【必見】Webデザイナーなら読んでおきたい、Webデザインに関するおすすめ本を紹介します!

Webデザイナーに求められるスキル

デザインに関する知識

Webデザイナーには、優れた視覚的センスとデザインに関する知識が求められます。配色、レイアウト、タイポグラフィなどの基本的なデザイン原則を理解し、それを実践できる能力が必要です。

コーディングの基礎知識

Webデザイナーは、HTMLやCSSなどの基本的なコーディング言語に対する理解を持っていることが重要です。これにより、デザインが実際のウェブページ上で正しく表示されることを確認できます。

デザインツールの操作

デザインツールの熟練した操作が求められます。Adobe Creative CloudのIllustratorやPhotoshop、Sketch、Figmaなどのツールを使ってデザインを作成し、修正できるスキルが必要です。

コミュニケーション能力

Webデザイナーはプロジェクトチームと連携し、クライアントや開発者との円滑なコミュニケーションが不可欠です。アイデアやデザインのコンセプトを明確に伝え、フィードバックを受け入れる能力が重要です。

Webデザイナーにおすすめする本を紹介

デザイン

あるあるデザイン

本書はデザインの基本である「レイアウト」に焦点を当て、言葉で理解しやすいフレーズを通じて、誰でも実践できるデザインのアイデアを提供しています。本書では著者の豊富なデザイン経験をもとに、どんな人でも理解しやすく、役立つデザインのポイントを説明しています。特に、言葉やフレーズを使って、デザインのルールやアプローチを分かりやすく解説しているのが特徴です。

けっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本

本書は、デザインにおいて重要な役割を果たす「余白」に焦点を当て、その活用方法や効果的なデザインレイアウトについて解説しています。デザインの分野で豊富な経験を持つ著者が、余白をどのように使ってデザインをより魅力的にし、視覚的な効果を高めるかについて示唆しています。余白はしばしば見落とされがちですが、正しく活用することでデザインに深みやクリアなメッセージを加えることができます。本書は、デザインにおける基本的な原則としての余白の役割や、実際のデザインにどのように組み込むかについての実践的なアドバイスを提供しています。デザイナーやクリエイターにとって、余白の有効な利用法を学びたい方におすすめの一冊です。

やってはいけないデザイン

本書では、デザインのプロセスや成果物において避けるべき「やってはいけない」デザインのポイントに焦点を当てています。著者自身の経験や視点から、成功例ではなく、むしろ注意が必要な失敗例や誤ったアプローチについて解説しています。これにより、読者はデザインプロセスでより効果的な判断を行い、成功につながるデザインを生み出すヒントを得ることができます。「やってはいけないデザイン」は、デザインの学習者や実践者にとって、失敗から学び、より洗練されたデザインを生み出すための示唆に富んだ一冊となっています。

配色&カラーデザイン ~プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック

この本は、配色とカラーデザインに焦点を当て、デザイナーが一生役立つテクニックや知識を紹介しています。読者は、色彩理論、調和の取り方、色の使い方など、デザインにおける配色の基本から応用まで学ぶことができます。実際のプロジェクトにおいて効果的なカラーデザインを構築したいデザイナーやアーティストにとって、役立つ一冊となっています。

レイアウト

ウェブレイアウトの教科書

この本は、ウェブデザインにおける基本的なデザイン原則と標準的なデザインの手法を紹介しています。読者は、レスポンシブデザイン、ユーザビリティ、アクセシビリティなど、現代のウェブデザインにおいて重要なテーマに焦点を当てながら、実践的なデザインスキルを向上させることができます。本書は、ウェブデザイン初学者や経験者向けに、効果的でモダンなデザインを追求する手助けとなるでしょう。

UI

UIデザインの教科書

この本は、UI(ユーザーインターフェース)デザインに焦点を当てた教科書であり、特にマルチデバイス時代におけるインターフェース設計に関する知識を提供しています。著者は、UIデザインの基本原則から始め、異なるデバイスや状況に適したデザインのアプローチについて解説しています。本書は、UIデザインのプロセスやツール、ベストプラクティスについての実践的なアドバイスも含んでいる可能性があります。デザインに興味があるプロフェッショナルや学習者にとって、UIデザインの基礎を理解し、実践的なスキルを向上させるためのリソースとなるでしょう。

UIデザインの心理学―わかりやすさ・使いやすさの法則

この本は、UI(ユーザーインターフェース)デザインにおける心理学的な側面に焦点を当てています。ジェフ・ジョンソンは、ユーザビリティと使いやすさに関する専門家であり、本書ではデザインのわかりやすさや使いやすさを向上させるための心理学の法則について解説しています。読者はUIデザインにおいてなぜ特定のデザインが効果的であるか、ユーザーがどのように情報を処理し、反応するかについて理解を深めることができます。デザイナーがユーザーの心理を考慮に入れながらデザインを行う上での有益な知見が提供されています。

融けるデザイン ―ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

この本は、デザインにおいてハードウェア、ソフトウェア、ネットワークの要素を融合させる設計論に焦点を当てています。本書では新しい時代の設計において、物理的なデバイス、ソフトウェア、そしてネットワークがどのように連携し合うべきかについて考察しています。読者は、異なるデザイン要素の相互作用や統合について深く理解し、これらを活かして革新的で統一されたデザインを生み出すための示唆を得ることができます。デザインとテクノロジーの交わりに興味を持つ読者にとって、新しい設計論を学ぶ上で参考になるでしょう。

UX

UXと理論で作る Webデザイン: デザイナーでなくてもわかる

この本は、WebデザインにおけるUX(ユーザーエクスペリエンス)と理論に焦点を当てています。本書ではデザイナーでなくても理解しやすい形で、UXの理論を基にしたWebデザインの手法やアプローチを解説しています。読者は、ユーザーがウェブサイトやアプリケーションをどのように利用し、その経験をどう向上させるかについて学びます。理論的な側面からアプローチすることで、UXデザインにおける実践的な知識を身につけることができるでしょう。デザインに携わる人だけでなく、Webサイトやアプリケーションのユーザーエクスペリエンスに興味がある読者にとって有益な情報が提供されている可能性があります。

ウェブ戦略としての「ユーザーエクスペリエンス」―5つの段階で考えるユーザー中心デザイン

この本は、ユーザーエクスペリエンス(UX)をウェブ戦略として捉え、ユーザーセンタードデザインを考える上での5つの段階に焦点を当てています。本書ではウェブ戦略においてなぜユーザーエクスペリエンスが重要か、そしてどのように段階的に考えるべきかについて解説しています。読者は、ウェブプロジェクトにおいてUXを取り入れ、段階的なアプローチでデザインを行う際の指針を学ぶことができます。ユーザーセンタードデザインの理念を理解し、実践的な手法に基づいたユーザーエクスペリエンスの向上を目指すデザイナーやプロジェクトマネージャーにとって、有益な情報が提供されているでしょう。

アクセシビリティ

デザイニングWebアクセシビリティ – アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチ

この本は、Webデザインおよびコンテンツ制作においてアクセシビリティ(利用しやすさ)を重視したアプローチに焦点を当てています。本書ではアクセシブルなデザインやコンテンツ制作の手法やコツについて解説しています。読者は、異なるユーザーグループが利用しやすいWebサイトやアプリケーションを作成するためのガイドラインやベストプラクティスについて学びます。アクセシビリティの理念を理解し、実践的なアプローチでアクセシブルなデザインを行いたいデザイナーや開発者にとって、有益な情報が提供されているでしょう。

制作ルール

Webデザイン必携。プロにまなぶ現場の制作ルール84

この本は、Webデザインのプロフェッショナルたちが実践している制作ルールやノウハウを紹介した実践的なガイドです。本書では84の現場での制作ルールを通じて、プロのデザイナーがどのようにプロジェクトに取り組むかを詳細に解説しています。読者は、Webデザインの実践的なテクニックやトリック、制作プロセスに関する具体的なアドバイスを得ることができます。プロの現場での経験に基づいたリアルな制作ルールを知りたいWebデザイナーや開発者、制作現場での実践的なノウハウを求めるプロフェッショナルにとって、役立つ一冊となっています。

まとめ

Web領域は常に変化が激しいことから、Webデザイナーは常に学習を怠ってはいけません。今回紹介した本は幅広いレベルや興味に対応し、デザイナーのスキル向上やクリエイティブな視点を広げるのに役立ちます。もし気になる本があれば、高価な書籍もありますが、まずは手に取ってみるのはいかがでしょうか。何かしらの有益な知見を得られることができるはずです。

よくある質問

Q: レスポンシブデザインとは何ですか?

A: レスポンシブデザインは、異なるデバイスや画面サイズに対応するために、ウェブサイトやアプリケーションのデザインを調整するアプローチです。これにより、ユーザーはデスクトップ、タブレット、スマートフォンなど、さまざまなデバイスで最適な表示を得ることができます。

Q: カラースキームの選び方について教えてください。

A: カラースキームの選び方は、ブランドイメージやコンセプトに合わせることが重要です。基本的なカラー理論や対比、コンプリメンタリーカラーなどを理解し、ユーザーに快適な視覚体験を提供する配色を選ぶことが良いデザインの基本です。

Q: ユーザビリティテストはなぜ重要ですか?

A: ユーザビリティテストは、実際のユーザーがウェブサイトやアプリケーションを使用する際の体験を評価するための手法です。これにより、ユーザーのニーズや問題点を把握し、デザインを改善することができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ