【重要】成果が出るランディングページの作り方!必ずチェックしたいポイント5選

ランディングページとは何か?

ランディングページ(Landing Page)は、ウェブサイトやオンライン広告などで利用される特定の目的を持つ単一のウェブページのことを指します。通常、広告やプロモーションなどのキャンペーンにおいて、特定の商品、サービス、イベントに焦点を当て、訪問者を特定の行動に誘導するために使用されます。ランディングページの目的は、訪れたユーザーに対して特定の行動を促すことです。これは製品の購入、無料トライアルの申し込み、メールニュースレターの購読などさまざまなものがあります。ランディングページは通常、シンプルで分かりやすいデザインが特徴であり、不要な情報やリンクを最小限に抑えて訪問者が目標に到達しやすいように工夫されています。ランディングページは広告の成果を測定しやすくするために、アクセス解析やコンバージョン率の追跡などが行われることもあります。これにより、キャンペーンの効果を評価し、改善するためのデータを収集することが可能となります。

ランディングページのメリット

訴求力が高く、効果を得やすい

ランディングページは特定の目的に焦点を当てており、訴求力が高いため、訪れたユーザーに対して目標行動を促しやすくなります。明確なメッセージと効果的なデザインにより、ユーザーが求める情報をすばやく理解しやすくしています。

1ページで情報を網羅できる

ランディングページはシングルページ構造が一般的であり、必要な情報が1ページにまとまっています。これにより、訪れたユーザーは複数のページを探し回る必要がなく、迅速に必要な情報を取得できます。

理想とする順番で情報を提供できる

ランディングページはデザインが柔軟で、情報の配置を自由に調整できます。これにより、商品やサービスの魅力的な特徴を理想的な順番で提示し、ユーザーにとって最も説得力のある情報を最初に提供できます。

離脱率が低い

ランディングページは余計な情報やリンクを最小限に抑えることができるため、ユーザーが迷子になることが少なく、離脱率が低い特長があります。訪れたユーザーは目標行動に向かって迅速に進みやすくなります。

ランディングページのデメリット

制作コストが高い・時間がかかる

ランディングページを制作するには、訴求力のあるデザインやコンテンツを作り込む必要があり、これには専門的なスキルや時間がかかります。高品質なランディングページを構築するためには、制作にかかるコストや時間が他のアプローチに比べて高くなることがあります。

ランニングコストがかかる

ランディングページのメンテナンスや更新、広告の最適化など、効果的な運用には一定のランニングコストがかかります。特に広告を組み合わせて利用する場合、広告の予算も考慮する必要があります。

直帰率が高い

一部のユーザーはランディングページを訪れた後、目標行動を達成せずに直ちにサイトを離れることがあります。これを直帰と呼び、直帰率が高い場合、ランディングページが十分に効果を発揮できない可能性があります。訴求力や情報提供が不足している場合、ユーザーが興味を持たずに離れる可能性があります。

【成果が出るポイント1】制作目的を明確にする

ターゲットを明確に

ランディングページを制作する際、まず最初に明確なターゲットを定義することが重要です。どのようなユーザーが対象なのか、そのユーザー層の特徴やニーズを把握し、それに基づいてランディングページのデザインやコンテンツを検討します。

成果を明確に

制作目的を達成するためには、望む成果を具体的かつ明確に定義することが必要です。成果が具体的に何であるかを把握することで、ランディングページの設計やコンテンツの最適化が容易になります。

ユーザーニーズに応える

ターゲットユーザーのニーズを理解し、それに合わせてランディングページを設計することが重要です。ユーザーが求める情報や体験に焦点を当て、それに応えることで、ユーザーがページ上で望む行動に繋げやすくなります。

【成果が出るポイント2】ファーストビューにこだわる

ターゲットに刺さるファーストビュー

ランディングページの最初に表示される部分、つまりファーストビューは非常に重要です。この部分がターゲットユーザーに響くものであれば、興味を引き、ページの残りを閲覧する意欲を高めることができます。魅力的でターゲットに訴えるビジュアルやコピーを工夫し、第一印象を強化します。

離脱を防ぐファーストビュー

ファーストビューが魅力的でかつ情報を適切に伝えられると、ユーザーがページから離れるリスクが低くなります。ファーストビューに必要な情報やコールトゥアクションを適切に配置することで、ユーザーが継続してページを閲覧し、目標行動に進む可能性が高まります。

【成果が出るポイント3】ユーザー感情を意識する

ストーリー性を意識

ユーザーに感情で訴えましょう。ランディングページにストーリー性を取り入れることで、製品やサービスの背後にあるストーリーを伝え、ユーザーとの共感を生み出すことができます。感情的なつながりを創り出し、ユーザーにより深い印象を与えます。

お客様の声を掲載する

他の顧客の実際の経験や評価をランディングページに掲載することで、信頼性が向上します。実際の利用者の声が製品やサービスの価値を裏付け、新しい訪問者に安心感を提供します。

動画を活用する

動画は視覚的な情報を伝える効果的な手段です。製品やサービスの機能やメリットを分かりやすく説明し、同時に感情的なつながりを築くことに役立ちます。動画はユーザーが情報を吸収しやすく、ページ滞在時間を延ばすことにも寄与します。

【成果が出るポイント4】 フォームを最適化する

フォーム入力内容は最小限に

ランディングページのフォームは、訪問者にとってハードルとなりうる要素です。成果を上げるためには、フォームへの入力が簡潔で明確であることが重要です。余分な情報を求めず、最低限の項目だけを要求することで、離脱を最小限にします。

入力補助機能をつける

ユーザーがフォームに入力する際、入力補助機能を提供することでエラーを減少させ、ユーザー体験を向上させることができます。具体的な指示やフォーマットに関するヒントを表示することで、ユーザーは正確かつスムーズに情報を提供できるようになります。

【成果が出るポイント5】 効果測定を行う

CTAを適切な場所に設置する

ランディングページの成果を測定するためには、Call to Action(CTA)を適切な場所に配置することが不可欠です。CTAはユーザーに具体的な行動を促すための要素であり、目立つ場所や魅力的なデザインで配置することで、ユーザーの目を引き、目標達成に結びつけやすくなります。

LP改善(LPO)

ランディングページの効果を向上させるためには、ランディングページ最適化(Landing Page Optimization、LPO)を実施します。ユーザーの行動や反応を定期的に分析し、ランディングページのデザインやコンテンツを改善することで、成果を最大化します。データに基づいたアプローチにより、訪れたユーザーにとってより魅力的で使いやすいページを作ります。

まとめ

ランディングページの効果を最大化するには、複数のポイントを考慮することが重要です。まず、ランディングページを制作する際には、目的を明確に定義し、ターゲットユーザーにフォーカスを当てます。具体的な成果を設定し、それに基づいてコンテンツやデザインを構築します。ファーストビューは特に重要であり、ターゲットユーザーに訴えかける魅力的な要素を組み込むことで、ユーザーの興味を引き、離脱を防ぎます。感情を意識したコンテンツ戦略も効果的です。ストーリー性を取り入れ、お客様の声や動画を活用することで、ユーザーとの共感を生み出し、信頼性を高めることができます。また、フォームの最適化も成果を左右します。余分な情報を求めず、入力補助機能を提供することで、ユーザーが簡単かつ正確に情報を提供できるようになります。最後に、成果を測定するためにCTAを適切な場所に配置し、ランディングページ最適化(LPO)を実施します。データに基づいたアプローチにより、ユーザー体験を向上させ、目標達成につながるページを作り上げることが不可欠です。これらの要素を総合的に考え、効果的なランディングページを構築することが成功の鍵となります。

よくある質問

Q: ランディングページとは何ですか?

A: ランディングページは、特定の目的やキャンペーンに焦点を当てた、単一のウェブページのことです。主に広告やプロモーションなどで利用され、訪れたユーザーに特定の行動を促すことが目的です。

Q: ランディングページの成果を上げるポイントは何ですか?

A: ランディングページの成果を上げるためには、制作目的を明確にし、ターゲットを明確に定義すること、ファーストビューにこだわり、ユーザー感情を意識すること、そしてフォームを最適化することが重要です。

Q: ランディングページ最適化(LPO)とは何ですか?

A: ランディングページ最適化(LPO)は、データに基づいたアプローチを用いてランディングページを改善するプロセスです。ユーザーの行動や反応を分析し、デザインやコンテンツを最適化して成果を向上させることを目指します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ