【Webデザイナー必読!】アクセシビリティに優れたウェブデザインの実現方法を紹介します

Webアクセシビリティとは?

Webアクセシビリティは、ウェブサイトやアプリケーションが、視覚的、聴覚的、運動能力、認知能力などの様々な障がいを持つユーザーに対しても十分なアクセス機能を提供し、情報を理解しやすくすることを目指す取り組みです。これにより、社会的な包摂性を高め、全ての人々がデジタルな情報やサービスを平等に享受できるようになります。

Webユーザビリティとの違い

Webアクセシビリティは主に、様々な障がいや制約を持つユーザーに対して使いやすさを提供することを目指すのに対し、Webユーザビリティは一般的なユーザー全体に対する使いやすさを追求します。つまり、Webユーザビリティは広範で一般的な利用者のニーズに焦点を当て、Webアクセシビリティは特に障がいのあるユーザーを含む多様なユーザーグループのニーズに焦点を当てます。

ユニバーサルデザインとの違い

ユニバーサルデザインは、製品やサービスが異なるニーズや能力を持つ全てのユーザーに対して有効で使いやすいように設計される原則です。これは、特に障がいのある人々だけでなく、一般の利用者にも利益をもたらします。一方で、Webアクセシビリティは、主にウェブ上の情報やサービスがあらゆるユーザーに対して平等なアクセスを提供することに焦点を当てます。ユニバーサルデザインは製品全体を対象とする一般的な概念であり、Webアクセシビリティは主にウェブ上のデジタルコンテンツに焦点を当てたアプローチです。

Webアクセシビリティが重要な理由

Webアクセシビリティが重要な理由はいくつかあります。

全ての人への平等なアクセス

Webアクセシビリティが重要な理由の一つは、全ての人がウェブ上の情報やサービスに平等にアクセスできるようにするためです。障がいを持つ人々や異なるニーズを持つユーザーに対しても十分な利用機会を提供することにより、社会的な包摂性が向上し、デジタルな世界がより包括的になります。

法的要件の遵守

Webアクセシビリティの重要性は、法的な規制や要件にも関連しています。多くの国や地域で、ウェブサイトやアプリケーションはアクセシビリティの基準に適合する必要があります。これを遵守することは、法的なコンプライアンスを確保し、法的な問題を回避するためにも重要です。

広範なユーザー層へのリーチ

Webアクセシビリティを高めることは、広範なユーザー層に対してリーチするための鍵です。様々な能力や状況にあるユーザーに対して使いやすいデザインやコンテンツは、企業や組織にとって新たな顧客や利用者を引き寄せ、競争力を高める要素となります。

技術の進歩と変化への対応

技術の進歩と変化は常に続いており、新しいデバイスやユーザビリティの要件が出現しています。Webアクセシビリティを考慮することは、これらの変化に迅速かつ柔軟に対応し、ユーザーエクスペリエンスを最適化する手段となります。これにより、ユーザーが最新のテクノロジーを使用する際にもアクセシビリティが確保されます。

POURとは?4つのウェブアクセシビリティにおける基準

「POUR」は、ウェブアクセシビリティの4つの基本的な原則を指します。これは、Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) の基準に基づいています。以下がそれぞれの原則です。

知覚可能な情報原則(Perceivable)

知覚可能な情報原則は、ウェブ上の情報が全てのユーザーに対して知覚可能であることを重視します。これには、視覚的な情報、聴覚的な情報、およびその他の感覚的な情報が含まれます。画像に代替テキストを提供する、音声やビデオにキャプションを追加するなど、様々な形式の情報に対してアクセシブルであることが求められます。

操作可能なUIとナビゲーションの原則(Operable)

操作可能なUIとナビゲーションの原則は、ウェブサイトやアプリケーションが全てのユーザーにとって操作可能であることを目指します。キーボードやマウスなどの様々な入力デバイスをサポートし、十分な時間を提供するなど、ユーザーがウェブ上で効果的に操作できるようにします。

分かりやすい情報とUIの原則(Understandable)

分かりやすい情報とUIの原則は、ウェブ上の情報やユーザーインターフェースが理解しやすくなるように設計されることを強調しています。クリアで簡潔な文言を使用し、誤解を招かないように工夫することが求められます。ユーザーが容易にコンテンツを理解し、操作できるようなデザインが重要です。

堅牢なコンテンツと信頼できる解釈の原則(Robust)

堅牢なコンテンツと信頼できる解釈の原則は、ウェブ上のコンテンツが様々な環境やテクノロジーで正しく表示・解釈されることを目指します。異なるブラウザやアシストテクノロジー、未来のテクノロジーにおいても信頼性のあるアクセシビリティを保つことが重要です。

アクセシビリティを意識したWeb制作の5つのポイント

Web制作においてアクセシビリティを意識することは非常に重要です。以下は、アクセシビリティを向上させるための5つのポイントです。

わかりやすいページタイトルを設定する

ウェブページのタイトルは、ユーザーがページの内容を素早く理解できるように重要です。的確でわかりやすいページタイトルを設定し、ページのコンテキストを正確に伝えることがアクセシビリティの向上に寄与します。

視認しやすい色味を使用する

色覚異常を考慮し、視認しやすい色味を選択することが大切です。適切なコントラストを保ち、情報が視覚障がいを持つユーザーにも明確に伝わるようにすることで、アクセシビリティが向上します。

文字化けが起こりやすい文字の使用を避ける

異なる環境やデバイスで文字が正しく表示されるように、文字化けが起こりにくい文字を選択します。特に、特殊な文字やフォントの組み合わせによって生じる問題に注意を払います。

画像には代替テキストを使用する

画像には、視覚障がいを持つユーザーや画像の読み込みができない状況に対応するために、代替テキストを提供します。代替テキストは画像の内容や役割を説明し、情報の欠落を防ぎます。

リンクテキストには、遷移先のページ内容がわかるテキストを使用する

リンクテキストは遷移先のページ内容を予測できるように明確で説明的なものを選びます。単なる「クリックこちら」などの曖昧な表現ではなく、リンクがどこに遷移するかを理解しやすいテキストを使用します。これにより、全てのユーザーが適切にナビゲートできるようになります。

まとめ

ウェブアクセシビリティの重要性は、異なるニーズや能力を持つユーザーに対して平等なアクセス機会を提供し、社会的な包摂性を高めることにあります。POUR原則に基づくアクセシビリティの基準は、知覚可能性、操作可能性、分かりやすさ、堅牢性の4つに焦点を当てています。これを踏まえ、アクセシビリティを意識したWeb制作のポイントは、わかりやすいページタイトル、視認しやすい色味、文字化けの回避、代替テキストの使用、明確なリンクテキストの設定です。わかりやすいページタイトルは、ページの内容を迅速に理解できるようにし、視認しやすい色味は色覚異常者を含むユーザーにも適した表示を実現します。文字化けを避けることで異なるデバイスや環境での正確な表示が確保され、代替テキストは視覚障がいを持つユーザーや画像が読み込まれない場合にも情報の欠落を防ぎます。リンクテキストは遷移先を理解しやすくするために明確で説明的な表現を心掛けます。これらのポイントを組み合わせることで、全てのユーザーがウェブ上で効果的に情報にアクセスでき、最適なユーザーエクスペリエンスが提供されるでしょう。アクセシビリティは法的要件を遵守するだけでなく、広範なユーザー層にリーチする手段ともなり、技術の進歩や変化にも適応できる柔軟性を持っています。これにより、Web制作者は社会的責任を果たし、包括的なデジタル環境の構築に寄与します。アクセシビリティは単なる取り組みではなく、共感と配慮が凝縮されたデザインとなり、より多くの人々に意義深いウェブ体験を提供する一翼を担っています。

よくある質問

Q: ウェブアクセシビリティとは何ですか?

A: ウェブアクセシビリティは、あらゆるユーザーに対してウェブ上の情報やサービスが平等にアクセス可能で理解しやすい状態にあることを指します。異なる障がいやニーズを持つ人々にも配慮し、包括的なデジタル環境を構築するための原則やガイドラインが含まれます。

Q: POUR原則とは何ですか?

A: POURは、Perceivable(知覚可能)、Operable(操作可能)、Understandable(分かりやすい)、Robust(堅牢)の頭文字を指し、ウェブアクセシビリティの4つの基準を表します。これらの基準は、異なる障がいや状況にあるユーザーに対してウェブがアクセシブルであるための指針を提供します。

Q: アクセシビリティを考慮したWeb制作のポイントは何ですか?

A: アクセシビリティを考慮したWeb制作のポイントには、わかりやすいページタイトルの設定、視認しやすい色味の使用、文字化けの回避、画像に代替テキストの使用、リンクテキストの明確な設定があります。これらの要素は、異なるユーザーが効果的にウェブを利用できるようにするための基本的なガイドラインです。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ