【デザイナー必見】レスポンシブデザインに関する必ず知っておきたいことを紹介します!

レスポンシブデザインとはなにか?

レスポンシブデザインは、ウェブサイトやアプリケーションのデザイン手法の一つであり、異なるデバイスや画面サイズに適応することができるように設計されています。これは、パソコン、タブレット、スマートフォンなど、さまざまな端末で同じコンテンツを利用者にとって最適な形で表示することを目指しています。具体的には、レスポンシブデザインでは、CSSやメディアクエリといった技術を使用して、画面サイズや解像度に合わせてレイアウトやスタイルを調整します。これにより、ユーザーが異なるデバイスでウェブサイトを閲覧しても、使いやすさや視認性が損なわれることなく、最適なユーザーエクスペリエンスを提供することが可能となります。例えば、大きなデスクトップモニターで閲覧される場合と、小さなスマートフォンの画面で閲覧される場合とで、同じウェブページが違ったレイアウトで表示され、情報が適切に配置されるようになります。これにより、ユーザーは使い慣れた操作感を保ちつつ、どのデバイスでも快適にウェブコンテンツを利用することができるのがレスポンシブデザインの特徴です。

レスポンシブデザインのメリット

端末ごとに異なるサイズに合わせたデザインになる

レスポンシブデザインの主なメリットの一つは、異なる端末や画面サイズに自動的に適応することができるデザインです。これにより、ユーザーエクスペリエンスが損なわれず、どのデバイスでも適切な表示が行われます。

レスポンシブデザインなら情報更新をまとめて行うことができる

ウェブサイトやアプリに変更があった際、レスポンシブデザインを採用すると、1つのデザインで済むため、情報の更新や変更が一括して行えます。これにより、コンテンツの管理が効率的になり、一貫性のある情報提供が可能です。

単一URLで管理できるためSEOでも有利

レスポンシブデザインを使用すると、異なるデバイス用に別々のURLを作成する必要がなくなります。これにより、単一のURLでコンテンツが管理されるため、検索エンジン最適化(SEO)においても有利になります。統一されたURLが検索エンジンにとって理解しやすく、ランキング向上に寄与します。

時間やリソースが削減できる

複数のデバイスに対応するための別々のデザインを作成する代わりに、レスポンシブデザインを利用することで、時間やリソースを節約することができます。1つのデザインで複数の端末に対応できるため、制作およびメンテナンスの労力が削減され、コスト効率が向上します。

レスポンシブデザインのデメリット

CSS知識を持つ人材が必要

レスポンシブデザインを実装するには、CSSなどのウェブデザイン言語に精通した人材が必要です。適切なメディアクエリやスタイルの設定を行うためには、デザイナーや開発者がCSSに関する知識を有していることが重要です。これがない場合、適切なレスポンシブな体験を提供することが難しくなります。

新しい端末だとデザインが崩れることもある

急速に進化するテクノロジーに対応するため、新しい端末やデバイスが市場に登場すると、それに対応するためのデザイン調整が必要となります。古いデザインが新しい端末では適切に表示されない場合があり、これに対処するためには追加の作業や修正が必要です。新しい端末が登場するたびにデザインの更新が必要となることが、レスポンシブデザインのデメリットとされます。

レスポンシブデザインのブレイクポイントとは何か?

ブレイクポイントとは何か?

ブレイクポイントは、レスポンシブデザインにおいて、異なるデバイスや画面サイズに合わせてデザインやレイアウトを変更する際の特定のポイントを指します。これは通常、メディアクエリと呼ばれるCSSの機能を使用して設定され、特定の画面幅や解像度がそのポイントを越えたときに、異なるスタイルや配置が適用されるようになります。

タブレットのブレイクポイント

タブレットのブレイクポイントは、通常、デバイスの横幅や解像度が特定の値を超えたときに、タブレット用のデザインやスタイルが適用されるポイントを指します。例えば、スマートフォン向けのデザインが適用されている状態から、タブレットの横幅がある閾値を越えた場合に、より大きな画面に適したデザインに切り替わることがあります。この切り替えポイントがタブレットのブレイクポイントと呼ばれます。タブレットのデバイスは、通常、スマートフォンとデスクトップの中間に位置するため、適切なブレイクポイントの設定が重要となります。

レスポンシブデザインを作る方法

スマホやタブレットなど対応端末のサイズ決定

レスポンシブデザインを構築する際、まず対応する端末(スマートフォン、タブレットなど)の画面サイズを決定する必要があります。主要な端末の一覧を作成し、それぞれのデバイスに合った適切な画面幅を設定します。

レスポンシブデザインにviewportタグの設定

viewportタグは、ブラウザに対してページの表示方法を指示するために使用されます。レスポンシブデザインでは、viewportタグを使用してデバイスの幅や倍率を指定し、画面に最適な表示を実現します。例えば、以下のようなviewportタグをHTML文書のheadセクションに追加します。

CSSファイルでデザインを決める

レスポンシブデザインでは、CSS(CascadingStyleSheets)を使用してデザインやレイアウトを制御します。メディアクエリを活用して、異なる画面サイズに対応するためのスタイルを指定します。例えば、以下はスマートフォン向けのスタイルを指定するメディアクエリの例です。

ズレや歪みがないか実機でそれぞれ確認する

デザインやスタイルを指定した後は、実際のスマートフォンやタブレットでサイトやアプリを確認し、ズレや歪みがないかを確認します。さまざまな端末での実機確認は、最終的なユーザーエクスペリエンスを確保するために重要です。

レスポンシブデザインの注意点

複数の端末やブラウザで確認する

レスポンシブデザインを構築する際には、様々な端末や異なるブラウザでの表示を確認することが重要です。デザインが各環境で適切に機能し、一貫性を保っているか確認することで、ユーザーエクスペリエンスの向上が期待できます。

画像サイズや解像度のチェック

画像はページの読み込み速度に影響を与えるため、レスポンシブデザインでは画像サイズや解像度の最適化が重要です。過大な画像サイズはページの読み込み時間を増加させ、モバイルデバイスのユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼす可能性があります。画像を適切に最適化し、各デバイスに適した解像度で提供することを検討します。

モバイルフレンドリーになっているか確認

モバイルフレンドリーなデザインは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでの利用を快適にします。タッチ操作への対応、適切なフォントサイズ、ボタンやリンクの適切な配置など、モバイルデバイスに特有の特性を考慮したデザインが求められます。これらの要素がモバイルフレンドリーになっているかを確認し、ユーザーがスムーズに操作できるように配慮します。

まとめ

レスポンシブデザインは、異なる端末や画面サイズに適応するウェブデザイン手法です。デザインを構築する際、対応端末の画面サイズを決定し、viewportタグで設定を行います。CSSを使用してメディアクエリを指定し、端末ごとに最適なスタイルやレイアウトを適用します。作成後は複数の端末やブラウザで確認し、デザインの一貫性を保ちます。画像サイズや解像度も最適化し、モバイルフレンドリーなデザインに注意します。デザインの構築後は、実機で確認し、ユーザーエクスペリエンスの向上を図ります。レスポンシブデザインはユーザーにとって適切な表示を提供し、様々な端末に対応することで、ユーザーエクスペリエンスの向上と一貫性を実現します。

よくある質問

Q1:レスポンシブデザインで注意すべきポイントはありますか?

A1:はい。複数の端末やブラウザでの確認、画像サイズや解像度の最適化、モバイルフレンドリーなデザインの確認が重要です。

Q2:レスポンシブデザインのメリットは何ですか?

A2:メリットには異なる端末での一貫性、情報更新の容易さ、単一URLでの管理によるSEOの向上、時間やリソースの削減が挙げられます。

Q3:レスポンシブデザインのデメリットは何ですか?

A3:デメリットにはCSS知識が必要であることや新しい端末が登場するとデザインの更新が必要となることが挙げられます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/16】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ