【プランニングの魔法】2023年最新プランナー向けアイデア書籍のおすすめ

プランニングの基本原則とは

成功したプランニングにはいくつかの基本原則が存在します。これらの原則に焦点を当て、効果的なプランニングを行うための要点を紹介します。

目標の明確な設定

プランの出発点として、具体的かつ明確な目標を設定することが重要です。目標がクリアであれば、プランニングの方向性も明確になります。

優先順位の設定

多くの場合、リソースや時間は限られています。優先順位を設定し、重要なタスクに集中することで、効率的かつ効果的なプランが実現します。

リアルな期待値の設定

目標達成には現実的な期待値の設定が欠かせません。リソースや状況を考慮し、現実的な目標を定めることで、成功への道が開けます。

柔軟性と調整

計画が進行する中で状況が変わることは避けられません。柔軟性を持ち、必要に応じて計画を調整することが成功への鍵となります。

コミュニケーションと協力

プランニングは単独で行うものではありません。効果的なコミュニケーションと協力が、チーム全体を一丸となって成功に導きます。

クリエイティブなアイデアを引き出すテクニック

プランナーにとってクリエイティブな発想は重要です。以下はアイデアを引き出すためのテクニックです。

アイデア・マッピング

アイデアを視覚的に整理し、新たな関連性を見つける手法。ノートやホワイトボードを使って活用できます。

ブレインストーミングセッション

アイデアを自由に出し合うセッション。他のメンバーとの対話を通じて新たな視点を得ることができます。

逆転の発想

通常の思考パターンを逆転させ、新しいアプローチやアイデアを生み出す手法。

アナロジーを活用

他の分野や業界の成功事例から学び、それを自身のプランに応用する方法。

視覚的な刺激の活用

画像やデザイン、グラフィックスを活用して、視覚的な刺激からアイデアを引き出す手法。

モーフォロジカル分析

問題や課題を構造的に分解し、それぞれの要素に対するアイデアを生み出す分析手法。

プランナーのための効果的な時間管理術

時間を効果的に管理することはプランナーにとって重要です。以下は時間管理のためのテクニックです。

目標設定と優先順位付け

明確な目標を設定し、優先順位を付けて重要なタスクに優先的に取り組む手法

時間のブロック化

同様の作業をまとめて一気に進める「時間のブロック」を作ることで、集中力が向上します。

デッドラインの設定

プロジェクトやタスクごとにデッドラインを設定し、時間内に成果を出すよう励まします。

タイムボックス法の利用

固定の時間枠(タイムボックス)を設け、その中で作業を行う手法。集中力を高める効果があります。

優先事項の認識

重要なタスクや緊急な事項を認識し、それに優先して時間を割くことで、効率的な作業が可能です。

集中力の向上

外部の妨害を避け、作業に集中することで生産性が向上します。

休憩の取り方

適切なタイミングでの休憩は集中力の維持につながります。計画的な休息を組み込むことが重要です。

チームプランニングにおける成功の秘訣

チームでのプランニングには特有のアプローチが求められます。以下は成功するチームプランニングの秘訣です。

共通の目標の確率

チームメンバーが共有する共通の目標を確立し、それに向けて協力することでチーム全体の効率が向上します。

適切な役割分担

各メンバーの得意分野や強みを活かした適切な役割分担が、効果的なチームプランニングの鍵です。

オープンなコミュニケーション

チームメンバー間のオープンなコミュニケーションが円滑なプランニングにつながります。意見交換やフィードバックが重要です。

定期的な進捗報告とフィードバック

進捗報告とフィードバックを定期的に行うことで、問題や課題の早期発見と解決が可能となります。

柔軟性と調整能力

チームは変化する状況に対応する柔軟性と調整能力を持つことが重要です。計画の修正や適応が求められます。

共有のツールの活用

プロジェクト管理ツールやコラボレーションツールを効果的に活用し、情報共有や作業効率の向上を図ります。

成果の共有と認知

チーム全体の成功は成果を共有し、メンバーの認知と評価が得られることでより一層意義深いものとなります。

プランニングの未来を見据えるトレンド分析

プランナーは常に未来を見据え、トレンドを理解する必要があります。以下は注目すべきトレンド分析です。

デジタル化とテクノロジーの進化

デジタル技術の進化により、プランニングプロセスが効率化され、新たな手法やツールが登場しています。

リモートワークの普及

テクノロジーの進歩により、リモートワークが一層普及。柔軟な働き方が求められています。

環境・社会・ガバナンス(ESG)の視点

企業や組織はESGに焦点を当て、環境への貢献や社会的な側面をプランに組み込む傾向が強まっています。

データセキュリティとプライバシー保護

デジタルデータの取り扱いにおいて、セキュリティとプライバシーの保護がますます重要視されています。

アジャイルなアプローチの普及

アジャイルな開発手法やプロジェクト管理手法が普及し、柔軟性と迅速な対応が求められています。

持続可能なビジネスモデルの構築

環境への配慮や社会的な側面を考慮した持続可能なビジネスモデルの構築が注目されています。

クラウドベースのプランニングツールの発展

クラウドベースのプランニングツールが進化し、柔軟性とリアルタイムな共同作業が可能になっています。

プランナー向けアイデア書籍5選!

お待たせしました。ここで、プランナーにおすすめのアイデア書籍をご紹介します。

『アイデアのつくり方』 byジェームス W.ヤング

『アイデアのつくり方』は、ジェームス W. ヤングによって執筆された書籍で、アイデアを生み出すプロセスに焦点を当てています。以下は、この本の概略です。

アイデアの本質と重要性

本書では、アイデアがなぜ重要であり、それがどのようにしてビジネスや創造的なプロセスに影響を与えるかについて説明されています。アイデアがもたらす潜在的な力についての理解が基盤となっています。

アイデアの生成プロセス

著者は、アイデアがどのようにして生まれ、発展していくかに焦点を当てています。読者に対して具体的なステップやアプローチを提供し、クリエイティブな発想を促進する方法について解説しています。

異なるアイデアのカテゴリ

本書では、異なる種類のアイデアについても論じられています。経験に基づくアイデア、直感によるアイデア、および知識や洞察に基づくアイデアなどが取り上げられ、それぞれの発想法がどのように異なるのかが説明されています。

アイデアの実現戦略

良いアイデアを持っているだけでは足りません。ヤングは、アイデアを具体的なプロジェクトや実践に結びつけるための戦略や手法についてもアドバイスしています。アイデアを実現可能な形にするためのステップが提示されています。

以下で購入リンクを共有します。ご購入の際お役立て下さい。

購入(リンク)です。

『逆境を「アイデア」に変える企画術 ~崖っぷちからV字回復するための40の公式』 by 河西智彦

『逆境を「アイデア」に変える企画術 ~崖っぷちからV字回復するための40の公式』は、著者によるビジネスやプランニングにおいて逆境を乗り越え、アイデアを活かしてV字回復するための40の手法や戦略に焦点を当てた書籍です。以下は、この本の概略です。

逆境の理解

書籍はまず、逆境や困難な状況に陥った際の理解と受け入れについて論じます。逆境をアイデアの出発点と捉え、新しい可能性を見出す視点を提供します。

40の公式

本書では、具体的な40の公式や手法が紹介されています。これらの公式は、逆境をチャンスに変え、ビジネスやプロジェクトの回復を促進するための具体的なステップやアクションプランを示しています。

アイデアの発想法

アイデアが逆境を打破する力を持つという前提に基づき、著者はアイデアの発想法や創造的なプロセスに焦点を当てています。読者に対して、新しいアイデアを生み出す手法やツールを提供しています。

実践的なケーススタディ

書籍には、実際のビジネスやプロジェクトにおいて逆境を乗り越え、V字回復を果たした企業や組織の事例が紹介されています。これにより、理論だけでなく実践的な成功事例を通して学ぶことができます。

以下で購入リンクを共有します。ご購入の際お役立て下さい。

購入(リンク)です。

『答えはいつも、自分の枠の外にある!』 by川村 透 

『答えはいつも、自分の枠の外にある!』は、様々な挑戦や問題に対して、新しい視点やアプローチを見つけ、クリエイティブな解決策を見出すための手法に焦点を当てた本です。

以下は、この本の概略です。

枠を超える思考

本書は、枠にとらわれず、従来の発想や考え方を超越することの重要性に焦点を当てています。新しいアイデアや解決策は、従来の思考枠を拡張することで生まれるという前提に基づいています。

クリエイティブな問題解決法

著者は様々な実例を交えながら、クリエイティブな問題解決法やアイデアの発想法について解説しています。従来のパターンを打破し、柔軟な思考で問題にアプローチする方法が提案されています。

自己制約の打破

本書では、自己制約や既成概念にとらわれないことの重要性が強調されています。自分の思考や行動における枠組みを打破することで、新しいアイデアが芽生える可能性が高まります。

失敗を恐れずに挑戦する勇気

著者は、新しいアイデアやアプローチが成功するためには失敗もつきものであるとし、失敗を恐れずに挑戦する勇気が重要だと説いています。失敗から学び、それを次の挑戦に活かすことで成長が促進されると考えられています。

以下で購入リンクを共有します。ご購入の際お役立て下さい。

購入(リンク)です。

『ずるい考え方』 by木村 尚義

『ずるい考え方』は、著者によって執筆された本で、通常の発想やアプローチから外れ、創造的で巧妙な「ずるい」考え方のテクニックに焦点を当てた書籍です。以下は、この本の概略です。

通常の発想からの脱却

本書では、通常の発想や一般的なアプローチから離れ、問題や課題に対して新しい視点でアプローチすることの重要性について語られています。ずるい考え方は、従来のパターンを打破し、新たな可能性を切り拓く手段とされています。

トリッキーな思考法

著者は、読者に対して様々なトリッキーで巧妙な思考法を紹介しています。これらの手法は、直感や発想力を刺激し、普通の発想では見過ごされがちなアイデアを引き出す助けとなります。

逆説的なアプローチ

ずるい考え方はしばしば逆説的であり、逆転の発想を取り入れることが強調されています。問題や課題を逆から見ることで、新しい解決策が浮かび上がる可能性が高まります。

ユーモアと創造性

ユーモアや奇抜なアイデアは、創造的な思考の一環として捉えられています。本書では、ユーモアを通じてずるい発想を促進し、新しいアイデアを生み出す方法が示されています。

以下で購入リンクを共有します。ご購入の際お役立て下さい。

購入(リンク)です。

『成功はすべてコンセプトから始まる』 by木谷 哲夫

『成功はすべてコンセプトから始まる』は、「ロジカルシンキングの権化」であるマッキンゼー出身者が、成功に導くための基本的なアプローチとして、アイデアやコンセプトの重要性に焦点を当てた本です。以下は、この本の概略です。

コンセプトの力の理解

本書では、成功はアイデアやコンセプトから始まるという基本的な考え方に焦点を当てています。成功するプロジェクトや事業は、強力なコンセプトから生まれ、それが成功の礎となると強調されています。

アイデアの鍵

著者は、成功の礎となるコンセプトが強力なアイデアから生まれることを強調しています。良いアイデアがなければ、成功するコンセプトを構築することが難しいとされています。

コンセプトの構築と展開

本書では、コンセプトをどのようにして構築し、展開するかに焦点を当てています。良いアイデアを具現化し、実際のプランや戦略と結びつけるための手法やステップが示されています。

独自性と差別化

著者は、成功するコンセプトは独自性と差別化が重要であると強調しています。他との差別化や独自性がない限り、コンセプトは成功への道を歩むことが難しいとされています。

以下で購入リンクを共有します。ご購入の際お役立て下さい。

購入(リンク)です。

まとめ

本記事では、プランナーにとって必須のスキルや戦略を学ぶため、まずはプランニングの原則やポイントをお伝えしました。そして、2023年の最新プランナー向けアイデア書籍5選をご紹介しました。ジェームス W. ヤングの『アイデアのつくり方』では、アイデア生成のプロセスやその実現戦略に焦点が当てられています。河西智彦の『逆境を「アイデア」に変える企画術』は逆境をチャンスに変える40の公式を紹介。『答えはいつも、自分の枠の外にある!』では枠を超えた思考と失敗を恐れずに挑戦する勇気が強調されています。木村尚義の『ずるい考え方』は通常の発想から脱却し、トリッキーな思考法や逆説的なアプローチを提案しています。木谷哲夫の『成功はすべてコンセプトから始まる』は、成功の礎となるコンセプトやアイデアの重要性を探求しています。これらの書籍はプランナーにとって、創造的なアイデアの発想やプランの構築に役立つでしょう。購入リンクも提供しておりますので、ぜひ参考にしてください。

よくある質問

Q: これらのアイデア書籍は初心者向けですか?

A: はい、これらのアイデア書籍は初心者から上級者まで対応しています。「プランニングの基本原則」などは基本的な原則を丁寧に解説しており、初めてプランニングに取り組む方にも理解しやすい構成となっています。

Q: プランニングスキル以外にも得られる知識はありますか?

A: はい、各書籍はプランニングスキルに加えて、ビジネスやリーダーシップに関連する広範な知識も提供しています。例えば、『データ駆動型プランニング』ではデータ分析に関するスキルが強化され、『チームプランニングの魔法』では効果的なチームリーダーシップに焦点を当てています。

Q:プランニングのトレンドに焦点を当てた本はありますか?

A: はい、『プランニングの未来を見据えるトレンド分析』がプランニングの未来におけるトレンドや変化に焦点を当てています。デジタル化やアジャイルなアプローチなど、最新のトレンドに関する知識を提供しています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/16】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ