【売上200%UP】Amazon自社セール2大施策!今すぐ実践で驚きの効果

Amazonの自社セールとは

Amazonの自社セールは、セラーが独自の販促イベントを企画・実施し、それによって商品の売り上げを伸ばすための仕組みです。
セラーは、Amazonが提供するプラットフォーム上で自社ブランドや商品に焦点を当て、顧客に対して特別なオファーや割引、限定商品などを提供します。
これにより、セラーは自社の商品をより多くの購買者にアピールし、競争の激しいマーケットで差別化を図ることができます。

Amazonの自社セールに参加することで、セラーは販売促進の手段として有益なツールや機能を活用できます。
例えば、ライティングやデザインのスキルを持つセラーは、魅力的なプロモーションページを作成してセールを成功させることができます。
また、セール中に広告キャンペーンを実施することで、自社商品をより多くのユーザーに露出させることができます。

この記事では自社セールについて詳しく解説します。

クーポン

概要

クーポンの訴求力について詳しく説明します。
クーポンは商品が検索結果一覧に表示される際に、緑のタグが与えられ、視覚的に際立つ特徴があります。
この緑のタグはユーザーに対して「セール中の商品」であることを示唆し、商品が目に留まりやすくなります。
検索結果ページや商品詳細ページにおいて、このクーポンの視覚的なインパクトは非常に大きいです。

ユーザーは緑のタグがついた商品を見ることで、特別価格や特典が提供されていることを簡単に理解できます。
この認識は購買意欲を高め、クーポン対象商品の注目度を向上させます。
特に検索結果一覧での目立つ表示は、多くのユーザーに直接的なインパクトを与え、商品へのアクセスやクリック率が向上します。

また、競合他社に対しても、クーポンを活用することで優位性を示すことが可能です。
セール中の商品が目立つことで、同じカテゴリやキーワードで競合する他社商品よりも注目を浴びやすくなります。
この差別化はユーザーに商品の選択肢を提示し、購買の決断に影響を与える要因となります。
総じて、クーポンは視覚的な訴求力を活かし、ユーザーとのコミュニケーションを強化する優れた販促手段と言えます。

メリット

使用回数の柔軟な設定

クーポンの柔軟な使用回数設定は、セラーに多岐にわたる販促戦略を展開するための重要な特長となっています。
購入者1人に対して1回のみの使用や、複数回の使用が設定可能であるため、さまざまなアプローチが可能です。

この柔軟性を活かし、セラーは特定のユーザーに対してリピート購買を促進できます。
一度の購買に留まらず、同一ユーザーに対して継続的な特典を提供することで、忠誠度を高め、リピーターを増やすことが期待できます。
また、購入者1人に対して1回のみのクーポンを設定することで、特定商品の複数回の購入を促すことも可能です。

さらに、異なる顧客層に対して異なるクーポンを提供することができます。
例えば、新規顧客には初回購入時の割引を提供し、既存顧客にはリピート購買を促進するクーポンを提供するなど、顧客層ごとに最適なプロモーションを実現できます。
これにより、幅広いユーザー層に対して的確なアプローチを行い、マーケティング戦略の多様性を確立します。

総じて、クーポンの柔軟な使用回数設定は、顧客応対において柔軟性をもたらし、マーケティング戦略の多様性を生み出すセラーにとっての貴重な特長と言えます。

ターゲット設定の多様性

クーポンでは、特定のターゲットに対してのみ提供することも可能です。
例えば、Amazon Prime会員に対して限定的なクーポンを提供することで、プライム会員向けの特典を強調し、そのメリットを享受できるユーザーを増やすことができます。
同様に、特定の期間内に利用可能なクーポンを発行することで、需要の集中やイベント性を高める戦略も展開可能です。

このような柔軟なクーポン設定により、セラーは的確にアプローチを行い、顧客層に最適なプロモーションを提供できます。
ターゲットの細かな設定が可能なため、セールの対象を最適化し、販売促進の効果を最大限に引き出すことができます。

デメリット

手数料がかかる

クーポンの利用には、購入者が1回クーポンを使用するごとに「引き換え手数料 60円」が発生します。
この手数料は、セラーが提供する割引に対する対価として徴収され、クーポンが利用されるたびに60円が引かれる仕組みです。
そのため、実際の販促予算を計画する際にはこの手数料を考慮することが重要です。

手数料の発生により、セラーは提供する割引額と手数料の両方を予算内で調整する必要があります。
特に大規模なセールやプロモーションを展開する際には、手数料が予算全体に占める割合を検討し、最終的なクーポン設定を決定することが求められます。
また、手数料がコストとして発生することから、実際の収益や利益を見据えたクーポン戦略を練ることが戦略的な販売活動の一環となります。

セラーは手数料を踏まえながら、購買者の引き付けや売り上げの増加を促進する戦略的なクーポンの活用を検討し、バランスの取れた販促計画を構築することが重要です。

クーポン反映に時間がかかる

クーポンを設定してから実際に反映されるまでには「最大6時間」かかります。
この反映までの時間はセラーにとって重要な要素であり、クーポンを使用する予定がある場合には特に慎重な計画が必要です。
特にセールやプロモーションの開始前にクーポンを設定することが重要です。

反映までの時間を考慮しないと、予定よりも遅れてクーポンが利用可能になり、これが顧客の期待に添えない結果となる可能性があります。
顧客は早く利用できるクーポンに期待しているため、計画的かつ時間に余裕をもってクーポンを設定することが欠かせません。
特に大規模なセールや特別なイベントにおいては、セラーは事前にクーポンを設定し、反映までの時間を考慮して戦略的に展開する必要があります。

この計画的なアプローチにより、セラーはクーポンの効果的な活用を確保し、プロモーション期間中にスムーズな販売活動を展開できます。
時間的な余裕を持たせることで、予期せぬ問題への対応や顧客サポートにも余裕をもつことができ、より成功を収めるための環境を整えることができます。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazonポイント

概要

Amazonポイントは、Amazon.co.jpにおいて利用されるポイントプログラムであり、ユーザーに対して購買活動や特定のプロモーションに対する報酬として提供されます。
ユーザーは商品の購入や特定のキャンペーンへの参加などにより、Amazonポイントを獲得できます。

ポイントは1ポイントが1円相当として計算され、ユーザーのアカウントに自動的に付与されます。
これらのポイントは、次回以降の購買時に一部または全額を支払うために利用でき、顧客にとってキャッシュバックや割引としての利用が可能です。
ポイントは有効期限があるため、一定期間内に利用することが推奨されます。

Amazonポイントは出品者にとっても重要なプロモーションツールであり、商品の特典やセール価格として提供されたり、特定の商品カテゴリにおいてポイント付与キャンペーンが行われたりします。
これにより、出品者は商品の魅力向上や売上促進を図る一方で、ユーザーにとっても魅力的なショッピング体験を提供しています。
Amazonポイントはその利便性や柔軟性から、顧客応対や販売促進の重要な手段として、Amazonのプラットフォーム上で幅広く活用されています。

メリット

手数料が発生しない

Amazonポイントを利用する上での大きなメリットの一つは、手数料が一切発生しない点です。
Amazonポイントを購入者に付与する場合、セラーはそのポイントに対して追加の手数料を支払う必要がありません。
出品者がポイントを提供する原資は出品者自身が負担しますが、手数料がかからないため、比較的容易にこの施策を導入することができます。

手数料なしの特典は、セラーにとって魅力的であり、商品やサービスに付加価値を付与する手段として注目されています。
顧客へのポイント提供が手軽であることから、セラーは顧客の魅力度を向上させ、リピーターを増やすための一環としてAmazonポイントを積極的に活用しています。

手数料が発生しない利点は、セラーにとって追加の負担が発生せず、ポイント提供が柔軟で効果的なプロモーションとなることを可能にします。
これにより、販促活動の実施や売上促進に向けた戦略の展開が円滑に行え、Amazon上での競争力を向上させる要因となっています。

他の自社セールと併用可能

Amazonポイントの大きなメリットの一つは、他の販促手法との併用が可能であることです。
具体的には、「セール価格」や「クーポン」、「プロモーション」など、さまざまな販促手法とAmazonポイントを同時に組み合わせて利用することができます。
この特長により、セラーは様々な施策を組み合わせ、柔軟で効果的なプロモーションを展開することが可能です。

例えば、特定商品に対してAmazonポイントを付与しつつ、同時にクーポンを提供することで、購買意欲を高め、セール期間中に販売を促進することができます。
また、特定の商品カテゴリに対してプロモーションを実施し、同時にAmazonポイントを利用することで、広範な顧客層にアピールする戦略も考えられます。

この併用可能性により、セラーは様々なプロモーション戦略を同時に実施することができ、顧客に対して多角的かつ魅力的な提案を行うことができます。
顧客はさまざまな特典を享受することができるため、プロモーションに対する期待感が高まり、セラーの商品やブランドに対する興味が一層高まることでしょう。
これにより、競争激化するAmazon市場において、セラーは差別化を図りながら効果的なプロモーションを展開することが可能です。

訴求力がある

Amazonポイントの訴求力は非常に高く、その主な要因は検索結果一覧ページでの表示形式にあります。
Amazonポイントが「赤字」で表示されるため、視覚的に非常に目立つ位置に配置されます。
この効果的な視覚訴求により、商品が検索結果で目立ちやすくなり、ユーザーの注意を引きやすくなります。

検索結果ページにおいて商品が目に留まりやすくなることで、クリック率や購買率の向上が期待できます。
ユーザーは赤字で表示されたAmazonポイントに注目し、それが商品への付加価値となることから、商品への興味や信頼度が向上します。
このような視覚的な訴求は、購買意欲を高め、ユーザーにとって魅力的な選択肢として浮上させる役割を果たします。

さらに、競合他社との差別化にも寄与します。
同じカテゴリやキーワードで検索された商品の中で、Amazonポイントが赤字で目立っていれば、他の商品との差別化が際立ち、ユーザーの選択肢として優位性を築くことができます。
これにより、市場競争においてセラーは他社との差別化を図り、顧客の注目を確保することができます。

総じて、Amazonポイントが検索結果一覧ページで「赤字」で表示されることは、商品の訴求力を向上させ、効果的なマーケティング戦略の一環としてセラーにとって非常に有益な要素と言えます。

手数料が安価になる

Amazonポイントを利用することで、販売手数料が安くなる大きなメリットがあります。
具体的な仕組みは、「(売上合計額 ー ポイント付与数) × 販売手数料(%) = 販売手数料」となり、これによりポイントが付与された商品が売れた場合、販売手数料が割引される仕組みが構築されています。

この仕組みにより、セラーは販売手数料を実際の売上合計からポイント付与分を差し引いた金額に対して支払うこととなります。
例えば、売上合計が1000円でAmazonポイント50ポイントを付与した場合、販売手数料は950円に対して適用されます。
このため、実際の販売手数料が割引され、セラーはコストを削減できるという利点が生まれます。

販売手数料が割引されることで、セラーは商品の利益を最大化しやすくなります。特に大口の注文や高額な商品の場合、ポイントによる手数料割引がセラーにとって経済的なメリットとなります。
この仕組みにより、Amazonポイントの活用は販売戦略の一環として、コスト効率の向上や競争力の強化に寄与することが期待されます。

デメリット

Amazonポイントのデメリットの一つは、ユーザーによるポイントの使用がAmazon.co.jpに限定されている点です。
現時点では、ユーザーが獲得したAmazonポイントはAmazon.co.jpにおいてのみ利用可能であり、他のオンラインプラットフォームやサービスでの利用は認められていません。
この制約により、Amazon以外のプラットフォームをよく利用するユーザーにとっては、ポイント付与が魅力的でない可能性があります。

例えば、複数のオンラインショッピングサイトやサービスを利用するユーザーにとって、Amazon以外のプラットフォームでのショッピングや活動が頻繁であれば、Amazonポイントの価値は相対的に低く感じられるかもしれません。
他のプラットフォームでの利用が難しいため、ユーザーにとっては利便性が制約されることが懸念されます。

このデメリットを踏まえつつも、Amazonポイントは依然として多くの利用者にとって魅力的なプロモーション手法であり、Amazonのプラットフォーム上での売上促進や顧客応対において有効に活用されています。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazonで自社セール開催ができる2つの施策についてのまとめ

自社セールは、セラーが主導して計画し、実行することで、商品やブランドの独自性や特長を際立たせる絶好の機会となります。
このセールを通じて、セラーは競合他社との差別化を図り、顧客の信頼を築くことができるでしょう。
ただし、成功には戦略的なプランニングや効果的なマーケティングが不可欠であり、慎重な計画と実行が求められます。
適切なタイミングでのプロモーションや割引の提供、魅力的なコンテンツの作成など、綿密な戦略がセラーのセール成功の鍵となります。
また、顧客とのコミュニケーションを重視し、フィードバックを収集することで、今後のセールの改善につなげることも重要です。
これにより、セラーは自らのビジネスを強化し、市場での存在感を向上させることが期待されます。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

■Amazonで開催されるセールイベントについて解説した記事はこちら

■Amazonセールの種類と最新販売方法について解説した記事はこちら
■【トラブル解消】Amazon「セールの獲得に失敗しました」とは|原因や対応方法について解説した記事はこちら

Amazonで自社セール開催ができる2つの施策についてよくある質問

Q1: Amazonポイントとクーポンの違いは何ですか?

A1: Amazonポイントとクーポンの違いは、以下のとおりです。Amazonポイントは、Amazonでの買い物や、Amazonプライム会員の登録など、さまざまな方法で獲得できるポイントです。Amazonポイントは、商品の購入時に利用することができ、1ポイントは1円相当の価値があります。クーポンは、出品者が作成・配布する割引券です。クーポンは、商品の購入時に利用することができ、クーポンごとに割引率や利用条件が異なります。

Q2: Amazonポイントとクーポンは、どちらが効果的ですか?

A2: Amazonポイントとクーポンのどちらが効果的かは、目的やターゲットによって異なります。Amazonポイントは、顧客の囲い込みや、リピーターの獲得に効果的です。Amazonポイントを獲得することで、顧客はAmazonでの買い物に継続的に利用したくなるため、囲い込みやリピーターの獲得につながります。クーポンは、新規顧客の獲得や、在庫処分に効果的です。クーポンを配布することで、新規顧客の獲得や、在庫処分につながります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/04】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ