【2023年最新】ECと実店舗の違いについて、メリットデメリットも合わせて解説

ECと実店舗の違いとは

ECとは

ECとは、Electronic Commerce(電子商取引)の略称で、インターネットを介して商品を購入することを指します。ECは、オンラインショップを通じて、24時間いつでも、どこからでも商品を購入できる利便性が特徴です。また、ECでは、購入した商品を自宅に届けてもらえるため、運ぶ手間がかからないという利点もあります。

実店舗とは

実店舗とは、物理的な店舗を持っている小売業者のことを指します。実店舗では、商品を手に取って直接確認することができ、実際に商品を見たり試着したりすることができます。また、店員に直接質問することで、商品の情報やアドバイスを受けることができます。

ECのメリット

いつでも買える

ECでは、インターネットに接続できる環境があれば、24時間いつでも商品を購入できます。ECを利用することで、忙しい日々でも時間を選ばず、手軽に買い物をすることができます。

運ばずに済む

ECでは、購入した商品を自宅に配送してもらえるため、運ぶ手間がかかりません。また、多くのECサイトでは、一定の金額以上の購入で送料が無料になるなど、配送に関するサービスも充実しています。

品数が豊富

ECでは、全国の商品を取り扱っているため、品数が豊富です。また、ECサイトの検索機能を利用することで、自分が欲しい商品を簡単に探すことができます。

実店舗のメリット

実物を手に取って見れる

実店舗では、商品を実際に手に取って見ることができます。実物を確認できるため、商品の色や質感、サイズ感などをより正確に把握することができます。また、購入前に試着や試用ができることもメリットです。

すぐ使用できる

実店舗で商品を購入する場合、その場で商品を手渡ししてもらえるため、すぐに使用することができます。ECのように配送を待つ必要がないため、急ぎの場合やプレゼントなどの場合には実店舗が適しています。

接客を受けながら購入できる

実店舗では、店員から直接商品の情報やアドバイスを受けることができます。また、購入にあたっての不安や疑問点に対しても、店員から回答を得ることができるため、安心して購入することができます。

ECのデメリット

実物を手に取って見れない

ECでは、商品を実際に手に取って見ることができません。そのため、色や質感、サイズ感などを正確に把握することが難しくなります。また、写真や説明文だけでは実際の商品と異なる場合があるため、注意が必要です。

送料がかかる

ECで購入した商品は、自宅に配送してもらうために送料がかかります。一部のECサイトでは、一定金額以上の購入で送料が無料になる場合がありますが、それ以外の場合は送料を負担する必要があります。

不明点を接客が受けられないので解消できない

ECでの買い物のデメリットとして、不明点を抱えた場合、実店舗のように接客スタッフから直接情報を得ることができないという点が挙げられます。ECサイトでは、商品に関する情報が記載されていることが多いですが、それでも疑問点がある場合は、問い合わせフォームや電話で問い合わせる必要があります。回答までに時間がかかる場合もあるため、購入前に十分な確認が必要です。

実店舗のデメリット

好きなタイミングで購入できない

実店舗での買い物にもデメリットがあります。まず、好きなタイミングで購入できないという点が挙げられます。実店舗は、営業時間内に行かなければならず、時間に制限されるため、忙しい人には不便な場合があります。

持って帰る必要がある

実店舗での買い物には、商品を持って帰る必要があります。大きな商品や重い商品の場合は、持ち運びが困難であるため、配送を依頼する必要があります。さらに、実店舗までの行き帰りの交通手段や駐車場代など、買い物に関わるコストが発生することもあります。

行く手間がかかる

実店舗での買い物のもう1つのデメリットとして、行く手間がかかるという点が挙げられます。特に、店舗までのアクセスが悪い場合や、駐車場が混雑している場合は、買い物に時間がかかるため、ストレスを感じることがあります。また、混雑した店内での買い物は、人混みが苦手な人にはストレスフルな場合もあります。

まとめ

ECと実店舗の違いについて、それぞれのメリットとデメリットについて紹介しました。ECのメリットは、24時間購入可能で、運ばずに豊富な品数を取り扱っています。一方、実店舗は実物を手に取って見れる、すぐに使用可能で、接客を受けながら購入できます。また、ECのデメリットは、実物を手に取って見られないことや、送料がかかること、不明点を接客で解消できないことがあります。実店舗のデメリットは、好きなタイミングで購入できないことや、持ち帰る必要があること、行く手間がかかることです。ECと実店舗はそれぞれ長所と短所がありますが、ニーズに合わせて上手に活用することが大切です。

よくある質問

Q:ECで購入した商品が不良品だった場合、どうすればいいですか?

A:商品が不良品であった場合は、お客様センターに問い合わせるか、返品・交換サービスを利用してください。ただし、ECサイトによって異なるため、利用前に必ず確認してください。

Q:実店舗で購入した商品を返品したい場合、どのような手続きが必要ですか?

A:各実店舗によって異なりますが、商品の状態や返品期限などによって返品ができるかどうかが変わります。また、返金の方法や手数料についても、各店舗によって異なるため、購入前に確認してください。

Q:ECで購入した商品が届かない場合、どうすればいいですか?

A:配送業者に問い合わせるか、ECサイトのお客様センターに連絡してください。商品が届かなかった場合でも、再発送や返金などの対応を行っていることが多いです。

Q:実店舗で商品を購入する場合、支払い方法は何がありますか?

A:現金、クレジットカード、デビットカード、電子マネーなどが一般的です。ただし、各店舗によって異なるため、購入前に確認してください。

Q:ECで商品を購入する場合、支払い方法は何がありますか?

A:クレジットカード、代金引換、コンビニ決済、銀行振込などが一般的です。ただし、各ECサイトによって異なるため、利用前に必ず確認してください。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ