

文字数を超えると表示がカットされ、ユーザーにとって重要な情報が見えなくなる可能性があります。

文字数をしっかり確認し、上限内に収めるよう心がけましょう。

文字数を確認するためには、テキストをカウントするツールを使用すると便利です。

Microsoft WordやGoogle Docsなどのワードプロセッサーには文字数をカウントする機能があるので、活用するとよいでしょう。

過度なキーワードの使用や無駄な情報は避け、的確な情報を提供することが重要です。

Webページの内容を適切に要約する

メタディスクリプションには、そのWebページの内容や特徴を簡潔に要約して記載する必要があります。

商品であればその特長、サービスであればサービス内容などを、うまく要約する必要があります。

ユーザーが求める情報に焦点を当て、興味を引くような要約を心がけましょう。

例えば、商品ページでは「高品質な素材を使用し、快適な睡眠をサポートする枕です」といった具体的な表現が効果的です。

内容と乖離がある場合、ユーザーの期待を裏切ることになり、離脱率が高まってしまうので注意しましょう。

訴求力のある文言を心がける

メタディスクリプションはユーザーに対する広告文のような役割も担っています。

そのため、商品やサービスのメリットを簡潔に伝えるとともに、訴求力のあるキャッチコピーを盛り込むと効果的です。

例えば「至福の美味しさ」「驚きのコストパフォーマンス」などのフレーズを上手く使うと、ユーザーの関心をがっちり惹きつけられます。

誤解を避ける

メタディスクリプションには、ページの内容を正確に伝えることが重要です。

誤解を招くような曖昧な表現や間違った情報を避けるようにしましょう。

Googleのリサーチキーワードやサジェストキーワードを活用して、正確かつ明確な情報を提供することで、ユーザーの信頼を得ることができます。

メタディスクリプションを作成する際の注意点

今回紹介する抑えるべきつのポイントは以下の3つになります。

  • 他サイトとの重複を避ける
  • キーワードの詰め込みに注意
  • 更新頻度に気をつける

それぞれについて詳しく説明していきます。

他サイトとの重複を避ける

他のサイトと同じメタディスクリプションを使用してしまうと、検索エンジンからオリジナリティが低いと見なされ、ペナルティを受ける可能性があります。

重複を避けるためには、他サイトと同じような表現や内容を使わないように気をつけましょう。

自分のサイトの特徴や提供する価値を強調する独自の表現を考えることが大切です。

重複が発見された場合は、早急にメタディスクリプションを書き換えることで対処しましょう。

キーワードの詰め込みに注意

メタディスクリプション内にキーワードを自然に入れることは重要ですが、キーワードの詰め込み過ぎには注意が必要です。

例えば「最高級プロテイン サプリ プロテイン 筋肉 トレーニング」のようにキーワードが並列されているのはNGです。

検索エンジンは不自然なキーワードの羅列を問題視するためです。

代わりに、キーワードを自然に文章に組み込む方法を考えましょう。

例えば、「筋トレをサポートする最高級プロテインサプリ」といった具体的な表現を使うことで、キーワードを効果的に活用することができます。

更新頻度に気をつける

メタディスクリプションは、Webページの内容が変更になった際には、その都度更新する必要があります。

古くなったメタディスクリプションのままでは、検索との関連性が下がり評価が低くなってしまいます。

定期的に内容を見直し、変更があれば確実に更新するよう心がけましょう。

メタディスクリプションを設定する際の料金

メタディスクリプションの設定自体には特に費用はかかりません。

ウェブサイトを運営されている方であれば、自身で無料で設定できます。

ただし、メタディスクリプションの設定を含めたSEO対策全般を専門家に依頼する場合は、費用が発生します。

SEO専門の外注サービスによっては、メタディスクリプション作成を個別で依頼できるケースもあり、その場合のスポット費用は数千円から数万円程度が相場です。

詳細は各サービスへ個別に問い合わせが必要となります。

まとめ

メタディスクリプションは、検索結果の説明文として重要な役割を果たします。

適切にメタディスクリプションを設定することで、検索結果での魅力度がアップし、アクセス数の増加が期待できます。

メタディスクリプション作成時は、キーワードの設定や文字数、Webページの内容との整合性に気をつける必要があります。

費用は発生せず、無料で設定可能なため、サイト運営を行っている方は必ず設定しましょう。

SEO対策を外注する場合は一定の料金が発生します。

よくある質問

Q:メタディスクリプションをコピーしても大丈夫ですか?

A:メタディスクリプションをコピーして使うのは避けましょう。他のサイトと同じメタディスクリプションを使用すると、検索エンジンが重複コンテンツと判断し、ペナルティを受ける可能性があります。オリジナルかつ魅力的なメタディスクリプションを作成しましょう。

Q:メタディスクリプションを設定しなくても問題ありませんか?

A:メタディスクリプションを設定しないと、検索エンジンが自動的にページの一部を切り取って表示します。しかし、これではページの内容が正しく伝わらず、ユーザーがクリックしにくくなります。メタディスクリプションを設定することで、ページの内容を的確に伝え、クリック率を向上させることができます。

Q:メタディスクリプションと本文の内容は合わせる必要がありますか?

A:はい、メタディスクリプションの内容はページの実際の内容と合致しているべきです。メタディスクリプションがページの内容と合っていないと、ユーザーが誤解しやすくなります。メタディスクリプションは、ページの要約として機能するため、正確かつ魅力的なものであることが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ