様々な媒体を活用するマーケティング手法、クロスメディアマーケティングについて、事例と共に紹介します

クロスメディアマーケティングとは

概要

クロスメディアマーケティングとは、複数のメディアチャネルを利用して、ターゲットとなるユーザーにリーチし、エンゲージするマーケティング戦略です。さまざまなメディアを利用することで、ターゲットオーディエンスの心に響く、まとまりのある一貫したメッセージを作成することができます。クロスメディアマーケティングでは、印刷物、テレビ、ソーシャルメディア、Eメールなど、さまざまなチャネルを通じてターゲットにリーチすることができます。複数のチャネルを利用することで、ターゲットがあなたのメッセージを見て行動を起こす可能性を高めることができるのです。

クロスメディアマーケティングのメリット

リーチの増加

利点の1つは、より多くの人々にリーチできることです。複数のチャネルを利用することで、他のチャネルではあなたのメッセージを目にすることがなかったような人々にもリーチすることができます。

ブランドの強化

クロスメディアマーケティングでは、すべてのチャネルで一貫したメッセージを提供することができます。これにより、ブランドを強化し、ブランド認知度を高めることができます。

キャンペーンの成功の追跡・測定

クロスメディアマーケティングでは、キャンペーンの成功を追跡・測定することができます。アナリティクスやその他のトラッキングツールを使用することで、どのチャネルが最も効果的かを判断し、それに応じて戦略を調整することができます。

クロスメディアマーケティングの事例

ナイキ

ナイキの「Just Do It」キャンペーンがあります。このキャンペーンでは、テレビ広告、印刷広告、ソーシャルメディアを駆使して、ナイキの製品とブランドを訴求しました。このキャンペーンが成功したのは、複数のチャネルを使って幅広い層にリーチし、すべてのチャネルで一貫したメッセージを提供したためです。

コカ・コーラ

コカ・コーラでは「シェア・ア・コーク」キャンペーンという物があります。このキャンペーンでは、コーラのボトルや缶に人気のある名前をパーソナライズしたラベルを貼り、コーラを買って、ラベルに名前が書かれている人とシェアすることを促しました。このキャンペーンでは、テレビ広告、ビルボード、ソーシャルメディアが使用されたのです。

オールドスパイス

オールドスパイスでは「The Man Your Man Could Smell Like」キャンペーンという物があります。このキャンペーンでは、ユーモラスなCMシリーズがソーシャルメディア上で大流行したのです。シャツを着た男性がオールドスパイスのボディソープを宣伝する広告で、テレビ広告、ソーシャルメディア、インタラクティブなビルボードを通じてキャンペーンが展開されたのです。

まとめ

クロスメディアマーケティングは、複数のメディアチャネルを利用してターゲットとなるユーザーにリーチし、エンゲージする強力なマーケティング戦略です。クロスメディアマーケティングキャンペーンを成功させるためには、ターゲットオーディエンスの理解、メディアチャネルの適切な組み合わせ、すべてのチャネルで一貫したメッセージを提供すること、そしてアナリティクスやその他のトラッキングツールを使ってキャンペーンの成功を追跡・測定することが重要となります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ