スポンサープロダクト広告「相殺」のお支払いオプションを解説

Amazon広告の支払い方法の種類

売上から相殺

売上から相殺とは、Amazon広告の費用が売上によって自動的に相殺される方法です。売上がある場合にのみ、広告費用が相殺されるため、売上に応じた効果的な広告費用の支払いが可能です。

クレジットカードまたはデビットカード

Amazon広告の支払い方法の一つには、クレジットカードまたはデビットカードによる支払いがあります。事前にクレジットカードまたはデビットカード情報を登録しておくことで、広告費用が自動的に請求され、支払われます。

相殺可能な条件

第三者に運用代行されていないアカウント

Amazon広告の相殺が可能な条件の一つには、第三者に運用代行されていないアカウントであることがあります。自社で広告を運用しているアカウントであれば、売上に応じた広告費用の相殺が可能です。

一定期間、小売販売の取引実績があること

Amazon広告の相殺が可能な条件の一つには、一定期間、小売販売の取引実績があることがあります。売上の実績があることで、広告費用の相殺が適用される場合があります。

支払いサイクル

月末締め(当月1日~末日までの日付が入った請求書)

Amazon広告の支払いサイクルには、月末締めの方法があります。毎月の1日から末日までの期間に発行される請求書に基づいて、広告費用が請求されます。

相殺は翌月のリテール支払いから差し引かれる

Amazon広告の支払いサイクルにおいて、相殺される広告費用は、翌月のリテール支払いから差し引かれる仕組みがあります。売上に応じた広告費用の相殺は、翌月の売上から自動的に差し引かれます。

まとめ

Amazon広告の支払い方法には、売上からの相殺やクレジットカード/デビットカードの利用など、複数の選択肢があります。また、支払いサイクルは月末締めであり、相殺は翌月のリテール支払いから差し引かれます。これらのポイントをまとめると、Amazon広告の効果的な支払い方法を選択することができます。

よくある質問

Q1:Amazon広告の支払い方法は何種類ありますか?

A1:Amazon広告の支払い方法には、売上からの相殺やクレジットカード/デビットカードの利用があります。

Q2:支払いサイクルはどのようになっていますか?

A2:Amazon広告の支払いサイクルは、月末締めの方法であり、請求書に基づいて広告費用が請求されます。また、相殺される広告費用は翌月のリテール支払いから差し引かれます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ