【Amazon担当者必見】Amazonの売上が上がらない理由とは|Amazonの売上Upに関するポイントについて解説

Amazonで商品が売れなくなった時の考えられる原因

ヘルプページ

季節性が悪い時期になった

季節性が悪い時期になった場合、商品の売れ行きが低下する可能性があります。季節性のある商品は、通常、特定の時期やイベントに関連して需要が高まります。例えば、冬季には冷暖房器具や冬用アウターが、夏季にはクーラーなどが需要されることがあります。

商品が季節に合わない場合、顧客はそれに対する関心やニーズが低くなり、購買意欲が低下します。例えば、夏季に対応した商品を秋冬に販売していると、需要の不足が生じやすいです。

このような場合の対策として、季節に合わせた商品のラインナップを検討し、需要の低い時期には在庫を調整することが重要です。また、季節外れの商品でも需要がある場合は、セールやキャンペーンを活用して販促を図ることも考えられます。継続的な市場調査と顧客のフィードバックを受け入れ、柔軟に対応することが、季節性に左右されない持続的なビジネス展開の鍵となります。

悪いレビューが付いた

悪いレビューが商品についた場合、それは購買意欲に直結し、売り上げに否応なく影響を与える可能性があります。顧客は他のユーザーの経験や意見に敏感であり、悪い評価があると商品への信頼性が低下します。

まず第一に、その悪い評価の理由を的確に把握しましょう。商品の品質、配送の問題、説明不足など、様々な要因が原因となっている可能性があります。顧客からのフィードバックを真摯に受け止め、問題点を改善することが重要です。

改善策として、商品の説明や仕様を明確にし、期待値を正確に伝えることが挙げられます。また、問題が発生した場合には、素早くかつ適切に対応し、顧客サービスの品質向上を図りましょう。顧客が満足する解決策を提供することで、悪い印象を軽減し、再度の購買を促進できます。

定期的なレビューのモニタリングや顧客満足度調査を通じて、悪い評価の予防策や改善点を洗い出し、継続的な品質向上に努めることが、商品の信頼性向上と売り上げの安定に繋がります。

価格設定を間違えている

商品の価格設定が適切でない場合、競合商品との比較が重要です。価格が高すぎたり低すぎたりすると、購買意欲の低下や売り上げに悪影響が及ぶ可能性があります。

まず、競合商品と同等の品質や機能を提供しているかを確認し、それに基づいて価格を設定しましょう。価格が高い場合、同等の価値を提供できていないと顧客に受け取られる可能性があります。逆に価格が低すぎると、製品の品質や価値が疑われ、ブランドの信頼性が損なわれることがあります。

市場調査や競合分析を通じて、同類の商品がどの価格帯で売られているかを理解しましょう。顧客が商品に対して期待する価格帯や付加価値も考慮に入れ、競争力のある価格を見つけることが大切です。

価格を変更する際には、慎重に行い、顧客に変更の理由や付加価値を明示することが必要です。価格戦略は柔軟で、市場の変化に合わせて調整することが重要です。常に競合状況や顧客のフィードバックをモニタリングし、適切な価格設定を維持することで、売り上げの最大化が期待できます。

新規出品者

新規出品者である場合、信頼性の低さが顧客の購買意欲に影響を与える可能性があります。多くの顧客は既知のブランドや長い実績のある出品者に安心感を抱き、新規出品者に対しては不安を感じることがあります。

信頼を築くためには、まず商品情報の充実が重要です。詳細で正確な商品説明や画像、仕様の提供は、顧客に商品の特徴や品質を理解させる助けになります。透明性を保ち、商品に関する疑問や不明点に迅速かつ誠実に対応することが信頼構築の第一歩です。

また、良好な顧客サービスも信頼性を高める重要な要素です。問い合わせへの迅速な回答や、トラブル時の迅速な解決が、顧客に安心感を与えます。明確な返品ポリシーや保証の提供も、新規出品者が信頼を構築するうえで役立ちます。

顧客のレビューや評価も信頼性の指標となりますので、積極的に顧客の声を受け入れ、フィードバックに基づいた改善を行うことも大切です。継続的な良好な取引を通じて、顧客との信頼関係を築くことが、新規出品者が成功する鍵となります。

需要のない商品

需要が低い商品は市場での競争が激しく、購買意欲が低いため売り上げが伸びにくい傾向があります。商品の需要を高め、販売を促進するためには、市場調査を行い、消費者のトレンドや需要の変化を正確に把握することが不可欠です。

まず、商品が属する市場やカテゴリにおいてどのような商品が求められているかを分析しましょう。トレンドや季節の変動に敏感に対応し、需要が高まる傾向にある商品を提供することで、売り上げ向上が期待できます。また、競合商品と比較して自社商品の差別化ポイントを見つけ、顧客に独自性をアピールすることも大切です。

商品のニーズが低い場合には、改良やバリエーションの追加、新しい機能の導入などを検討してみてください。また、積極的なマーケティングやプロモーションを通じて、商品の存在をアピールし、顧客の関心を引くよう努力することが必要です。

最も重要なのは、常に市場動向を把握し、迅速に対応することです。需要の変化やトレンドに適応する柔軟性が、商品が市場で成功するために欠かせない要素です。

Amazonで売れなくなった時にできる効果的な対処法

ヘルプページ

カートボックスを取得する

カートボックスの取得は、商品の販売促進に効果的な手段です。カートボックスとは、Amazon上で商品が顧客のショッピングカートに追加された際に表示される特別な枠のことであり、この表示が購買意欲の向上につながります。

まず、カートボックスは商品の視認性を飛躍的に向上させる要素です。顧客が商品をカートに追加すると、同梱商品や関連商品がカートボックスに表示され、他の選択肢を提案できます。これにより、購買の追加商品を促進し、単一の商品だけでなく複数の商品を購入してもらう可能性が高まります。

また、カートボックスに表示される商品は、顧客が興味を持っていると考えられるため、その商品に対する購買意欲が高いです。このため、カートボックスを獲得することで、商品の露出が増し、販売の機会が拡大されます。

カートボックスの取得には、競合他社との差別化やプロモーションの効果を最大限に引き出す戦略が必要です。セールや特別価格の提供、バンドル販売など、購買を促進する施策を組み合わせて活用することで、カートボックス取得がより効果的な販売戦略となります。総じて、カートボックスの取得は、商品の露出向上と購買意欲の向上に寄与する重要な手法と言えます。

プライムマークを付ける

 プライムマークを商品に付与することは、購買意欲を高める強力な手段です。プライムマークはAmazonプライム会員向けの特典を示すマークであり、これを商品に表示することで、顧客は素早い配送と迅速なサービスを期待できるため、商品に対する信頼感が向上します。

迅速な配送は現代のオンラインショッピングにおいて非常に重要な要素です。プライムマークを付けることで、購入した商品が迅速に届くことが期待され、これが購買決定に強い影響を与えます。特に急いでいる商品や緊急性のある購買に対して、プライムマークが顧客の購買意欲を刺激することがあります。

プライム会員向けの特典であるため、プライムマークを持つ商品は他の商品よりも優遇されることがあり、顧客はこの特典を活かしてより迅速で安心なショッピング体験を求めます。商品にプライムマークを表示することで、他の競合商品と比較して利便性が際立ち、購買意欲を引き上げることが期待できます。

総じて、プライムマークは商品ページにおいて信頼性とサービスの向上を象徴し、これが購買意欲を高め、商品の競争力を強化する役割を果たします。

SEO対策

SEO対策はAmazonにおける商品の成功に不可欠です。商品説明やキーワードの最適化を行うことで、検索エンジンによって商品がより正確かつ効果的に検索結果に表示され、顧客の目に留まりやすくなります。

まず、商品説明の充実が大切です。詳細で魅力的な商品説明を提供することで、顧客は商品の特長や利点を理解しやすくなります。同時に、検索エンジンもこれらのキーワードを把握しやすくなり、関連する検索クエリに適切に反応します。

キーワードの最適化も欠かせません。顧客が商品を検索する際に使用されるキーワードを的確に把握し、これを商品タイトルや説明文に組み込むことで、検索結果でのランキングを向上させます。ただし、自然で読みやすい形でキーワードを組み入れることが重要です。

商品画像もSEOにおいて重要な要素です。適切なファイル名やALTテキストを使って、画像に関連するキーワードを含めることで、検索エンジンが画像を正確に理解しやすくなります。

総じて、商品ページ全体を包括的に最適化し、検索エンジンと顧客の両方に対応する情報を提供することが、SEO対策の成功に繋がります。定期的な調整や市場動向のモニタリングも大切にし、競争激しいオンライン環境において高い可視性を確保しましょう。

Amazon広告

Amazon広告を効果的に活用することは、商品の売り上げ向上に直結する重要な手段です。有料広告を利用することで、商品はターゲットにした広告キャンペーンにより、より多くの顧客の目に触れやすくなります。

まず、広告キャンペーンを展開する際には、目標を明確に設定しましょう。例えば、売り上げの増加、ブランドの認知度向上、新規顧客獲得など、具体的な目的に基づいたキャンペーン戦略を構築します。キーワードの選定や広告の掲載位置など、戦略的な配信設定も考慮することが大切です。

商品の特長や利点を強調したクリエイティブな広告コンテンツを作成し、それに合わせて的確なキーワードを設定することで、ターゲットとなる顧客層にアプローチしやすくなります。また、Amazon広告のデータ分析ツールを活用して、キャンペーンの効果をモニタリングし、必要に応じて最適化を行います。

広告投資対効果(ROAS)を確認しながら、キャンペーンの予算を調整していくことで、コスト対効果の高い広告運用が可能です。定期的なキャンペーンの見直しや改善を通じて、市場の変動や競合状況に柔軟に対応し、継続的な売り上げ向上を実現します。総じて、Amazon広告は戦略的かつ計画的な運用が成功の鍵となり、効果的な販売促進手段と言えます。

他の商品を探す

商品の売り上げを拡大するためには、他の商品を探す戦略が有益です。市場の変化や新たな需要に迅速に対応し、トレンドに沿った商品を提供することが重要です。これにより、商品ラインナップが幅広くなり、顧客の多様なニーズに対応できます。

まず、市場調査を通じて競合商品や新興ブランド、消費者の嗜好に関する情報を収集します。これにより、新しい商品のアイディアや需要の方向性を把握しやすくなります。また、顧客のフィードバックやレビューを積極的に収集し、それを商品開発や改善に活かすことも大切です。

トレンドに敏感で、季節やイベントに合わせた商品を迅速に導入することがポイントです。時には他のカテゴリーへの進出も検討し、新たな市場を開拓することで競争力を強化します。商品の特長や付加価値を強調し、他の商品との差別化を図りながら、幅広い商品展開を行います。

また、販売データや分析ツールを活用して、どの商品が顧客に好まれているかを把握し、売れ筋商品に注力するとともに、売り上げが伸び悩む商品に対しては改善策を検討します。

商品ラインナップの多様化により、既存顧客のリピート率向上や新規顧客の獲得が期待でき、これが総合的な売り上げの拡大に寄与します。

Amazonでオリジナル商品が売れない理由

Amazonでオリジナル商品が売れない理由は様々です。競合が激しくなかなか目立たない、マーケットプレイス内での露出が不足している、商品説明や画像が魅力的でない、価格競争が厳しいなどが挙げられます。また、ブランドの信頼性が低い場合や、顧客ニーズに合わない商品設計なども影響を与えます。これらの要因を克服するためには、差別化戦略やマーケティング施策、顧客のフィードバックを活かした改善が必要です。

Amazonでオリジナル商品が売れないときの対処法

ヘルプページ

魅力的な商品カタログ作り

魅力的な商品カタログを作成することは、オリジナル商品の売り上げを促進する鍵となります。商品の特長や利点を明確に伝えることは、顧客に商品の魅力を理解しやすくし、購買意欲を高める一因となります。

まず、商品の優れた特徴を強調するために、クリエイティブで情報豊富な商品説明を提供しましょう。具体的で分かりやすい言葉を使い、製品の使い道や利点を詳細に説明することで、顧客は商品に対する期待値を高めやすくなります。

また、魅力的な商品画像も重要です。高品質かつ魅力的な画像は視覚的な印象を与え、商品に対する信頼感を高めます。複数のアングルから商品を見せることや、実際の使用シーンを紹介することで、顧客は商品の魅力をより具体的に感じることができます。

商品ページにはレビューや評価も掲載し、他の顧客の実際の体験を共有することで信頼性を向上させましょう。また、プロモーションや特別なオファーを強調することも、購買決定にプラスの影響を与えます。

総じて、商品カタログは顧客と直接対話する場として重要です。魅力的で情報満載な商品ページを構築し、顧客が商品に興味を持ち、購買へと繋がるような環境を整えることが、オリジナル商品の売り上げ拡大に繋がります。

競合の類似商品との差別化

競合の類似商品との差別化は、オリジナル商品が市場で成功するための重要な要素です。同じカテゴリーの商品が多く存在する中で、独自性を見出し、それを強調して顧客にアピールすることで、商品の特徴が際立ちます。

まず、競合商品と比較して自社商品の独自性を明確に把握しましょう。製品の特長や利点、デザインの優位性、素材の品質など、他の商品と異なる点を見つけ出します。これにより、差別化ポイントが明確になり、それを強調することで顧客の注目を集めることができます。

次に、差別化をアピールするためのプロモーション戦略を構築します。ウェブサイトや商品ページで独自の特長を強調したり、広告キャンペーンで差別化ポイントを前面に押し出したりすることが重要です。顧客にとってなぜ自社商品が他と異なるのかを理解させ、その独自性に興味を持ってもらうことが目的です。

また、差別化の一環として、ブランディングにも注力します。商品のユニークな価値観やストーリーを伝えることで、顧客は商品だけでなくそのブランドにも共感を覚えやすくなります。

総じて、競合の類似商品との差別化は市場での差異化を生み出すため、注意深く戦略を練り、独自の価値を際立たせることがオリジナル商品の成功につながります。

顧客満足度を高める

顧客満足度を高めることは、オリジナル商品の成功において不可欠です。まず、商品品質を向上させることが大切です。信頼性のある素材や製造プロセスの選定、検品の徹底などにより、顧客は商品に対する信頼感を抱きやすくなります。品質の高さは、商品の評判やレビューを通じて広まり、新規顧客の獲得にも寄与します。

サービスの向上も顧客満足度向上の鍵です。迅速かつ誠実なカスタマーサービスを提供し、顧客の問い合わせや問題解決に素早く対応することが大切です。また、購買後のフォローアップやアフターケアも忘れずに行い、顧客が商品を購入した後も安心感を提供します。

定期的なフィードバックの収集も顧客満足度向上に役立ちます。商品に関するアンケートやレビューから得られる情報を活かして、改善点や新しいアイディアを導入することで、顧客の期待に応える商品やサービスを提供できます。

顧客満足度の向上はリピート購買を促進し、口コミや評判を通じて新規顧客の獲得にも寄与します。良好な顧客体験はブランドの信頼性を高め、競争激しい市場で差別化を図る重要な手段です。

スポンサープロダクト広告の活用

スポンサープロダクト広告の活用は、自社商品の効果的なプロモーションとターゲット顧客へのアプローチにおいて有益です。まず、スポンサープロダクト広告はAmazon上で目立つ位置に商品を配置するため、検索結果ページや関連商品の中で目に留まりやすくなります。

広告キャンペーンを開始する際には、ターゲットとなる顧客層を明確に定義しましょう。対象とするキーワードや検索クエリに基づいて的確な広告表示を行うことで、興味を持つ可能性の高い顧客にアプローチできます。

広告コピーやクリエイティブなデザインも重要です。商品の特長や利点を魅力的に伝え、顧客の興味を引くような広告を構築します。また、競合他社との差別化ポイントを強調し、なぜ自社商品が選ばれるべきかを明確に伝えることがポイントです。

キャンペーンの運用中は、データ分析を行いながら広告の効果をモニタリングし、必要に応じて調整を行います。広告のクリック率やコンバージョン率などの指標を確認しながら、最適な広告戦略を見つけ出します。

総じて、スポンサープロダクト広告の活用は、目標の達成や商品の露出向上に寄与します。戦略的なキャンペーン設計と柔軟な運用を通じて、自社商品の広告が効果的にターゲット顧客に届き、売り上げ向上につながるでしょう。

Amazonでの販売売上に関する本記事のまとめ

本記事では、Amazonでの販売売上の低下に影響する主な原因と、それに対処する有効な方法に焦点を当てました。季節性の悪い時期や悪いレビュー、価格設定の誤り、新規出品者、需要のない商品などが売上減少の要因として挙げられます。対処法として、カートボックス取得やプライムマークの活用、SEO対策、Amazon広告の使用、他の商品の検討が挙げられました。オリジナル商品の売上向上には、魅力的な商品カタログ、競合商品との差別化、顧客満足度向上、スポンサープロダクト広告の活用が重要です。これらのアプローチを組み合わせ、状況に応じた戦略を展開することがAmazonでの販売売上向上の鍵です。

Amazonでの販売売上に関するよくある質問

Q:売上が伸び悩んでいる時、最初に確認すべきポイントはありますか?

A:はい、まず季節性や商品のレビュー、価格設定、出品者情報、需要の有無など、売上に影響を与える可能性のある要因を詳細に確認することが重要です。

Q:カートボックスを取得するメリットは何ですか?

A:カートボックスを取得することで、商品がより目立ち、購買意欲が高まります。顧客がショッピングカートに商品を追加しやすくなり、売上向上につながります。

Q:スポンサープロダクト広告の予算設定に注意すべきポイントはありますか?

A:はい、広告予算は戦略的に設定する必要があります。ROAS(広告費対売上高)を考慮して適切な予算を設け、キャンペーンの効果をモニタリングして最適化することが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ