Amazonストアとは?機能や利用条件について解説します

Amazonストアとは

Amazonストアは、ウェブサイトのように独自のブランド専用ページを作成し公開できる機能です。この機能を活用することで、Amazonの商品ページの制約を超えて、ブランドの独自性や魅力を視覚的に伝えることが可能です。通常の商品ページでは限られた情報しか伝えられませんが、Amazonストアを使用すると、ブランドに関する情報やストーリー、価値観、こだわりなどを詳細に表現できます。これにより、ユーザーにブランドのアイデンティティを伝え、ブランド認知度を向上させることができます。さらに、検索エンジンでのブランド関連キーワードでの表示やリピーターの増加につながり、コンバージョン率の向上と売上の拡大に寄与します。 Amazonストアは、ブランドの独自性を強調し、顧客との結びつきを深める重要なツールと言えます。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazonストアの利用条件

Amazonブランド登録が必須

Amazonストアを作成するためには、Amazonブランド登録が必要です。 Amazonブランド登録は、商標を取得済みのブランドが行うプロセスで、そのブランドの知的財産権を保護する役割を果たします。具体的には、ブランドの所有権をAmazonに明確に示すことで、そのブランドの商品情報における編集権限がブランド自体に与えられます。これにより、他の出品者によるブランドの乗っ取りや商品情報の不正改ざんを防ぐことができます。

要するに、Amazonは本物のブランドを守り、ブランドに関連する情報を信頼性のあるものにするために、Amazonブランド登録を要求しています。しかし、注意すべき点として、このブランド登録にはブランドの商標が不可欠です。つまり、ブランドが商標を取得していない場合、Amazonストアを作成することはできません。そのため、Amazonストアを活用したい場合、まずはブランドの商標取得を優先的に進めることが必要です。ブランド登録と商標取得を経て、Amazonストアを開設することで、ブランドの認知度向上や顧客との強い結びつきを築く手段として活用できます。

利用金額

Amazonストアの利用に関して、利用料について心配されることは理解できますが、安心してください。Amazonブランド登録が完了している出品者にとっては、Amazonストアの利用は「無料」です。特別な費用をかけずに、ブランド専用ページを作成し、ブランディングを強化することができます。

Amazonストアを作成するプロセスは非常に簡単で、専門的なコーディングスキルやテクニカルな知識は必要ありません。Amazonはストアを構成できるテンプレートを提供しており、これを活用してテキストや画像を自由に組み合わせるだけで、魅力的なストアを作成できます。

作成の際には、ブランドを最良に表現するために、高解像度の画像素材を使用することをおすすめします。その後は、自身のアイデアとセンスを活かして、ブランドの独自性を引き立てるページを作成できます。

Amazonストアは、ブランドの強化や顧客への情報提供に貢献する強力なツールであり、それを無料で利用できる点は大きな利点です。ブランドの魅力を最大限に引き立て、顧客との結びつきを深めるために、Amazonストアを積極的に活用しましょう。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazonストアを利用するメリット

ブランドの強化が出来る

Amazonストアを利用することで、ブランドの強化が可能です。通常の商品ページでは、商品に関する情報を示す「商品紹介コンテンツ(A+)」を使用していますが、これには限界があります。商品に焦点を当てるため、ブランドの独自性やメッセージが制約されがちです。

一方、Amazonストアはブランド全体を表現できるプラットフォームとして機能します。これを活用することで、自社ブランドの独自の価値、世界観、ブランドイメージを詳細に伝えることができます。テキストや画像だけでなく、動画も追加でき、さらにPC、モバイル、タブレットなど、異なるデバイスに対応します。

ブランドの物語性やストーリーテリングを通じて、顧客に深い印象を与え、忠誠心を高め、ブランド認知度を向上させるのに役立ちます。このようなブランド専用ページは、Amazonストアを通じて効果的に構築でき、ブランドブースティングに貢献します。

豊富なデータの利用が可能

Amazonストアを活用する際、豊富なデータを取得できるのが魅力の一つです。作成したAmazonストアへの訪問者数や閲覧数、そして売上データについて、詳細な情報はストアインサイトから確認できます。これにより、ビジネスの効果を分析し、戦略の最適化に役立てることが可能です。

主な指標として、以下の情報が提供されます:

  • 日別訪問者数(UU):1日にストアを閲覧したユニークユーザーまたはデバイスの合計数。
  • 閲覧数(PV):選択した期間内のページビュー数。これにはリピート閲覧も含まれます。
  • 売上:ストア訪問者の最後の訪問から14日以内に発生した売上の推計額。
  • 注文された商品点数:ストア訪問者が最後の訪問日から14日以内に注文した商品の総数。
  • 閲覧数/訪問者数:ストアの日別訪問者が平均的に閲覧したユニークページ数。

これらのデータはAmazonストアを効果的に運営するための貴重な情報源です。特に新商品の発売タイミングや注力商品の変更時に、ページ構成のカスタマイズや戦略の微調整に役立ちます。出品者は自由にコンテンツを編集できるため、データに基づいた最適なストア構築が可能で、魅力的なブランド体験を提供し、顧客の満足度を高めるのに役立ちます。

広告にも利用可能

Amazonストアは外部広告戦略にも非常に有用です。これは、AmazonストアのURLを活用して、Amazonサイト内外の媒体で効果的に宣伝を行うことができるからです。具体的には、「amazon.co.jp/ブランド名」といったAmazonストアの専用URLを使用できます。これにより、Google、Yahoo、Facebook、Instagram、Twitter、メールマガジンなどの多くのプラットフォームで、外部からAmazonストアへの遷移を促進できます。

外部広告を活用するメリットは、新規顧客を獲得する機会を大幅に拡大できる点です。外部媒体を通じて、まだAmazonを利用したことのない潜在的な顧客にブランドや商品を紹介し、彼らをAmazonストアに誘導できます。これにより、ブランドの知名度を向上させ、新たな購買層を獲得することが可能です。

外部広告による流入の増加は、売上の増加につながります。また、Amazonの広告プラットフォームと連動させることで、より精密なターゲティングやROIの向上も期待できます。外部広告とAmazonストアを組み合わせて活用することで、ブランドの成長を加速させる効果的な戦略が展開できるでしょう。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazonストアについてのまとめ

Amazonストアは、自社のブランディングを強化し、顧客への情報提供を向上させるための優れたツールです。このプラットフォームを効果的に活用することで、ブランドに関連する情報やブランドの独自性を視覚的に伝え、顧客のブランド認知度を高めることができます。また、Amazonストアを通じて、訪問者数や閲覧数、売上データなど豊富な情報を収集し、ビジネス戦略の最適化に活用できます。外部広告戦略にも適しており、AmazonストアのURLを外部広告に活用することで、新規顧客を獲得し、売上を増加させる機会を広げることができます。さらに、Amazonブランド登録が完了している出品者にとって、Amazonストアの利用は無料で、専門的なスキルは不要です。簡単なテンプレートを使用して、自分自身のアイデアとセンスを活かしてブランド専用ページを作成できます。総じて、Amazonストアはブランド強化や売上拡大に向けて非常に有用なツールであり、積極的に活用することをおすすめします。

Amazonストアについてよくある質問

Q1:Amazonストアとはどのようなものですか?

A1:Amazonストアとは、Amazonで商品を販売する出品者が、自社ブランドの商品をまとめて販売するための専用ページです。Amazonストアを利用すると、出品者は自社ブランドの認知度を向上させ、より多くの売上を獲得することができます。

Q2:Amazonストアを開設するには、どのような条件がありますか?

A2:Amazonストアを開設するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 出品者登録をしていること
  • 販売する商品がAmazonの販売規約を遵守していること
CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ