楽天市場 スマホファーストで売上UP

楽天市場でのスマホページ作り込みの重要性

現代において、スマートフォンは私たちの生活に欠かせない存在となっています。スマートフォンの普及に伴い、インターネットショッピングもスマートフォンでの閲覧や購入が一般的となってきました。楽天市場でもスマートフォン利用者が増加しており、スマートフォンを活用したページ作りが欠かせません。スマートフォンでのページ閲覧はPCと比べ、画面サイズが小さく文字や画像が見づらいなどの課題があります。そのため、スマートフォンで閲覧するユーザーの視点に立ったページ作りが必要です。また、スマートフォン利用者は時間の制約があるため、簡単かつ迅速に商品を検索・購入できるページ作りが求められます。

楽天市場でのスマホ経由での売上の増加

スマートフォン利用者の増加に伴い、楽天市場でもスマートフォン経由での売上が増加しています。スマートフォン利用者は、スマートフォンで簡単に商品を検索・購入できることが魅力的であり、PCと比べて利用者数が多い傾向があります。また、楽天市場ではスマートフォン向けのアプリも提供しており、アプリからの購入も多いです。アプリからの購入は、スマートフォンでのショッピング体験をよりスムーズかつ迅速に行えるため、スマートフォン利用者にとって便利な手段となっています。

スマホファーストの概念

スマートフォンファーストとは、ウェブサイトやアプリのデザイン・開発において、スマートフォンを最初に考慮する設計手法のことを指します。つまり、スマートフォンからアクセスされることを前提に、スマートフォンでの使用感を優先して設計することが重要です。

スマートフォンファーストとは何か

スマートフォンファーストとは、企業がスマートフォンを中心に据えた戦略を取ることを指します。具体的には、スマートフォンを基準にしたサイトやアプリの開発、スマートフォンでの操作性や表示速度の向上などが挙げられます。スマートフォンが普及するにつれて、スマートフォンファーストの戦略が重要性を増しています。

スマートフォンファーストのメリット

スマートフォンファーストのメリットとしては、まずユーザーにとっての利便性が挙げられます。スマートフォンでの利用が当たり前となった現代において、スマートフォンに適したサイトやアプリを提供することで、ユーザーのストレスを軽減し、スムーズな利用体験を提供できます。また、スマートフォンファーストの戦略により、ユーザーの購買意欲を高めることができます。スマートフォンでの操作性や表示速度の向上、必要な情報がすぐに見つかるようにすることで、ユーザーがスムーズに商品を購入できるため、売上UPにつながります。さらに、スマートフォンの普及率が高まる現代において、スマートフォンファーストの戦略は企業の競争力を高めるためにも不可欠です。

スマホページで実施すべきことは

楽天市場のスマホページは、ユーザーが商品を検索・閲覧・購入するための重要な窓口となっています。スマホページで実施すべきことをまとめてみました。

ユーザーにストアのアピールポイントを伝え、信頼感を高める為にスマホ用店舗看板を設置する

スマホページのトップには、ストアのアピールポイントを伝えるスマホ用店舗看板を設置しましょう。ストアの雰囲気やブランドイメージを伝えるデザインにすることで、ユーザーの信頼感を高めることができます。

セール情報やキャンペーンの告知など、重要な情報をアピールする為に共通バナー(大バナー画像)を設定する

セール情報やキャンペーンの告知など、ユーザーにとって重要な情報をアピールするために、共通バナー(大バナー画像)を設置しましょう。見やすく分かりやすいデザインにすることが大切です。

商品カテゴリごとに設定し、ユーザーの商品探しをサポートする為に共通バナー(小バナー画像)を設定する

商品カテゴリごとに、共通バナー(小バナー画像)を設置しましょう。ユーザーが商品を探しやすく、購入までの流れをスムーズにするためには、見やすいデザインにすることがポイントです。

ストアの特徴や商品ラインナップを紹介し、ユーザーの購買意欲を促進する為にスマートフォン用トップ説明文の設定をする

スマートフォン用トップ説明文を設定することで、ストアの特徴や商品ラインナップを紹介し、ユーザーの購買意欲を促進することができます。簡潔でわかりやすい文章にすることが大切です。

ユーザーがよりスムーズに商品を探せるようスマートフォン用目玉カテゴリの設定

「スマートフォン用目玉カテゴリの設定」

スマートフォンでは、画面サイズが小さいため、情報を一度に多く表示することができません。そのため、商品カテゴリを分かりやすく設定することが重要です。例えば、アパレルショップの場合、メンズ、レディース、キッズなどのカテゴリを目玉カテゴリとして設定することで、ユーザーがスムーズに商品を探せるようになります。

ハンバーガーメニュー(折りたたみメニュー)の有効活用

スマートフォンでは、メニューを表示するスペースが限られているため、ハンバーガーメニューを有効活用することが重要です。ハンバーガーメニューは、画面上部に表示されるアイコンをクリックすると、メニューが表示される仕組みです。これを使うことで、スマートフォン画面上のスペースを有効活用し、スッキリとしたデザインを実現できます。

スマートフォンの画面サイズに合わせてレイアウトを最適化する

スマートフォンの画面サイズは、機種によって異なるため、レスポンシブデザインを採用し、画面サイズに合わせて最適なレイアウトを表示するようにすることが必要です。また、画像やテキストのサイズも、スマートフォンで見ても分かりやすいように大きめに設定することが望ましいです。

スマートフォンの画面サイズに合わせてレイアウトを最適化する

スマートフォンは、PCに比べて画面が小さく、文字や画像が小さいと見づらくなります。そのため、画像やテキストのサイズを大きめに設定することで、スマートフォンで見てもしっかりと情報を伝えることができます。

ユーザーがスマホで見てもしっかり分かるように画像、テキストのサイズは大きめする

スマートフォンの画面は小さいため、画像やテキストが小さいと読みづらくなってしまいます。そのため、スマホページにおいては、画像やテキストのサイズを大きめに設定することが重要です。ただし、あまりに大きすぎると、ページが読みづらくなってしまうので、適度な大きさに設定することがポイントです。

まとめ

楽天市場に出店する企業が、スマホユーザーに対応したページ作成が必要になっています。スマートフォンでのインターネット利用が急速に普及したため、ユーザーはスマホでのショッピングを好む傾向があります。楽天市場でスマホページを作成するにあたって、スマホユーザーにとって使いやすいページを作ることが求められます。スマホユーザーが快適にショッピングを行えるよう、レイアウトや画像、機能などを工夫しましょう。

よくある質問

Q:スマホページを作成する際に注意すべき点は何ですか?

A: スマホページを作成する際には、以下の点に注意する必要があります。

・スマホ画面に最適化したレイアウト設計を行うこと

・大きめの画像やテキストサイズを設定すること

・ページの読み込み速度を向上させること

・スマホ用の機能を活用すること

Q:スマホページの画像やテキストはどの程度の大きさにすべきですか?

A:スマホページでは、ユーザーがスマートフォンで見ても十分に読みやすく、わかりやすいサイズに設定する必要があります。画像は小さすぎず大きすぎず、テキストは十分な大きさで設定することが望ましいです。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ