Amazonスポンサーブランド動画広告について解説します

この記事では、Amazonスポンサーブランド動画広告について解説します。 Amazonスポンサーブランド動画広告は、ブランドや商品のプロモーションにおいて重要な役割を果たす広告形式であり、その要件やガイドラインについて詳しく説明します。この広告形式を活用することで、ブランドの認知度向上や販売促進を効果的に実現できます。以下で、Amazonスポンサーブランド動画広告の重要な情報について詳細に掘り下げていきます。

この記事を読むことで、以下のポイントを理解できるようになります。

  • スポンサーブランド動画広告について
  • スポンサーブランド動画広告のメリット
  • スポンサーブランド動画広告の設定方法

それぞれ詳しく解説していきます。

Amazonスポンサーブランド動画広告とは

概要

Amazonスポンサーブランド動画広告は、Amazonのプラットフォーム上で展開される効果的な広告形式のひとつです。この形式は、動画コンテンツを活用して商品やブランドのプロモーションを行うために設計されています。ブランドのストーリーテリングや製品の魅力を視覚的かつ引き立てる方法として、動画広告は非常に効果的であり、ユーザーの関心を引きつける役割を果たします。これにより、ブランドの認知度向上や販売促進に貢献します。

Amazonスポンサーブランド動画広告を利用すると、製品やブランドに関する情報を魅力的なビデオ形式で提供できます。視覚的な要素が強調され、ユーザーに製品やサービスについての情報を迅速に伝えることが可能です。また、この広告形式は、ユーザーに直感的で魅力的なショッピング体験を提供するのにも貢献します。

掲載場所

Amazonスポンサーブランド動画広告は、Amazonのさまざまなページで表示されます。これには、検索結果ページ、商品詳細ページ、さらには他のAmazon広告枠も含まれます。この多岐にわたる掲載場所により、広告が多くのユーザーに届き、効果的にブランドメッセージを伝える機会が提供されます。

検索結果ページ

ユーザーが特定のキーワードで検索を行った際に、関連する検索結果ページに広告が掲載されます。これは、ユーザーが関心を持つ可能性が高い段階で広告を提示することができるため、クリック率とコンバージョン率の向上に寄与します。

商品詳細ページ

商品詳細ページでは、特定の商品に関する広告が表示されます。ユーザーが既に特定の商品に興味を持っている場合、その商品に関連する広告を表示することで、購買の決断を促進する役割を果たします。

Amazonブランド登録が完了しているユーザーのみ利用可能

Amazonスポンサーブランド動画広告は、Amazonブランド登録が完了しているユーザーにのみ利用が許可されています。ブランド登録は、ブランドの正当性と品質を保証するための措置であり、一定の基準が設けられています。この制約により、広告の品質が高まり、ブランドの信頼性を向上させることができます。

ブランド登録が完了しているユーザーに限定されることで、Amazonはブランドの品質と信頼性を確保し、消費者に高品質な製品やサービスを提供できる環境を構築します。これは広告主にとっても利点であり、ブランドの価値を保護し、購買者の信頼を獲得するための手段となります。

参考:スポンサーブランド・ディスプレイ広告動画について

Amazonスポンサーブランド動画広告のメリット

検索結果のトップに掲載できる

Amazonスポンサーブランド動画広告の大きなメリットは、検索結果ページのトップに掲載できることです。これは、関連キーワードに対して広告を表示でき、ユーザーの注目を引きやすくするためです。トップに掲載されることで、競合他社よりも目立ち、クリック率とコンバージョン率の向上に寄与します。

Amazonスポンサーブランド動画広告が検索結果ページのトップに掲載できることにより、ユーザーは商品を検索した際、まず広告としてブランドの動画に接触します。これは、製品の目立つ場所に広告を配置する利点をもたらします。競争の激しい市場で、トップ広告の位置はブランドにとって大きなアドバンテージとなり、クリック率とコンバージョン率の向上につながります。

商品ページに遷移することなく商品詳細情報が伝えられる

Amazonスポンサーブランド動画広告は、商品の詳細情報を伝える効果的な手段です。この広告形式は、ユーザーが商品ページに遷移することなく、魅力的な動画コンテンツを通じて製品の特長や利点を伝えるのに役立ちます。その結果、ユーザーの購買意欲を高め、シームレスなショッピング体験を提供します。

商品ページに遷移せずに詳細情報を提供できるため、ユーザーは煩わしいステップを経ずに製品情報にアクセスでき、購買プロセスが迅速かつ便利になります。このシームレスな経験は、ユーザーの利便性を向上させ、購買意欲を高める要因となります。

また、動画を活用することで、製品の魅力を効果的に伝えることが可能です。これにより、ブランドは差別化を図り、競争優位性を築く手助けとなります。魅力的な動画広告を通じて、製品の魅力を際立たせ、顧客の心を掴み、成功を収める道が開かれます。 Amazonスポンサーブランド動画広告は、ブランドの成功に向けた強力なツールであり、顧客との強い結びつきを築くのに役立ちます。

スマートフォンで閲覧した際に画面占有率が高い

Amazonスポンサーブランド動画広告は、スマートフォンでの閲覧時に画面占有率が高いため、ユーザーの視覚的な注目を集めやすいです。スマートフォンはショッピングに広く利用されており、画面占有率が高い広告は、ユーザーにより多くの注意を引き付け、広告の効果を最大化します。

スマートフォンを使用するユーザーにとって、画面の上部に大きな動画広告が表示されることで、その広告に注意を向ける傾向があります。画面占有率が高いため、ブランドメッセージや製品情報が目につき、ユーザーの購買決定に影響を与えます。スマートフォンでの広告表示は、効果的なユーザーエンゲージメントを実現するために不可欠です。

参考:Amazonスポンサーブランド広告

Amazonスポンサーブランド動画広告の設定・注意事項

設定方法

ここではAmazonスポンサーブランド動画広告の設定方法について説明します。

スポンサー広告管理画面にログインし、キャンペーンを作成をクリック。

キャンペーンを作成からスポンサーブランド広告をクリック。

下にスクロールし、広告グループの設定項目で動画をクリック。

後は静止画の入稿と同じように必要な項目を埋めて審査に提出すれば完了です。

レギュレーションの遵守

動画アセットの要件

  • 動画はレターボックスまたはピラーボックス形式で表示し、バーを画面に表示しないことが求められます。
  • 動画の最初や最後に空白または黒いフレームを使用することは許可されていません。
  • 動画広告では、説明(ナレーション、スピーチ、またはテキスト)が文章の途中で切れるように終了することはできません。

コンテンツガイドライン

動画は一般のオーディエンスに適しており、宣伝対象のブランドまたは商品を明確に表すブランド名、ロゴ、または商品を含める必要があります。また、Amazonのポリシーに準拠している必要があります。

スポンサーブランド動画広告は、音声なしで自動再生され、クリックすると音声が流れます。そのため、音声がなくても理解しやすく訴求力の高い動画をお勧めします。音声トラックのない動画も許可されますが、明確な免責条項や現地語での字幕が必要です。

動画のフォーマットと品質

  • 動画にはぼやけた、不鮮明、または認識できない映像を含めることはできません。
  • 広告テンプレートの読みやすさを妨げるクリエイティブ要素(例: スポンサータグやミュートボタン)は避ける必要があります。
  • カスタマーレビューや割引プロモーション、注意力を削ぐ画像や音声、判読不能なテキスト、画質の悪い動画なども含まれています。

使用可能な動画ファイルの要件

以下がスポンサーブランド広告で使用できる動画ファイルの要件となります。

動画再生時間6~45秒(20秒以下を強くお勧めします)
動画のサイズ1280×720ピクセル、1920×1080ピクセル、または3840×2160ピクセル
ファイルサイズ500MB以下
ファイル形式.MP4または.MOV
アスペクト比16:9(正方形ピクセル)のみ
動画コーデックH.264またはH.265
動画のプロファイルメインまたはベースライン
フレームレート23.976fps、23.98fps、24fps、25fps、29.97fps、29.98fps、または30fps
動画のビットレート最小1Mbps(4Mbps以上を推奨)
動画スキャンの種類プログレッシブ
音声コーデックPCM、AAC、またはMP3
音声形式ステレオまたはモノラル
音声ビットレート最小96kbps
音声サンプルレート最小44.1kHz

参考:Amazonスポンサー広告ガイドライン

Amazonスポンサーブランド動画広告についてのまとめ

Amazonスポンサーブランド動画広告は、Amazonのプラットフォーム上で提供される効果的な広告形式です。この形式は、動画コンテンツを用いてブランドや商品のプロモーションを行います。視覚的な要素が強調され、ユーザーの関心を引きつけ、ブランドメッセージを伝える役割を果たします。広告は検索結果ページ、商品詳細ページ、および他のAmazon広告枠で表示され、多くのユーザーに到達できます。ただし、この広告形式はAmazonブランド登録が完了しているユーザーにのみ利用が許可されており、ブランドの信頼性と品質を保証するための措置です。 Amazonスポンサーブランド動画広告は、ブランド認知度の向上と商品プロモーションに非常に有用であり、購買意欲を高める重要なツールと言えます。

Amazonスポンサーブランド動画広告についてよくある質問

Q:Amazonスポンサーブランド動画広告の料金はいくらですか?

A:Amazonスポンサーブランド動画広告は、クリック課金制で費用が発生します。クリック単価は、入札単価と競合状況によって決定されます。

Q:Amazonスポンサーブランド動画広告は、誰が利用できますか?

A:Amazonブランド登録が完了しているユーザーのみ利用できます。Amazonブランド登録は、Amazonで販売する商品やブランドの所有権や権利を証明する手続きです。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 設定・手順 > 【重要情報】Amazonカスタマーレビューの種類と増やす方法|効果的なレビュー戦略を解説

ページトップへ