GASの基本について解説します

GAS(Google App Script)とは何か?

Google Apps Script(GAS)は、Googleが提供するスクリプト言語およびランタイム環境で、Google Workspace(以前のG Suite)製品群やGoogleのクラウドサービスと連携し、自動化やカスタムアプリケーションの開発を行うためのプラットフォームです。

GASの利用する4つのメリット

GASを利用すると以下のメリットがあります。

  • シームレスなGoogle Workspace連携
  • カスタムアプリケーションの迅速な開発
  • クラウドベースのスクリプト実行
  • 簡単な学習曲線

それぞれのメリットについて解説していきます。

シームレスなGoogle Workspace連携

GASはGoogle Workspace(Gmail、Googleドライブ、Googleカレンダーなど)と完璧に連携し、これらのサービスを統合的に利用できます。例えば、メールの自動処理、スプレッドシートのデータ取得、カレンダーの予定の操作などが容易に実現できます。

カスタムアプリケーションの迅速な開発

GASは迅速なアプリケーション開発を支援します。ウェブアプリケーションやカスタムツールを簡単に構築でき、ビジネスプロセスの自動化やカスタムソリューションの提供が効率的に行えます。

クラウドベースのスクリプト実行

GASはクラウドベースでスクリプトを実行するため、特定のデバイスや場所に依存せずに利用できます。スクリプトをデプロイすれば、どこからでもアクセスできるため、リモートワーク環境にも適しています。

簡単な学習曲線

GASはJavaScriptをベースとしたスクリプト言語を使用しており、多くの開発者にとっては馴染みやすいです。初心者から上級者まで、幅広いスキルレベルの開発者が活用できます。

GASの利用する3つのデメリット

GASを利用するうえで以下のデメリットがありますので注意しましょう。

  • オフラインでの利用の制約
  • セキュリティの懸念
  • 大規模アプリケーションへの限界

それぞれのデメリットについて解説していきます。

オフラインでの利用の制約

GASは主にクラウドベースで動作しますが、完全にオフラインで利用することは難しいです。スクリプトの実行にはインターネット接続が必要です。

セキュリティの懸念

GASは権限設定を適切に管理する必要があり、悪意のあるスクリプトからの保護が必要です。不適切なスクリプトの実行を防ぐためにセキュリティ対策が重要です。

大規模アプリケーションへの限界

GASは小規模から中規模のアプリケーションに適していますが、大規模なプロジェクトには向いていない場合があります。複雑なアプリケーションや高負荷の処理には限界があります。

GASでできること

Google Apps Script(GAS)は、多くの便益を提供し、様々なタスクを自動化およびカスタマイズするための柔軟なツールです。以下はGASを使用して実現できる主なことです。

Google Workspaceアプリケーションの拡張

GASは、Google Workspaceのアプリケーション(Gmail、Googleドキュメント、Googleスプレッドシートなど)を拡張できるため、カスタム機能の追加やワークフローの自動化が可能です。例えば、メールの自動フィルタリング、文書生成、スプレッドシート内のデータ処理などを行えます。

ウェブアプリケーションの開発

GASを使用して、簡単なウェブアプリケーションを開発できます。これにより、データの収集、フォームの送信、カスタムダッシュボードの構築など、ユーザー向けのWebツールを迅速に作成できます。

スケジュールされたタスクの自動化

GASはタスクの自動化に役立ちます。タスクの定期的な実行をスケジュールでき、データのバックアップ、通知の送信、報告の生成などを自動化できます。

カスタム関数の作成

Googleスプレッドシート内でカスタム関数を作成できます。これにより、セル内で独自の計算やデータ処理を行え、スプレッドシートの機能を拡張できます。

データベース操作

GASは外部データベースとの連携もサポートします。外部データベースからデータを取得し、更新するためのカスタムアプリケーションを構築できます。

メール通知とコミュニケーション

GASを使用して、メール通知の自動送信やチャットボットの作成が可能です。プロジェクトの進行状況やタスクの更新などを自動的に通知できます。

GASのセットアップ方法

Googleアカウントの準備

GASを利用するためには、Googleアカウントが必要です。アカウントがない場合は、Googleのアカウント作成ページから新しいアカウントを作成してください。

Googleドライブへアクセス

GASはGoogleドライブ内でスクリプトを作成および実行します。Googleアカウントにログインし、Googleドライブにアクセスします。

新しいスクリプトプロジェクトの作成

Googleドライブ内で新しいスクリプトプロジェクトを作成します。これは「新規」メニューから「その他」を選択し、ドロップダウンメニューから「Google Apps Script」を選択することで行えます。

スクリプトの編集

スクリプトエディタ内で、JavaScriptをベースとしたGASスクリプトを編集できます。新しい関数を追加したり、既存のコードを変更したりすることができます。

プロジェクトの設定

GASプロジェクトの設定を行います。プロジェクトの名前、説明、バージョンなどを設定します。プロジェクト設定はエディタ内の左上にある歯車アイコンからアクセスできます。

スクリプトのデプロイ

スクリプトを実行するためには、スクリプトをデプロイする必要があります。デプロイはスクリプトの特定のトリガーを設定したり、ウェブアプリケーションとして公開したりする際に行います。 “公開” メニューから “ウェブアプリケーションとしてデプロイ” を選択し、設定を行い、URLを取得します。

実践的な活用方法

議事録の自動生成

GASを活用することで、会議の議事録を自動生成できます。Googleドキュメント内に作成したテンプレートに、会議の詳細情報を取得して挿入し、スクリプトを実行することで、迅速に議事録を生成し、手間を軽減できます。

GASを使ってSlackに情報を通知する

GASを使用して、特定のトリガーまたはイベントに応じて情報を収集し、それに基づいてSlackに通知メッセージを生成し、送信することができます。これにより、チームメンバーにリアルタイムで重要な情報やアップデートを効果的に伝えることができます。

まとめ

今回の記事では、Google Apps Script(GAS)の基本について解説しました。GASは、Googleのクラウドサービスと連携し、自動化やカスタムアプリケーションの開発を支援する強力なツールです。記事で学んだポイントは、GASはGoogleアカウントを使用してセットアップされ、Googleドライブ内でスクリプトを作成・実行でき、議事録の自動生成やSlackへの情報通知など実践的な活用方法が可能であることです。GASを活用することで、日常業務の自動化や効率化が容易に実現でき、多くの用途に適しています。これにより、作業効率を向上させつつ新たな機会を創造できます。

よくある質問

Q1:GASはどのようなプログラミング言語でスクリプトを記述しますか?

A1:GASはJavaScriptをベースとしたスクリプト言語を使用します。JavaScriptの知識を活用することで、GASでスクリプトを記述できます。

Q2:GASを使用するためには追加の料金がかかりますか?

A2:GASは無料で利用できます。Googleアカウントを持っていれば、GASを使用してスクリプトを作成・実行できます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ