【確認必須】読むだけでマスター!WordPressで記事ID・カテゴリーIDを確認する方法

WordPressの記事ID・カテゴリーIDとは

WordPressの記事ID(投稿ID)とカテゴリーIDは、WordPressウェブサイトでコンテンツを一意に識別し、整理するための識別子です。

項目説明
記事ID(投稿ID)各投稿(記事)に一意に割り当てられる数字の識別子。WordPressが投稿作成時に自動的に割り当て、ウェブサイト内で記事を特定するためやURLに表示されることがある。
カテゴリーID各カテゴリーに一意に割り当てられる数字の識別子。カテゴリーは関連する記事をグループ化し、サイトの構造を整理するために使用され、各カテゴリーにも自動的に割り当てられる。

これらのIDは主にデータベース内で使用され、ウェブサイトの管理者や開発者が特定の記事やカテゴリーにアクセスするために役立ちます。例えば、特定の記事を編集したり、特定のカテゴリーの一覧を表示したりする際に使用されます。

WordPressの記事ID・カテゴリーIDを確認する3つのメリット

今回紹介するメリットは以下の3つになります。

  • 効果的なコンテンツ管理
  • ターゲットオーディエンスの理解
  • SEO戦略の最適化

それぞれについて詳しく説明していきます。

効果的なコンテンツ管理

記事IDとカテゴリーIDを確認することで、特定の記事やカテゴリーを素早く識別できます。これにより、ウェブサイト上のコンテンツを効果的に管理し、必要な情報に簡単にアクセスできます。

ターゲットオーディエンスの理解

記事IDとカテゴリーIDを確認することで、どの記事が人気であるかや特定のトピックに関連する記事がどれかを把握できます。これにより、訪問者の興味を理解し、ターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツ戦略を展開できます。

SEO戦略の最適化

記事IDとカテゴリーIDは検索エンジン最適化(SEO)戦略において重要な情報です。これらのIDを確認し、適切なキーワードや内部リンクを組み込むことで、検索エンジンランキングを向上させるのに役立ちます。SEOの観点からコンテンツを最適化することができます。

WordPressの:記事ID・カテゴリーIDを確認する3つのデメリット

今回紹介するデメリットは以下の3つになります。

  • セキュリティリスク
  • プライバシーの懸念
  • ユーザーエクスペリエンスの低下

それぞれについて詳しく説明していきます。

セキュリティリスク

記事IDやカテゴリーIDを公開してしまうと、セキュリティ上のリスクが生じる可能性があります。攻撃者はこれらの情報を利用して、不正なアクセスや攻撃を仕掛ける可能性があります。セキュリティ意識を持ち、適切な対策を講じる必要があります。

プライバシーの懸念

特に個人情報や機密情報が含まれる場合、記事IDやカテゴリーIDの公開はプライバシーの懸念を引き起こす可能性があります。ユーザーのプライバシーを尊重し、機密情報が漏れないようにするために注意が必要です。

ユーザーエクスペリエンスの低下

記事IDやカテゴリーIDが表示されることで、一般の読者が混乱する可能性があります。これらの情報は通常、バックエンドで使用されるものであり、フロントエンドでユーザーに提示すると理解が難しくなり、ユーザーエクスペリエンスが低下する可能性があります。

WordPressの記事ID・カテゴリーIDを確認する際の注意点

セキュリティ意識

記事IDやカテゴリーIDはウェブサイトの裏側に関する情報であり、これらの情報を公開することでセキュリティ上のリスクが生じる可能性があります。これらの情報は一般のユーザーには表示されないようにし、セキュリティを確保するために努めましょう。

プライバシーの配慮

記事IDやカテゴリーIDにはウェブサイトの構造や管理に関する情報が含まれています。個人情報や機密情報を含むコンテンツがある場合、これらのIDを公開することでプライバシーの問題が生じる可能性があります。注意深く情報を取り扱いましょう。

意図的な公開の検討

記事IDやカテゴリーIDを表示する際は、それがウェブサイトのデザインや機能に有益であるかどうかを検討しましょう。一般のユーザーには不要な情報である場合、意図的な公開を避け、情報の整理と保護に努めます。

外部からのアクセス制限

記事IDやカテゴリーIDにアクセスできる範囲を外部から制限することで、セキュリティを向上させることができます。不正アクセスや攻撃を防ぐため、外部からの不必要な情報の取得を防止する対策を施しましょう。

WordPressの記事ID・カテゴリーIDの種類

記事IDの種類

WordPressでは各投稿やページに一意の識別子として記事IDが割り当てられます。これはデータベース内での各記事の一意の番号であり、通常は数字で表されます。例えば、新しい記事を作成すると、それに対して自動的に記事IDが割り当てられます。

カテゴリーIDの種類

カテゴリーはWordPressの投稿を組織化するために使用されます。各カテゴリーにも一意のIDが割り当てられ、これがカテゴリーIDとなります。例えば、ブログ記事をカテゴリー別に整理する場合、各カテゴリーにはそれぞれ異なるカテゴリーIDが与えられます。

WordPressの記事ID・カテゴリーIDの確認方法

記事IDの確認方法

投稿やページを編集画面で開き、ブラウザのアドレスバーに表示されているURLを確認します。例えば、https://yourwebsite.com/wp-admin/post.php?post=1234&action=editのようなURLの場合、数字の部分が記事IDです。この例では記事IDが1234になります。

カテゴリーIDの確認方法

ダッシュボードから「投稿」や「ページ」を選択し、該当の投稿やページを編集画面で開きます。右側の「カテゴリー」ボックスで、該当のカテゴリーを選択し、選択したカテゴリーの中で、URLの中に表示されている数字がカテゴリーIDです。

まとめ

WordPressの記事IDとカテゴリーIDは、管理画面やブラウザのアドレスバーを利用して簡単に確認できます。これらのIDは特定の記事やカテゴリーを素早く特定するために役立ちます。記事の編集やデータベース操作など、ウェブサイトの管理作業において重要な情報です。

よくある質問

Q.記事IDやカテゴリーIDを知る必要はありますか?

A.通常、一般のユーザーには不要な情報ですが、開発者やサイト管理者は特定の操作やデバッグの際に役立ちます。

Q.記事IDやカテゴリーIDを変更することは可能ですか?

A.いいえ、これらのIDはWordPressが自動的に生成する一意の識別子であり、手動で変更することはできません。

Q.プラグインやテーマを利用してIDを確認できますか?

A.一部のプラグインやテーマは管理画面上で記事IDやカテゴリーIDを表示する機能を提供しています。該当するプラグインやテーマの設定を確認してください。

Q.記事IDやカテゴリーIDを公開しても安全ですか?

A.一般的には問題ありませんが、セキュリティとプライバシーの観点から、意図的な公開は避けるべきです。特に個人情報を含む場合は注意が必要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/03】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ