【Amazonでビジネスを拡大】Amazonビジネスとは?|メリット・デメリットや登録について解説

Amazonビジネスとは

(ヘルプページ)

Amazonビジネスは、企業や法人向けに提供されている独自のオンラインプラットフォームです。通常の個人利用者向けのAmazonとは異なり、特有のビジネスニーズに焦点を当て、効率的でスケーラブルなソリューションを提供しています。このサービスは、様々な業種や規模の企業が商品の調達、購買、物流などを円滑かつ効果的に行うことを可能にします。

Amazonビジネスでは、法人向けに特別に設計された機能やプログラムが用意されています。これには、特別な割引、送料無料の特典、複数ユーザーアカウントの利用、請求書払いや法人用クレジットカードの選択肢が含まれます。これにより、企業はコスト削減や業務プロセスの合理化を図りながら、効率的かつ迅速に商品を入手できるようになります。

Amazonビジネスの将来性

(ヘルプページ)

Amazonビジネスの将来性は非常に高いと言えます。現代のビジネス環境では、オンラインでの調達と購買がますます重要性を増しており、Amazonはその先駆者としてビジネス向けに適したサービスを提供しています。さらに、顧客のニーズに応じた新たな機能やサービスの追加が期待され、Amazonビジネスは企業の競争力向上に寄与することでしょう。

Amazonビジネスが注力している特典や柔軟なオプションは、将来的な企業の多様なニーズに対応できるように設計されています。これにより、企業は変化する市場環境に適応し、成長を継続することができます。

Amazonビジネスのメリット

(ヘルプページ)

法人向けの特別割引でお得に購入できる

Amazonビジネスでは、法人や企業向けに魅力的な特典が用意されており、その中でも特に注目されるのが法人向けの特別割引です。この特典を活用することで、企業は大量購入や法人調達において著しいコスト削減を実現できます。

特別割引は通常の個人利用者向けの価格よりも優遇され、企業が商品やサービスを購入する際にお得な条件が適用されます。これにより、法人は必要な商品を効率的かつ経済的に調達でき、予算の範囲内でビジネスを運営することができます。

大量購入に伴う特別割引は、特に商品の規模が大きくなるほど効果が顕著です。法人向けの割引は商品カテゴリによって異なる場合もあり、さまざまな業種や業態の企業が自身のニーズに合わせて最適な特典を利用できます。

この特別割引は、Amazonビジネスを通じて企業が競争力を強化し、経済的な利益を最大化する一環となっています。企業は賢明に特典を活かし、調達プロセスをより効率的かつコスト効果の高いものとしています。

Businessプライム会員になれば送料が無料になる

Amazonビジネスの魅力の一環として挙げられるのが、Businessプライム会員になることで享受できる送料無料の特典です。通常の個人利用者がAmazonプライム会員になると、商品の送料が無料になることは広く知られていますが、ビジネスプライム会員になることで法人や企業も同様にこの特典を享受できます。

送料無料の特典は、企業が商品を効率的に調達し、物流プロセスを最適化する上で非常に重要です。大量購入や頻繁な発注があっても、送料の心配がなくなることで物流コストを抑え、予算を効果的に活用できます。また、急な発注やプロジェクトの緊急性が高まった際にも、迅速かつコスト効率的に商品を手に入れることが可能となります。

この特典はさらなるビジネスの効率化を促進し、競争力の向上に寄与します。企業はビジネスプライム会員として登録することで、迅速な調達と物流の円滑な進行を実現し、ビジネスの成功につなげることが期待されます。

請求書払い、法人用クレジットカードを選択できる

Amazonビジネスは、企業や法人が利用する際に支払いプロセスを柔軟に対応できるよう、請求書払いや法人用クレジットカードの利用を選択できる独自のオプションを提供しています。

まず、請求書払いは企業が商品やサービスを購入した際に、後日請求書を受け取り、指定された期日までに支払う仕組みです。これにより、企業は即座に資金を出さずに商品を手に入れることができ、予算管理がしやすくなります。大口の購買や定期的な発注がある場合、請求書払いは効果的な支払い手段となります。

また、法人用クレジットカードを利用することで、ビジネスアカウントの支払いをクレジットカードで行うことができます。これにより、企業は簡単かつ安全に支払いを行い、同時にクレジットカードの利用に伴うポイントや特典を享受することも可能です。

これらの支払いオプションは企業の購買プロセスを効率化し、適切な支払い手段を選択できることでビジネスの運営をスムーズにします。柔軟性と利便性を兼ね備えた支払い手段は、企業にとってAmazonビジネスを選択する魅力の一環となっています。

複数ユーザーで利用出来る

Amazonビジネスでは、同一のアカウントを複数のユーザーが利用できるため、ビジネスチーム内での協力や管理が効果的かつ容易になります。この機能はビジネス環境において、チームでの購買プロセスをスムーズかつ効率的に進める上で重要な特典となっています。

複数ユーザーアカウントの活用により、異なる部門やチームメンバーが同じアカウントを利用して、必要な商品やサービスの調達を行うことができます。これにより、チーム内での情報共有が円滑化し、重複した作業や誤解を防ぐことができます。

管理者はアカウントのアクセス許可を調整でき、従業員ごとに異なる権限を与えることが可能です。これにより、購買の制限や承認プロセスの設定が容易になり、予算管理や経費のトラッキングがより効果的に行えます。

また、共有されたアカウントを利用することで、チームメンバーは同じアカウント内での購買履歴や注文状況をリアルタイムで把握しやすくなります。これはビジネスプロセスを透明化し、効率向上に寄与する要素となっています。複数ユーザーで利用できる機能は、Amazonビジネスを利用する企業にとって、チーム協力と管理の効率性を向上させる重要な側面となっています。

Amazonビジネスのデメリット

(ヘルプページ)

BusinessプライムはAmazonプライムのサービスを利用できない

Amazonビジネスプライム会員である場合、一部のAmazonプライムの特典を利用できない点に留意が必要です。通常の個人利用者向けのAmazonプライム会員は、迅速な配送、Amazonプライムビデオ、プライムミュージックなど多彩なサービスにアクセスできますが、これに対してビジネスプライム会員は一部制約があります。

ビジネスプライムは、法人や企業向けに設計されたサービスであり、主な焦点は効率的な調達とビジネスプロセスの最適化にあります。そのため、特定のビジネス向け特典が提供される反面、Amazonプライムのエンターテイメントや個人利用向けの特典に制限がかかります。

例えば、ビジネスプライム会員はAmazonプライムビデオやプライムミュージックを利用することができません。このため、従業員や会社全体のエンターテイメントニーズを満たす場合には、別途のプライム会員購入が必要です。

ビジネスプライムを検討する際には、具体的なサービスの提供範囲や制約について理解し、会社のニーズに適したプランを選択することが重要です。注意深く特典と制約を確認することで、効果的な調達とビジネス運営を実現できるでしょう。

無料会員は2,000円未満の購入に送料がかかる

Amazonビジネスの無料会員は、一部の制約を考慮する必要があります。特に、購入額が2,000円未満の場合には送料が発生するため、注意が必要です。

無料会員の場合、商品の購入金額が一定額未満の場合には通常、標準の送料が適用されます。このため、小額の発注や急な必要に迫られた場合など、2,000円未満の取引が生じる可能性があります。

企業や法人が頻繁に小口での発注を行う場合、送料が加算されることが経費に影響を与える可能性があります。この制約を理解し、予算や調達プロセスを適切に調整することで、効果的なビジネス運営が期待できます。

また、この送料に関するルールはAmazonビジネスの利用において重要な情報の一つであり、企業はこれを踏まえて戦略的な発注プランを策定することが求められます。従って、無料会員が利用する際には、商品の購入金額や送料に関するポリシーを確認し、適切な調達戦略を構築することが肝要です。

一つのアカウントでAmazonプライムとBusinessプライムを併用できない

Amazonビジネスを利用する際に留意すべきなのは、同一のアカウントでAmazonプライムとBusinessプライムを同時に利用することはできないという点です。これらのサービスはそれぞれ異なるニーズに対応するため、別々のアカウントを作成する必要があります。

Amazonプライムは主に個人向けのサービスであり、迅速な商品の配送、Amazonプライムビデオ、プライムミュージックなどのエンターテイメント特典を提供しています。一方で、Businessプライムは法人や企業向けに設計され、法人特有の調達ニーズに対応する特典が付いています。

このため、同一のアカウントでこれらを併用することはできず、ビジネスと個人利用を別々に管理する必要があります。これにより、従業員や管理者がそれぞれのアカウントを使用し、適切なサービスを利用できるようになります。

ビジネスプライムを導入する際には、法人のニーズや利用者の要件に基づいてアカウントを作成し、効果的なビジネス調達を実現することが大切です。アカウントの使い分けにより、それぞれの特典を最大限に活用し、スムーズな調達プロセスを確立できます。

設定者に購入履歴を見られる

Amazonビジネスを利用する際、アカウントの設定者にはビジネスアカウント内の購入履歴を閲覧する権限が与えられています。これはビジネスアカウントの管理や調達プロセスの透明性を確保する一環として設計されていますが、同時にプライバシーに留意する必要があります。

購入履歴には従業員や部門がどの商品を購入したかが記録されており、これが設定者によって閲覧されることで、ビジネス活動や調達の把握が容易になります。しかし、この情報は企業内での機密性を考慮しなければなりません。

ビジネスアカウントの利用者は、個々の購入が特定される可能性があるため、設定者による購入履歴の閲覧に対して慎重なアプローチが求められます。特に、機密性が重要な場合や従業員のプライバシーを保護する必要がある場合は、アカウントの設定と権限の管理に十分な注意が必要です。

ビジネスアカウントの適切な設定により、調達プロセスの透明性を維持しつつも、機密性やプライバシーを保護することができます。企業はこれらの側面をバランスよく考慮し、ビジネスプロセスを円滑に運営するためのガイドラインを確立することが重要です。

Amazonビジネスへの登録方法

1.メールアドレス登録

まずはAmazonビジネス登録ページへアクセスし「無料登録はこちら」をクリックします。

続いてEメールアドレスを登録後「ビジネスアカウントを作成する」を押します。

その後はAmazonの利用が初めてか否かで登録手順が変わるため、該当する手順で進めていきましょう。

<Amazonの利用が初めての場合>

名前とパスワードを入力して「次へ進む」をクリック。

これでメールアドレス登録は完了です。

<既にメールアドレス登録がある場合>

「このメールアドレスは既に個人アカウントで利用中です」と表示されます。

個人アカウントのメールアドレスをビジネスアカウントへ移行する場合はこのまま手続きを進めます。

万が一新しいアドレスでビジネスアカウントを作りたくなったら、戻って「Amazonの利用が初めての場合」から設定していきましょう。

これでメールアドレス登録は完了です。

2.法人情報登録

アドレスの登録完了後は法人情報登録です。

担当者氏名・会社名・住所などを入力し、個人事業主の場合は必要書類を添付していきます。

担当者氏名と会社名はそれぞれ正式名称を記載。

住所は法人の方は本社、個人事業主は事務所の所在地を入力していきます。

一通り入力が終わったら登録完了です。

※この段階でビジネスプライムへの加入ができます。

3.審査

登録完了後は審査に移ります。

「通常3営業日以内に連絡いたします」と記載されているものの、当日に連絡が来るケースも多いです。

審査が問題なく終了したらAmazonビジネスを利用していきましょう。

Amazonビジネス利用時の3つの注意点

無料会員は配送料が発生する

無料会員は配送料が発生する

Amazonビジネスの無料会員は、一部の購入には配送料がかかる点に留意が必要です。通常、無料会員の場合、商品の購入額や特定の条件を満たさない場合には、標準の送料が適用されることがあります。このため、購入前に送料の有無や条件を確認することが重要です。

企業が小口での購入を行う場合や、商品の価格が一定額未満の場合、送料が発生することがあります。この送料には地域や配送オプションによって異なる場合がありますので、注文前に確認しておくことで、予算やコストの管理がしやすくなります。

無料会員が効果的にAmazonビジネスを利用するには、送料に関するポリシーを理解し、必要に応じて発生する可能性のある送料を考慮に入れることが求められます。特に、頻繁に商品を購入する企業や小口での発注が多い場合には、送料に対する対策や戦略を検討することが、効率的なビジネス運営に寄与します。

個人事業主は審査がある

ビジネスプライム会員になるためには、個人事業主も審査が課されます。この審査は、ビジネスプライム会員として法人や企業向けの特典を利用する際に、信頼性や法的な適格性を確認するためのものです。個人事業主がこの審査を通過することで、ビジネスプライムの利用が可能になります。

審査には、個人事業主の登録証や事業に関する書類、所得証明書、法人番号などが必要な場合があります。これらの書類や情報を準備しておくことで、審査プロセスがスムーズに進みます。また、ビジネスプライムの審査は一般的に法人の場合よりも簡略化されていますが、それでも所定の手続きが必要です。

個人事業主がビジネスプライムを利用することで、法人向けの特典や割引を享受しながら、効率的な調達プロセスを構築できます。ただし、審査を通過するためには適切な書類を提出し、信頼性を示すことが求められます。

アカウント移行による注意点

Amazonビジネスにおいてアカウントを移行する際には、特に慎重さが求められます。アカウントの移行は、従業員や管理者が変更に適応し、業務に影響が及ばないようにスムーズに遷移することが目的です。以下にアカウント移行における注意点を示します。

まず、事前に移行に関するガイドラインや手順を把握しましょう。Amazonは移行プロセスに関する詳細な情報を提供しており、これに従うことで問題を未然に防ぐことができます。移行の手順やタイミングに注意を払い、スケジュールを確認することが大切です。

また、アカウント移行が影響を与える可能性がある業務プロセスや従業員へのコミュニケーションを重視しましょう。従業員に対して変更点や新しい機能のトレーニングを提供することで、移行後の円滑な業務遂行が期待できます。

セキュリティも重要なポイントです。アカウントのアクセス権限やセキュリティ設定は移行後も適切に維持する必要があります。従業員のアクセス情報やパスワードの変更を確実に行い、セキュリティの脆弱性を排除しましょう。

アカウント移行は、ビジネスプロセスにおいて大きな変革をもたらす一瞬です。注意深く計画し、関係者への適切なコミュニケーションを図りつつ、ガイドラインに従って遷移を行うことで、Amazonビジネスの効果的な利用を継続できます。

Amazonビジネスに関する本記事のまとめ

Amazonビジネスは、法人や企業向けに提供されているサービスであり、通常の個人利用者向けのAmazonとは異なる特典が用意されています。特に法人向けの特別割引やビジネスプライム会員による送料無料など、ビジネスニーズに合わせた機能が提供されています。

また、法人向けの特典として請求書払いや法人用クレジットカードの選択、複数ユーザーでの利用が可能であり、これらはビジネスプロセスの効率化に寄与します。ただし、ビジネスプライムはAmazonプライムの一部のサービスを利用できないなど、注意すべき点も存在します。

無料会員においては、2,000円未満の購入に送料がかかるなどの制約があります。個人事業主がビジネスプライム会員になる際には審査があり、必要な書類を用意する必要があります。

アカウント移行においては、ガイドラインに従い慎重に進め、関係者への適切なコミュニケーションとセキュリティの確保が重要です。

Amazonビジネスに関するよくある質問

Q:Amazonビジネスとは何ですか?

A:Amazonビジネスは、法人や企業向けに提供されているAmazonのサービスであり、特別な割引やビジネス向けの特典が含まれています。

Q:ビジネスプライムとは何ですか?

A:ビジネスプライムは、法人向けのAmazonプライムであり、送料無料や法人特有のサービスが提供されています。

Q:無料会員とはどう違いますか?

A:無料会員は一部の制約があり、2,000円未満の購入には送料がかかります。ビジネスプライムは法人向けの特典が充実しています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ