【初心者向け】LaradockでLaravelを開発する!失敗しないための準備

LaravelとDockerとは何か

Laravelとは

Laravel(ララベル)は、PHPで開発されたオープンソースのウェブアプリケーションフレームワークです。Taylor Otwellによって開発され、優れたシンプルさと拡張性を備えています。Laravelはエレガントで直感的な構文を提供し、開発者に生産性を高めるための多くのツールや機能を提供します。データベースの操作、ルーティング、セッション管理、認証などの機能が組み込まれており、モダンなウェブアプリケーションの開発をサポートします。

Dockerとは

Docker(ドッカー)は、コンテナ仮想化を利用してアプリケーションの環境をコンテナと呼ばれる軽量な仮想環境でパッケージ化するためのプラットフォームです。Dockerを使用することで、開発者はアプリケーションとその依存関係をコンテナにまとめ、異なる環境で一貫性のある実行が可能になります。これにより、開発から本番環境までの遷移がスムーズになり、環境の違いによる問題を最小限に抑えることができます。

Laradockとは

Laradockは、Dockerを使用してLaravelアプリケーションを開発するためのオープンソースのプロジェクトです。Laradockは、Laravel開発に必要なさまざまなサービスやツール(例:PHP、Nginx、MySQL、Redisなど)をDockerコンテナとして提供し、これらのコンテナを簡単に構築、構成、管理できるようにします。これにより、開発者は簡単かつ効果的にLaravelプロジェクトを構築し、異なる環境での展開を容易にすることができます。 Laradockを使用することで、開発者は開発環境のセットアップや依存関係の管理に時間を費やすことなく、より効率的にLaravelプロジェクトに取り組むことができます。

Laradockのメリット

PHPの開発で使う一通りのソフトウェアに対応している

Laradockは、PHPの開発に必要なさまざまなソフトウェアやサービスに対応しています。PHP、Nginx、MySQL、Redis、Memcached、Elasticsearchなど、一般的なPHPプロジェクトで利用される多くのツールやサービスが、Laradockのコンテナとして提供されています。これにより、開発者はこれらのツールを手軽に組み合わせて利用することができ、柔軟かつ効率的な開発環境を構築することができます。

環境構築の高速化

LaradockはDockerを利用しており、Dockerコンテナは軽量で再利用可能なため、開発環境の構築が非常に迅速に行えます。環境ごとの依存関係や設定の差異を気にせず、一連のコマンドでコンテナを起動させることで、開発者は素早く一貫性のある環境を手に入れることができます。これにより、新しいプロジェクトを開始したり、他の開発者と協力する際の環境構築の手間を大幅に軽減できます。

環境が統一できる

Laradockを使用することで、開発、テスト、本番環境など、異なる環境間での差異を最小限に抑えることができます。Dockerコンテナは環境をカプセル化するため、開発者は同じコンテナを異なる環境で利用し、一貫性のある動作を確保できます。これにより、本番環境へのデプロイ時のトラブルを減少させ、開発サイクルを効果的に進めることができます。

複数のサービスやツールを容易に管理できる

Laradockは複数のサービスやツールを1つのプロジェクト内で統一的に管理できるため、開発者は簡単にこれらのサービスを追加、変更、削除できます。例えば、データベースやキャッシュサービスの切り替えなどが容易に行え、プロジェクトに必要な機能やサービスに柔軟に対応できます。これにより、開発者は必要なサービスを手軽に試すことができ、プロジェクトの要件に合わせて環境を最適化することができます。

【ステップ1】作業ディレクトリを作成

最初のステップでは、Laravelプロジェクトを格納するための作業ディレクトリを作成します。このディレクトリは、プロジェクトのルートディレクトリとなり、後続のステップでLaradockとLaravelのファイルを配置する場所です。

【ステップ2】git の用意

次に、バージョン管理ツールとしてGitを使用するため、Gitを用意します。Gitをインストールし、必要に応じてリモートリポジトリを作成しておくことで、プロジェクトの履歴を追跡できます。

【ステップ3】Laradockを用意

Laradockを使用してDocker環境を構築するため、Laradockをプロジェクトに導入します。Laradockはプロジェクトのディレクトリ内に統合され、Dockerコンテナの構成を提供します。これにより、プロジェクトごとに必要なサービスを簡単に管理できます。

【ステップ4】Laravelの格納場所を用意

Laravelのファイルを配置するディレクトリを用意します。このディレクトリはLaradockと同じくプロジェクトのルートディレクトリ内にあり、Laravelアプリケーションのコードや設定ファイルが格納されます。このステップを完了することで、Laravelアプリケーションの開発が始まります。

【ステップ5】Laradockの設定ファイルを編集

サンプルファイルを複製し.envを用意

Laradockの設定ファイルを編集する前に、まずサンプルファイルを複製して新しい.envファイルを作成します。これにより、プロジェクトに固有の設定を行うことができます。

設定ファイルの編集

Laradockの.envファイルを編集します。以下は、編集が必要ないくつかの設定項目です。

APP_CODE_PATH_HOST

Laravelアプリケーションのコードが格納されているディレクトリへのパスを指定します。このパスは、先ほど作成したLaravelの格納場所を指定します。

DATA_PATH_HOST

データ(例:データベースのデータ)が保存されるディレクトリへのパスを指定します。Laravelアプリケーションとは別に、Dockerコンテナ内で使用されるデータの保存場所を指定します。

COMPOSE_PROJECT_NAME

Docker Composeプロジェクトの名前を指定します。プロジェクト内で一意であることが重要です。

MYSQL_VERSION

使用するMySQLのバージョンを指定します。プロジェクトに合わせて適切なバージョンを選択します。

【ステップ6】Docker を起動

docker コンテナの起動を確認

Dockerコンテナを起動します。このステップでは、Laradockが提供するDockerコンテナが正常に起動するか確認します。必要に応じてログやコンソールのメッセージを確認し、問題がないことを確認します。これにより、Laradockが適切に構成され、Dockerコンテナが正常に起動していることを確認できます。

【ステップ7】Laravelをインストール

Laravelをプロジェクトにインストールします。これには、Composerを使用してLaravelをインストールするコマンドを実行します。以下は一般的な手順です。

【ステップ8】Laravelの設定

Laravelアプリケーションの基本的な設定を行います。

MySQL コマンドを実行するには

LaravelアプリケーションでMySQLコマンドを実行する際には、Laradockが提供すMySQLコンテナに接続する必要があります。接続情報やホスト名、ポート番号などをLaravelの設定に組み込んで、MySQLにアクセスできるようにします。

phpMyAdminを使うには

LaradockにはphpMyAdminが含まれており、Webブラウザを通じてデータベースを視覚的に管理できます。phpMyAdminを使用する場合は、アクセス情報やポート番号などを設定し、ブラウザでphpMyAdminにアクセスします。

作業終了時

Laravelアプリケーションの開発やテストが終了したら、Dockerコンテナを停止し、必要に応じてプロジェクトをクリーンアップします。これには、Dockerコンテナの停止、削除、不要なファイルの削除などが含まれます。プロジェクトのディレクトリ構造やLaradockの設定によっては、これらの手順が変わることがあります。

まとめ

Laradockを使用してLaravelプロジェクトをセットアップする手順を簡潔にまとめます。まず、作業ディレクトリを作成し、Gitを用意します。次にLaradockをプロジェクトに取り込み、Laravelの格納場所を指定します。その後、Laradockの設定ファイルを編集し、プロジェクトに固有の設定を行います。Dockerを起動してLaradockが正常に動作するか確認し、Laravelをプロジェクトにインストールします。最後に、Laravelの基本設定を行い、MySQLコマンドやphpMyAdminを利用する際の設定を行います。作業が終了したら、Dockerコンテナを停止し、プロジェクトをクリーンアップします。

よくある質問

Q: Laradockとは何ですか?

A: Laradockは、Dockerを使用してLaravelプロジェクトの開発環境を構築するためのオープンソースのプロジェクトです。Laradockを使用することで、簡単にDockerコンテナをセットアップし、Laravel開発に必要なサービスやツールを効果的に管理できます。

Q: Dockerとは何ですか?

A: Dockerはコンテナ仮想化を利用してアプリケーションを軽量かつ環境に依存せずに実行するためのプラットフォームです。Dockerは異なる環境で一貫性のある実行を可能にし、開発者がアプリケーションのデプロイと管理を容易にします。

Q: Laradockを使用するメリットは何ですか?

A: Laradockを使用すると、簡単にLaravelプロジェクトに必要なサービスやツールをDockerコンテナとして統合できます。環境構築が迅速化し、開発者は一貫性のある開発環境を手軽に構築できます。また、異なる環境間での統一性や複数のサービスの管理が容易です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ