ECサイトをデザインするときの注意点

重要視されているECデザインのポイントとは

ショッピングサイトの成功には、シンプルで洗練されたデザインが不可欠です。ユーザーが好むのは見やすく、使いやすいサイトで、シンプルなデザインは製品やサービスに焦点を当て、信頼性を高め、購買意欲を刺激します。また、モバイルデバイスからのアクセスが増えている現代では、レスポンシブデザインが重要です。画像とグラフィックの最適化は検索エンジンランキングに影響し、ALTテキストを使用して検索エンジンにコンテンツ内容を伝えることが必要です。最後に、視覚的な一貫性を保つことがブランド認知度向上に寄与し、ユーザーに信頼感を与え、購買意思決定に影響を与えます。

おすすめの画像比率

正しい比率を使用することで、広告の効果を最大限に引き出し、ユーザーの注意を引くことができます。

最適な比率は?

Shopify、Amazon、楽天などサイトによって最適な比率が異なります。

Shopifyでの最適な比率は、1:1(正方形の画像)または16:9(横長の画像)が効果的です。商品の特性に応じて選択しましょう。

Amazonでは、主に1:1の正方形の画像が適しています。これにより、商品が鮮明に表示されます。

楽天では、4:3や1:1の比率が一般的です。商品の種類によって適切な比率を選びましょう。

ECサイトをデザインするときの3つのメリット

今回紹介するメリットは主に3つになります。

  • ブランドイメージの向上
  • ユーザーエクスペリエンスの向上
  • 競争力の強化

それぞれについて詳しく説明していきます。

ブランドイメージの向上

ECサイトのデザインは、ブランドのイメージを高めるのに重要な要素です。洗練された、使いやすい、視覚的に魅力的なサイトは、信頼性とプロフェッショナリズムを伝えます。また、ブランドのロゴ、カラーパレット、フォントなどの要素を一貫して使用することで、ブランドの一貫性を確保し、消費者に印象づけます。

ユーザーエクスペリエンスの向上

ECサイトのデザインは、ユーザーエクスペリエンスを向上させる役割を果たします。使いやすいナビゲーション、スマートフォンやタブレットからのアクセスに対応したレスポンシブデザイン、高速な読み込み速度など、ユーザーがストレスなくサイトを閲覧し、ショッピングを楽しむための要素が重要です。良いユーザーエクスペリエンスは、購買意欲を高め、リピーターを増やすのに役立ちます。

競争力の強化

デザインが優れているECサイトは、競争の激しい市場で優位性を持つのに役立ちます。視覚的な魅力と優れたユーザーエクスペリエンスは、競合他社との差別化を図り、新たな顧客を引き付けるのに役立ちます。また、検索エンジンでのランキング向上も可能で、より多くのオーガニックトラフィックを獲得できます。

ECサイトをデザインするときの3つのデメリット

今回紹介するデメリットは主に3つになります。

  • コストと時間の増加
  • 複難性と技術的な課題
  • ユーザーフィードバックと更新の必要性

それぞれについて詳しく説明していきます。

コストと時間の増加

ECサイトのデザインは、専門家やデザイナーの協力を必要とし、それに伴うコストが発生します。プロフェッショナルなデザインを追求すると、デザイナーの料金、グラフィックス、写真、コンテンツの制作にかかるコストが増加する可能性があります。さらに、デザインプロセスには時間がかかるため、早期のサイト立ち上げが難しくなることがあります。

複難性と技術的な課題

ECサイトのデザインには複雑な要素が含まれ、技術的な課題が発生する可能性があります。特に高度な機能やカスタマイズを追加する場合、開発者との連携が必要で、技術的な問題が発生する可能性があります。これにより、プロジェクトが遅れたり、追加の技術リソースが必要になることがあります。

ユーザーフィードバックと更新の必要性

ECサイトを設計する際、ユーザーフィードバックを収集し、サイトを改善するための継続的な更新が不可欠です。ユーザーの要求や市場の変化に追従するために、サイトを最新のデザインや機能に保つ必要があります。これには追加の作業とコストがかかり、運用においても維持に時間とリソースを費やすことが必要です。これらのデメリットを理解し、適切な対策と計画を立てることで、ECサイトのデザインプロセスを効果的に進めることができます。

商品ページを設定する際の注意点

ECサイトにおいて、商品ページの設定は非常に重要です。ユーザーを引き込み、コンバージョンを促すために、以下の注意点を考慮することが大切です。

コンバージョンボタン

ECサイトのデザインにはコンバージョンボタンも重要です。これから詳しく説明します。

コンバージョンボタンとは?

コンバージョンボタンは、ユーザーに対して具体的な行動を促すためのボタンです。一般的なコンバージョンボタンには「購入する」や「カートに追加する」などがあります。これらのボタンは、ユーザーに商品の購入や行動を起こすよう促し、コンバージョン率を向上させます。

色で差別化する

商品ページにおいて、適切な色の選択は重要です。商品やブランドに合ったカラースキームを使用し、商品の魅力を引き立てましょう。また、コンバージョンボタンの色を目立たせ、ユーザーの視覚的な注目を引くことが大切です。一般的に、行動を促すボタンには目立つ色が使用されます。

サイズで差別化する

商品ページの要素のサイズも重要です。商品画像やテキストのフォントサイズを適切に設定し、ユーザーが情報を簡単に理解できるようにしましょう。また、コンバージョンボタンのサイズを大きくすることで、タップしやすくし、ユーザーの行動を奨励します。

ボタン感を出す

コンバージョンボタンは、ボタン感を持つようデザインすることが重要です。ボタンがクリック可能であることを視覚的に示すために、影やマウスホバーエフェクトを活用しましょう。また、ボタンのテキストは明確で行動を促す内容にすることで、ユーザーにアクションを起こさせます。

これらの注意点を考慮しながら、商品ページの設定を行うことで、ユーザーのコンバージョン率を向上させることができます。

入力フォームを設定する際の注意点

ウェブサイト上の入力フォームは、ユーザーから情報を収集するために非常に重要です。ユーザーがスムーズに情報を提供できるよう、以下の注意点を考慮することが大切です。

入力フォームは使いやすいかどうか

入力フォームが使いやすいかどうかは、ユーザーエクスペリエンスに大きな影響を与えます。フォームのデザインはシンプルで直感的であるべきで、ユーザーがどの項目を入力すべきかを迷わずに理解できるようになっている必要があります。また、フォームのフィールドに関するヘルプテキストやヒントを提供することも役立ちます。

ステップ数を明確にする

長大な入力フォームを複数のステップに分割する場合、ステップ数を明確に表示することが重要です。ユーザーは進行状況を把握できるため、不安や混乱を軽減できます。進行状況インジケーターを使用するか、明示的なステップ番号を表示しましょう。

必須項目を明確にする

必須項目はユーザーにとって重要な情報を提供するため、それらを明確に示すことが大切です。星印や「必須」といったラベルを使用して、どの項目が必要かをユーザーに伝えましょう。また、不必要な項目を最小限に抑えることも、ユーザーの負担を軽減します。

入力内容を明確にする

ユーザーがフォームに情報を入力するとき、入力内容が明確であることが重要です。選択肢がある場合は、ドロップダウンメニューやラジオボタンを使用して、ユーザーが正確に選択できるようにしましょう。テキストボックスの場合、適切なフォーマットや例を提供することが役立ちます。

エラーを明確にする

ユーザーがフォーム入力中にエラーが表示される場合、エラーメッセージは明確で分かりやすいものであるべきです。ユーザーに正しい方法を示し、修正の手順を提供することで、エラーの解決をサポートしましょう。

入力内容によってエラー表示を変える

入力内容に応じてエラー表示を変えることで、ユーザーはエラーを理解しやすく、修正しやすくなります。これにより、ユーザーのフラストレーションを軽減し、スムーズなフォーム入力体験を提供できます。例えば、メールアドレスの形式エラーとパスワード不一致エラーでは、それぞれ異なるメッセージを表示しましょう。メールアドレスの形式エラーの場合、正しいメールアドレスの形式を示し、ユーザーに修正の手順を提供します。一方、パスワード不一致エラーの場合、再度パスワードを確認するよう促します。

まとめ

ECサイトのデザインには多くの要素が影響を与えますが、特に画像の比率、コンバージョンボタン、入力フォームに焦点を当てることが重要です。適切な画像比率を選択し、コンバージョンボタンを効果的に設計し、使いやすい入力フォームを提供することで、顧客の期待に応える設計を実現できます。ユーザーエクスペリエンス向上とセキュリティ確保も欠かせないポイントです。顧客にとって魅力的で信頼性のあるECサイトを構築するために、これらの要素を総合的に考慮しましょう。

よくある質問

Q1:レスポンシブデザインは必要ですか?

A1:はい、モバイルフレンドリーなデザインは重要です。スマートフォンからのアクセスが増えており、モバイルユーザーにも優れた体験を提供する必要があります。

Q2:商品画像の最適なサイズは?

A2:商品画像は高解像度で、主要なデバイスで適切に表示されるように設計されるべきです。一般的に、800×800ピクセル以上が推奨されます。

Q3:セキュリティ対策はどうすれば良いですか?

A3:SSL証明書を導入し、顧客の個人情報や支払い情報を暗号化して保護しましょう。また、セキュリティアップデートを定期的に実施することを推奨します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ