【完全保存版】ホームページ制作における失敗例を徹底紹介!今後失敗することを防げます!

人気ホームページの特徴とは

成功するホームページは、ユーザーにとって魅力的で使いやすい特徴を備えています。これらの特徴を理解し、適切に取り入れることで、サイトの訪問者を引きつけ、良い印象を与えることが可能です。

ホームページ作成で多い失敗を4つ紹介

今回紹介するメリットは以下の4つになります。

  • 自己満足になってしまう
  • 情報量が多すぎる又は少なすぎる
  • 読み込み速度が遅すぎる
  • モバイル(スマートフォン)非対応

それぞれについて詳しく説明していきます。

自己満足になってしまう

ホームページ制作では、企業や個人の自己満足が最大の敵となります。自分たちが好きなデザインや機能を追求するあまり、ユーザーの視点を見失いがちです。成功するサイトは、ターゲットユーザーのニーズや期待に焦点を当て、その視点から訴求力のあるデザインやコンテンツを提供します。ユーザーが求める利便性や情報を優先し、自社のアイデンティティを保ちながらもユーザーエクスペリエンスを重視することが重要です。

情報量が多すぎる又は少なすぎる

情報量が多すぎたり少なすぎる場合、ユーザーは不快な体験をしやすくなります。ここでは、適切な情報提供のバランスを取ることの重要性と、そのための工夫について詳しく説明します。

情報量の過不足がもたらす問題

情報量が多すぎると、ユーザーは情報の過多感に陥り、必要な情報を見つけるのが難しくなります。逆に、情報が少なすぎるとユーザーが求める情報にたどり着けず、サイトの信頼性や魅力を感じにくくなります。これらの状況はユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼし、サイトの利用率や評判に影響を与える可能性があります。

正確で必要最低限の情報提供

成功するウェブサイトは、ユーザーが求める情報を正確で適切な量で提供します。冗長な情報は排除し、重要なポイントに焦点を当てることで、ユーザーがサイト内でスムーズに興味を持ち、目的の情報を見つけやすくなります。ユーザーが疑問やニーズを持つであろうポイントに重点的に情報を配置しましょう。

ユーザー中心の構成とナビゲーション

ユーザーがサイト内で簡単に興味を持ち、必要な情報を見つけやすいようにするためには、ユーザー中心の構成とナビゲーションが欠かせません。ユーザーがどのようにサイトを利用し、どの情報に関心を持つかを理解し、それに基づいてサイトの構造やナビゲーションを工夫します。

読み込み速度が遅すぎる

ユーザーは待ち時間を嫌います。ホームページが遅い場合、ユーザーはすぐに離れてしまいます。画像や動画の最適化、キャッシュの活用など、読み込み速度の最適化に力を入れましょう。高品質なコンテンツを提供しつつも、軽量化やキャッシュの有効利用を通じて快適な閲覧環境を提供できるようにしましょう。

モバイル(スマートフォン)非対応

現代のユーザーの多くはスマートフォンを利用してウェブサイトにアクセスします。モバイル非対応のサイトは利便性が低く、検索エンジンのランキングでも下がる可能性があります。レスポンシブデザインを導入し、モバイルユーザーにも快適な体験を提供しましょう。ユーザーがデバイスを問わずにサイトを利用できるような柔軟性を確保し、幅広いユーザーエクスペリエンスを実現します。

レスポンシブデザインの導入

モバイル対応を実現する手段として、レスポンシブデザインの導入があります。レスポンシブデザインは、ウェブサイトが利用されているデバイスの画面サイズに応じて、自動的にレイアウトやデザインを最適化する仕組みです。これにより、ユーザーがスマートフォンでサイトにアクセスした際にも、見やすく使いやすい体験を提供できます。

柔軟性の確保

モバイル対応においては、単に画面のサイズを調整するだけでなく、モバイルユーザーに特有のニーズや利便性を考慮することが重要です。例えば、タッチ操作に対応しやすいボタンサイズや、簡潔なメニュー構造の設計などが挙げられます。ユーザーがデバイスを問わずにサイトを利用できるような柔軟性を確保し、異なる環境での幅広いユーザーエクスペリエンスを実現します。

ホームページ作成依頼をする際の注意点

制作会社を選び間違える失敗

ホームページの制作会社を選ぶ際、慎重な検討が欠かせません。単に安価な制作費用に魅了されるだけでなく、その制作会社の実績や評判を確認することが重要です。成功事例やクライアントのフィードバックを確認し、実際の作業成果物を見て信頼性を評価しましょう。また、コミュニケーション能力やサポート体制も見逃せません。プロジェクトが進行する中で円滑なコミュニケーションができ、トラブル時に頼りになるサポートが提供されるかどうかも検討材料です。

フリーランスにホームページ制作を依頼した失敗

フリーランスに依頼する際は、その人物の信頼性や過去の実績を確認することが欠かせません。フリーランスは単独での作業が得意な場合もありますが、プロジェクト全体を管理できるかどうかも検討が必要です。プロジェクトマネージメントのスキルや提案力、スケジュール管理能力などが求められます。過去の制作物やクライアントの評価を確認し、プロフェッショナルなスキルセットを有するフリーランスを選定しましょう。ただし、コミュニケーションがスムーズであるかどうかも確認し、プロジェクトが円滑に進行できるよう努めましょう。

これらの注意点を踏まえ、ホームページ制作の依頼を行うことで、成功に近づけるでしょう。

ホームページ作成依頼を利用する際の料金体系

Webサイトの構築には予算が必要です。以下に、ホームページ作成依頼時に考慮すべき料金体系について説明します。

制作費用

ホームページの制作費用は、デザインや構築にかかる初期の費用を指します。デザインの複雑さや必要なページ数によって費用が変動しますので、事前に明確な見積もりを取得することが重要です。プロのデザイナーや開発者とのコンサルテーションを通じて、予算に合ったデザインと機能を検討しましょう。

保守・更新費用

ホームページは定期的な更新が不可欠です。新しいコンテンツの追加、修正、セキュリティのアップデートなどがこれに該当します。これらの作業を含む保守契約にかかる費用も確認することが重要です。ホームページの運用を安定的かつ安全に維持するため、保守・更新にかかるコストを予め計画に組み込みましょう。

ドメインとホスティング費用

ホームページのアドレスであるドメインと、サイトのデータを保存するためのホスティングには、年間で支払う必要があります。これらの費用も含めて、総合的な予算を見積もりましょう。ドメインの選定やホスティングサービスの比較を通じて、コストとパフォーマンスをバランス良く考えましょう。

まとめ

ホームページの制作においては、成功事例の特徴を理解し、一般的な失敗例を回避することが不可欠です。ユーザーの視点を大切にし、適切なパートナーシップを築くことで、効果的で魅力的なウェブサイトを実現できます。成功するホームページを目指して、慎重な計画と実行が求められます。

よくある質問

Q1:ホームページ制作で最も避けるべき失敗は何ですか?

A1:最も避けるべき失敗は、自己満足に陥ることです。成功するホームページはターゲットユーザーのニーズや期待に焦点を当て、ユーザー中心のデザインとコンテンツを提供します。自分たちの好みやアイデンティティだけでなく、ユーザーの視点を大切にしましょう。

Q2:モバイル非対応のホームページはなぜ問題ですか?

A2:現代の多くのユーザーがスマートフォンを利用しているため、モバイル非対応のサイトは利便性が低く、検索エンジンのランキングでも下がる可能性があります。レスポンシブデザインを導入し、モバイルユーザーにも快適な体験を提供することが重要です。

Q3:ホームページ制作を依頼する際、注意すべきポイントは何ですか?

A3:制作会社を選ぶ際には、安価な費用だけでなく、実績や評判を確認することが重要です。コミュニケーション能力やサポート体制も考慮し、円滑なプロジェクト進行を確保しましょう。また、フリーランスに依頼する際は、信頼性や過去の実績、プロジェクト管理の能力を検討することが必要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ