【クリエイター必見】デッサンするメリットと、そのポイントについて解説します!

デッサンとは

デッサンは、絵画やデザインの初期段階で用いられる基本的な技法の一つです。主に鉛筆やチャコールなどを使って、対象の形状や構造を簡略化して描き出す作業を指します。デッサンには主に次の能力が求められます。

デッサン力

デッサン力とは、対象を正確に観察し、その特徴や構造を的確に捉えて描く能力のことです。物事の形を正確にとらえ、視覚的な情報を的確に再現することが求められます。

観察する力

デッサンにおいては、細部まで注意深く観察することが重要です。対象の形や質感、影の表現など、細かい部分にも注意を払い、それを正確に再現することで、よりリアルな表現が可能となります。

客観的に見る力

客観的に見る力は、主観的な視点を排除し、対象を客観的に捉える力を指します。自らの予想や期待にとらわれず、対象物を客観的に観察し、正確なデッサンに反映させることが求められます。

作品の善し悪しを判断する力

デッサンの作品を評価する際には、客観的な判断力が必要です。線の質感やバランス、比例などを客観的に評価し、作品のクオリティを判断する能力が重要です。自己満足ではなく、客観的な基準に基づいた評価が求められます。

鉛筆デッサンで最低必要な画材

デッサンは主に鉛筆を用いて行われますが、鉛筆デッサンを始める上で、最低限必要な画材は以下の通りです。

画用紙

デッサンに使用する画用紙は、鉛筆の線がしっかりと引ける質の良いものが適しています。適度な厚みがあり、消しゴムの使用にも耐える品質の画用紙を選ぶことが重要です。

鉛筆

鉛筆はデッサンにおいて基本的な道具であり、濃淡や細かな線を描く際に使用します。鉛筆には様々な硬さ(H、Bなど)があり、使用する場面に応じて適切な硬さのものを選ぶことがポイントです。

消しゴム

ミスを訂正するために欠かせないのが消しゴムです。鉛筆デッサンでは、細かい部分や影の表現を緻密に行うことがあるため、消しゴムはデリケートな修正作業に使用します。柔らかく粉を残さないものが好まれます。

なぜデッサンをするのか?

下絵制作のため

デッサンは絵画やデザイン作品の下絵制作において重要なステップです。対象の形状や構造を正確にとらえ、その基礎となるスケッチや下絵を作成することで、後の制作プロセスがスムーズに進行します。

物の成り立ちを知るため

デッサンを通じて物体や景色を観察し、その構造や形態を理解することができます。対象を細部まで観察することで、物事の細部や全体の関係性を把握し、より深い理解が可能となります。

線という概念で置き直すため

デッサンは線や形を通じて対象を再構築する作業でもあります。線の表現によって、対象の輪郭や質感を捉え、それをアート作品として表現することができます。線を通じて情報を整理し、新たな視点から対象を見直すことができます。

デッサンするメリット

観察力と描く力が身につく

デッサンは対象を注意深く観察し、それを的確に描き出す技術を養います。物事の細部や構造に気づくことで観察力が向上し、同時に手の動きや筆致をコントロールする力も向上します。

表現力を広げることができる

デッサンは創造的な表現を可能にします。異なる対象や視点から描くことで、自身の表現力を豊かにし、新しいアート作品を生み出す力を培うことができます。

絵を客観的に見る意識がつく

デッサンを通じて、絵画やデザインを客観的に見る能力が向上します。線の質感や構図などを意識的に観察し、他者の作品や自身の作品を客観的に評価する意識が養われます。

デッサンするときに意識すること

デッサンを行う際には、いくつかの重要な要素に意識を向けることが重要です。

場所

デッサンを行う場所は、照明や視野などが影響する要素があります。明るさや環境に注意を払い、対象を良く観察できる状態を整えましょう。

姿勢

正しい姿勢でデッサンを行うことは、快適な作業をサポートし、綺麗な線を引くのに役立ちます。適切な高さのテーブルや椅子を使い、良い姿勢を保つよう心がけましょう。

工程

デッサンの工程を理解し、計画的に進めることが大切です。対象を整理してからスケッチに入るなど、段階を踏むことで作業効率が向上します。

モチーフ

デッサンの対象となるモチーフを選ぶ際には、興味を持ちやすいものや表現したいテーマ性を考慮しましょう。

形状

対象の形状を正確に把握し、緻密に描くことがデッサンの基本です。形状を的確にとらえることで、リアルな描写が可能となります。

陰影

陰影は立体感や深みを表現する重要な要素です。物体が光に当たる部分と当たらない部分を把握し、陰影を正確に表現することがデッサンのクオリティを高めます。

質感

デッサンでは対象の質感を表現することが重要です。質感によって線の質や濃淡を変え、触れる感覚を視覚的に伝える工夫が求められます。

デッサンをWebデザインに活かす

デッサンの技術やアプローチは、WEBデザインにおいても有用です。以下はデッサンをWEBデザインに活かす方法を紹介します。デッサンをWEBデザインに組み込むことで、アイデアの形成から具体的なデザインへの移行までの段階での効果的なコミュニケーションやデザインプロセスの迅速な進行が可能です。

ユーザーインターフェース(UI)デザインの基礎を築く

デッサンによるスケッチやワイヤーフレームを使用して、WEBページやアプリのUIデザインの基本構造を検討します。これにより、レイアウトや要素の配置を簡潔にプランニングできます。

アイデアの視覚化

デッサンを使用してアイデアを視覚化し、コンセプトやデザインの方向性を明確にします。アイデアを紙に描くことで、クライアントやチームメンバーとのコミュニケーションが円滑に進みます。

色彩やフォントの選定

デッサンを通じて、色彩やフォントの選定を検討します。簡単なスケッチで異なる色やフォントの組み合わせを試すことで、デザインの雰囲気を探り、統一感を保つことができます。

モバイルレスポンシブデザインの検討

デッサンによって、異なる画面サイズや解像度に対応するためのモバイルレスポンシブデザインを検討します。異なる画面サイズでのデザインの崩れや問題を事前に把握し、修正することができます。

アニメーションや遷移のプロトタイプ

デッサンを元に、アニメーションや画面遷移の基本概念をプロトタイプとして描きます。これにより、ユーザーエクスペリエンスを改善し、デザインのダイナミズムを確認することができます。

ユーザーフローの検討

デッサンを使用してユーザーフローを検討し、ユーザーがサイトやアプリ内でどのように移動するかを理解します。これにより、ユーザーナビゲーションの改善やストーリーボードの作成が容易になります。

まとめ

デッサンは絵画やデザインの基本技法であり、鉛筆やチャコールを使って対象の形状や構造を描き出す作業を指します。デッサン力を養うことで、観察力や描く力が向上し、物事の成り立ちや細部への注意が生まれます。デッサンは下絵制作や表現の基礎を築くために行われ、線や形を通じて対象を再構築する作業でもあります。デッサンのメリットとして、観察力や描く力が身につくことが挙げられます。物の成り立ちを知り、表現力を広げることで、新しいアート作品を生み出す力を養います。また、絵を客観的に見る意識も向上し、他者の作品や自身の作品を客観的に評価できるようになります。デッサン力の向上は、Webデザインにも活かすことができ、アイデアの形成から具体的なデザインへの移行までの段階での効果的なコミュニケーションやデザインプロセスの迅速な進行が可能です。

よくある質問

Q1:デッサンのメリットは何ですか?

A1:デッサンを行うことで、観察力や描く力が向上し、物の成り立ちを理解することができます。表現力が広がり、絵を客観的に見る意識がつくなど、様々なメリットがあります。

Q2:デッサンする際に意識すべき要素は何ですか?

A2:デッサンする際には、場所や姿勢、工程、モチーフなどに意識を向ける必要があります。形状、陰影、質感などの観点から対象を注意深く捉えることが重要です。

Q3:デッサンの工程はどのように進めれば良いですか?

A3:デッサンの工程は個人の好みにより異なりますが、通常は対象を観察してからスケッチに入り、詳細な描写に進むといった段階を踏むことが一般的です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/16】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ