ECサイトを開業する前に知っておきたい!ASPカートの利用メリットとデメリット

ASPカートとは

概要

ASP(Active Server Pages) カートは、インターネットショッピングサイトを作成するために使用される技術です。この技術を使用することで、ショッピングカートをウェブサイト上で使用できます。ユーザーが商品を選択して購入すると、ASPカートはこの情報を記録して、次回の購入の準備ができます。この技術は、小規模な個人のサイトから大規模なビジネスサイトまで使用することができます。

ASPカートとECパッケージの違い

ASPカートとECパッケージという2つのショッピングカートソリューションには、様々な違いがあります。

  • 所有権:ECパッケージは購入することによって所有権が移行しますが、ASPカートはサービスとして利用するものです。
  • 拡張性: ECパッケージは独自開発やカスタマイズが可能ですが、ASPカートは基本的なショッピングカート機能を提供するものです。
  • 費用: ECパッケージは一度購入すると毎月の費用が発生しませんが、ASPカートは月額料金が必要となります。
  • ホスティング: ECパッケージは自分でホスティングする必要がありますが、ASPカートはサービスプロバイダがホスティングを行います。

上記のような違いがあるため、自分のニーズやビジネスの目的に合ったショッピングカートソリューションを選ぶことが大切です。必要な機能や拡張性、予算などに応じて、適切な選択を行うことが望ましいです。

ASPカートのメリット

利用障壁が低い

ASPカートは、使いやすいインターフェースを持っているため、プログラミング経験がなくても使用することができます。

更新作業がない

ASPカートは、サーバーサイドで動作するため、ユーザー側からの更新作業が不要です。

費用が抑えられる

ASPカートを使用することで、複数のウェブサイトを運用するために必要なサーバー費用などが抑えられます。

ASPカートのデメリット

拡張性があまりない

ASPカートは基本的なショッピングカート機能は備わっていますが、ユーザーが必要とするカスタマイズや追加機能の実装には限界がある場合があります。例えば、特定のブランドや製品に特化したショッピングカートを作成する場合、ASPカートの機能だけでは不十分な場合があります。このような場合、独自の開発や別のショッピングカートソリューションを利用することが必要になる場合があります。また、ASPカートはサーバーサイドで動作するため、ユーザー側からの更新作業が不要ですが、一方でサービスを提供するサービスプロバイダによっては、更新やメンテナンスに関して制限がある場合があります。このため、ASPカートを利用する際は、サービスプロバイダによって提供されるサービス内容や制限について十分に調査することが大切です。

ASPカートが使用されているECプラットフォーム

Shopify

Shopifyは世界的に有名なECプラットフォームです。簡単な操作と多機能なショッピングカートを持ち、小規模から中規模のECサイトの構築に最適です。特徴としては、簡単なサイト構築と管理、決済システムの整備、多言語対応、多様なテンプレートなどがあります。

STORES

STORESは日本国内において有名なECプラットフォームです。多機能なショッピングカートと簡単な操作性が特徴です。特徴としては、決済システムの整備、簡単なサイト構築と管理、マルチデバイス対応、カスタマイズ性などがあります。

BASE

BASEは日本国内において有名なECプラットフォームです。多機能なショッピングカートと高い拡張性が特徴です。特徴としては、多様なテンプレート、マルチデバイス対応、高い拡張性、決済システムの整備などがあります。

ecforce

ecforceは日本国内において有名なECプラットフォームです。高い拡張性と多機能なショッピングカートが特徴です。特徴としては、決済システムの整備、多様なテンプレート、マルチデバイス対応、高い拡張性などがあります。

カラーミーショップ

カラーミーショップは日本国内において有名なECプラットフォームです。簡単な操作性と多機能なショッピングカートが特徴です。特徴としては、簡単なサイト構築と管理、決済システムなどがあります。

ASPカート導入のポイント

商材との相性

導入するASPカートによって、商品管理や決済などの基本的な機能が異なるため、販売する商品に合ったASPカートを選ぶことが重要です。

運用コスト

ASPカートは、導入・運用に必要な費用が一定の月額料金で抑えられるところが特徴ですが、追加の機能やサポートには別途費用がかかる場合もあります。

レスポンシブ対応

現代ではスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からのアクセスも多いため、ASPカートがモバイルに対応しているかどうかも重要なポイントです。

管理画面の操作性

ASPカートの管理画面を操作する際の操作性や視認性も重要なポイントです。カスタマイズ性や自動化なども考慮する必要があります。

他にもECカートサービスショップサーブついて詳しく解説していますので。気になる方はチェックしてみてください。

まとめ

ASPカートは、導入・運用コストを抑え、使いやすいショッピングカートソフトウェアです。商材やサイトアクセスの規模に合ったASPカートを選び、レスポンシブ対応や管理画面の操作性も考慮することが重要です。さらに、運用コストや追加機能についても明確に把握することで、最適なASPカートの選択ができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ