【効率アップ】Amazon出品アカウントの複数保持について解説

Amazon出品アカウントの複数保持とは

Amazonの出品者アカウントは、通常、1つのセラーセントラルアカウントにまとめられます。

しかし、「Amazon出品アカウントの複数保持」とは、この原則に反する形で、1つの出品者が複数の出品アカウントを所有している状況を指します。

Amazonはこの行為を禁止しており、例外としては「ビジネス上の正当な理由があり、すべてのアカウントが問題なく運用されている場合」が挙げられています。

要するに、2つ目のアカウントを開設する際には、その背後には合理的なビジネス上の理由が必要であり、かつ全てのアカウントが適切に管理・運用されている必要があります。

ただし、地域ごとに異なる出品アカウントを維持することは原則的には認められていますが、それにもかかわらず、総合的なセラーセントラルアカウントの数は1つに限定されます。

このポリシーは、Amazonが出品者との公平な競争や顧客保護のために定めているものであり、これに違反するとアカウントの制限や停止などの措置が取られる可能性があります。

複数の出品アカウントを保有することができる条件

ビジネス上の正当な理由があること

ビジネス上の正当な理由とは、以下のようなものが該当します。

複数のブランドを所有している場合

複数の独自ブランドを所有する場合、各ブランドに特有の商品カテゴリやターゲット顧客層が存在することが一般的です。

このような場合、それぞれのブランドに対応するために、複数の出品アカウントを保有することが可能です。

各ブランドが異なる商品カテゴリをカバーし、異なる顧客層にアプローチしている場合、個別のアカウントを維持することは適切な戦略となります。

例えば、ファッションとホーム用品を提供する2つの異なるブランドを所有している場合、それぞれのブランドに特有のスタイルや需要に対応するために、別々のアカウントを管理することが効果的です。

これにより、各ブランドのブランディングとマーケティングがより専念され、顧客とのコミュニケーションが強化されるでしょう。

ただし、複数のアカウントを保有する際には、それぞれがAmazonのポリシーに厳密に準拠していることが重要です。

品質管理やサービス提供においても一貫性を持ち、各ブランドがポジティブな顧客体験を提供できるように努める必要があります。

複数の部門や事業部で商品を販売している場合

企業が複数の部門や事業部を有し、それぞれが独立して商品を販売している場合、それぞれの部門や事業部に対応するために複数のアカウントを設けることが許容されています。

各部門が異なる市場や顧客層に焦点を当て、独自の商品戦略を展開している場合、個別のアカウントを保有することが効果的です。

例えば、テクノロジー製品を扱う部門とアパレル製品を販売する事業部がある企業では、それぞれの特性に合わせて異なるアカウントを管理することが有益です。

これにより、各部門が自身の市場ニーズに柔軟に対応でき、商品戦略やマーケティングが最適化されます。

ただし、複数のアカウントを維持する際には、全てのアカウントがAmazonのポリシーに厳密に適合していることが不可欠です。

品質管理やサービス提供においても一貫性を持ち、各部門が良好な取引関係を築くことが求められます。

複数アカウントを効果的に活用するためには、それぞれの部門が独立して運用されつつも、全体の企業戦略と調和させることが鍵となります。

海外市場に参入するために、地域別のアカウントを保有している場合

海外市場に参入する企業が地域別のアカウントを保有するのは、国や地域ごとに異なる市場戦略や規制が存在するためです。

各国や地域には異なる文化、言語、法律があり、それに合わせたアプローチが求められます。

そのため、企業は地域ごとに異なるアカウントを保有することで、地域ごとに適切な運用やマーケティングが可能となります。

例えば、アジア太平洋地域とヨーロッパ地域では消費者の嗜好や購買行動が異なります。

地域ごとに独自の広告戦略やプロモーションが必要であり、それに対応するためには個別のアカウントが有益です。

また、各地域の法律や規制にも対応する必要があり、地域ごとに異なるアカウントを持つことで、コンプライアンスを確保しやすくなります。

地域別のアカウントを保有することで、企業は異なる市場環境に柔軟に適応し、地域ごとに最適な商品ラインナップや価格戦略を展開できます。

総じて、地域別のアカウント管理は国際的な展開において重要な要素となり、企業のグローバルな成功に寄与します。

すべてのアカウントが問題なく運用されていること

アカウントが停止や制限を受けていないこと

複数のアカウントを所有する場合、至上の条件はすべてのアカウントが正常に運用されていることです。

特に、各アカウントが停止や制限を受けていないことが極めて重要です。

アカウントが停止されると、出品者は商品の販売が不可能となり、これが企業全体に甚大な影響を及ぼす可能性があります。

このため、アカウントが健全な状態で運用されていることは非常に不可欠です。

Amazonは出品者に対して厳格なガイドラインを定めており、これに違反する行為があればアカウントが制限または停止される可能性があります。

例えば、商品の品質や説明に問題がある場合や、不正行為が疑われる場合などです。

したがって、出品者は自身のアカウントがAmazonのポリシーに準拠していることを確認し、違反行為を回避するよう努める必要があります。

アカウントの停止や制限は販売活動に重大な影響を与えるため、日常的なモニタリングやポリシーの最新情報への適応が必要です。

アカウントの健全性を維持することは信頼性の向上や長期的な成功に繋がり、ビジネス運営において不可欠な一環となります。

アカウントで販売している商品がAmazonのポリシーに違反していないこと

各アカウントで販売される商品がAmazonの厳格なポリシーやガイドラインに違反していないかの確認が非常に重要です。

Amazonは商品の品質や表示に関して厳格な基準を設けており、これに従わない商品が掲載されていると、アカウントには制限や制裁が科される可能性があります。

そのため、出品者は商品リストを慎重に管理し、Amazonのポリシーに従っているかどうかを確認することが不可欠です。

商品がポリシーに適合していない場合、例えば欠陥品や正確でない説明がある場合、出品者はアカウントに対する制裁を受ける可能性があります。

これには出品の一時停止やリスティングの削除などが含まれます。

したがって、正確で誠実な商品情報の提供や商品の品質管理が必要です。

また、Amazonのポリシーは変更される可能性があるため、出品者は定期的に最新情報を確認し、自身の商品が最新の基準に準拠しているかどうかを確認するべきです。

アカウントで販売される商品がAmazonのポリシーに適合していることは、信頼性の向上やビジネスの継続的な成功に不可欠な要素となります。

参考:Amazon出品大学

複数の出品アカウントを保有する場合の注意点

アカウント間で顧客情報を共有できない

複数の出品アカウントを保有する場合、特に留意すべきなのはアカウント間で顧客情報を共有できないという点です。

各アカウントは独立して運営され、顧客情報は個別に管理されます。

これはつまり、異なるアカウントで買い物をした同一の顧客に対しても、それぞれのアカウントが独自の情報を持っているため、一元的な顧客管理が難しいという課題が生じます。

顧客情報の個別管理には注意が必要であり、例えば特定の商品に関心を示す顧客が異なるアカウントで買い物を行った場合、それを統一的に把握することが難しくなります。

このため、出品者は各アカウントでの顧客情報管理に慎重に取り組む必要があります。

この制約を考慮しつつも、各アカウントでの顧客対応やサービスの向上に努めることが重要です。

異なるアカウントで買い物をする同一の顧客が、一貫して良好なショッピング体験を享受できるよう、出品者は効果的なコミュニケーション戦略や顧客サポートを展開することが求められます。

アカウント間で売上や利益を集計できない

異なる出品アカウント間では、売上や利益を直接的に集計することができません。

各アカウントは独自に収益データを管理し、それぞれが独立して経済的なパフォーマンスを把握する必要があります。

この事実は、複数のアカウントを所有する事業者にとって企業全体の収益状況を一元的に確認することの難しさを意味しています。

各アカウントが個別に運営されているため、異なる製品ラインや市場セグメントに焦点を当てている場合、それらのアカウントごとの成功を明確に理解することが重要です。

しかし、これは同時に、企業全体の売上や利益を簡単に把握することが難しい側面も持ちます。

これに対処するためには、各アカウントの経済的な健全性をモニタリングし、必要に応じて経済的な情報を統合して全体像を把握する努力が求められます。

出品者は効果的な会計手法や統合システムの導入を検討し、異なるアカウント間での経済的な情報の共有を最適化することで、総合的なビジネスの成果を最大化することが期待されます。

アカウント間で商品や在庫を共有できない

複数の出品アカウントを保有する場合、異なるアカウント間で商品や在庫を共有することはできません。

各アカウントは独自の商品リストと在庫管理を行います。

このため、特定の商品や在庫を最適に活用するためには、慎重な商品管理と在庫調整が必要です。

異なるアカウントが独立して商品を管理する仕組みは、ビジネスの柔軟性を高めつつも、同時に効果的な在庫最適化が難しくなる一因です。

例えば、特定の商品が異なるアカウントで異なる需要を持っていた場合、在庫の均衡をとることが挑戦となります。

出品者は注意深く各アカウントの在庫状況を監視し、需要予測に基づいて在庫を調整することで、商品の売れ行きや需要変動に迅速に対応することが求められます。

また、効果的な在庫管理システムの導入やアカウント間での情報共有の最適化を検討することで、商品供給の効率向上が期待されます。

これにより、異なるアカウント間での商品と在庫の調整をよりスムーズに行い、顧客満足度の向上や効果的なビジネス運営に寄与することが可能です。

参考:Amazon出品大学

Amazon出品アカウントの複数保持についてのまとめ

Amazonでは、通常、1つの出品者が1つの出品アカウントを保有することが推奨されています。

しかし、例外的な状況やビジネス上の正当な理由がある場合には、複数のアカウントを保持することが認められています。

この際、いくつかの重要な注意点が存在します。

まず、アカウント間での顧客情報や売上・利益の共有はできません。

各アカウントは独立して運営され、情報は個別に管理されるため、一元的な統合が難しい点に留意が必要です。

同様に、商品や在庫もアカウント間で共有できません。

それぞれのアカウントは独自の商品リストと在庫管理を行い、調整が必要です。

また、アカウントが停止や制限を受けないように注意する必要があります。

Amazonのポリシーに準拠し、商品の品質や表示に気を配ることが不可欠です。

さらに、各アカウントがビジネス上の正当な理由に基づいて存在し、問題なく運用されていることが求められます。

総じて、複数の出品アカウントを保有する場合は、慎重かつ適切な管理が必要です。

ビジネス上の理由や戦略に基づき、各アカウントが独立して成果を上げるよう運営することで、Amazonでの出店活動を効果的かつ順調に進めることが可能です。

参考:Amazon出品大学

Amazon出品アカウントの複数保持についてよくある質問

Q1: 複数のAmazon出品アカウントを保持することは許可されていますか?

A1: 通常、1つの出品者は複数の出品アカウントを保有することは禁じられています。ただし、ビジネス上の正当な理由がある場合には複数のアカウントを保持することが認められています。

Q2: 複数のアカウントを持つ際に注意すべきポイントはありますか?

A2: はい。アカウント間で顧客情報や売上・利益の共有ができないため、各アカウントが独立して情報を管理する必要があります。商品や在庫も共有できないため、慎重な商品管理が求められます。また、各アカウントがAmazonのポリシーに違反せず、正当な理由に基づいて運用されていることも重要です。

Q3: 複数のアカウントを持つメリットはありますか?

A3: ビジネス上の正当な理由がある場合、複数のアカウントを保持することで異なる商品ラインや市場セグメントにフォーカスしやすくなります。ただし、適切な管理が必要であり、一元的な統合が難しい点に留意する必要があります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/16】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ