Illustrator基本操作とメリット・デメリットを解説します

イラストレータ(Illustrator)とは何か?

Illustrator(イラストレータ)は、Adobe Systemsによって開発されたベクターイラストレーションソフトウェアです。ベクターグラフィックスは、ラスターグラフィックスとは異なり、数学的な式を使用して画像を表現するため、拡大縮小しても画質が損なわれません。これにより、プロフェッショナルなイラスト、ロゴ、図面、ウェブデザイン、印刷物、アイコンなどを作成できます。

イラストレータ(Illustrator)を活用する6つのメリット

イラストレータ(Illustrator)を活用するメリットは以下になります。

  • ベクターイラストレーション
  • 柔軟性と編集可能性
  • プロフェッショナルなテキスト編集
  • 幅広い出力オプション
  • Adobe Creative Cloudとの統合
  • 豊富なツールと効果

それぞれのメリットについて解説していきます。

ベクターイラストレーション

Illustratorはベクターグラフィックスを扱うため、イラストを拡大・縮小しても画質が損なわれないため、プロフェッショナルなプリント物を作成できます。

柔軟性と編集可能性

イラストレータではオブジェクトやパスを容易に編集でき、デザインの修正が迅速に行えます。

プロフェッショナルなテキスト編集

テキストの書き出し、書き込み、編集が容易で、フォントや文字スタイルをカスタマイズできます。

幅広い出力オプション

イラストレータは多くのファイル形式にエクスポートでき、印刷物、ウェブ、モバイルアプリに対応できます。

Adobe Creative Cloudとの統合

Adobe Creative Cloudと連携し、他のAdobe製品とシームレスに作業できます。

豊富なツールと効果

イラストレータには豊富なツールやエフェクトが含まれ、クリエイティブなデザインを実現するのに役立ちます。

イラストレータ(Illustrator)の活用する4つのデメリット

イラストレータ(Illustrator)を活用するデメリットは以下になります。

  • 学習曲線
  • 高価なソフトウェア
  • ラスター画像への制約
  • フォトリアルイラストの難しさ

それぞれのデメリットについて解説していきます。

学習曲線

 Illustratorは多機能であるため、初心者にとって学習曲線が急峻であることがあります。初めて使う場合、使いこなすのに時間がかかることがあります。

高価なソフトウェア

Adobe Illustratorはサブスクリプションモデルで提供されており、月額または年間契約が必要です。これは予算に制約がある場合に課題となることがあります。

ラスター画像への制約

Illustratorはベクターグラフィックスに特化しており、ラスター画像の編集や作成には適していません。Photoshopなどのラスターグラフィックス専用ソフトウェアが適しています。

フォトリアルイラストの難しさ

フォトリアルなイラストや写実的な絵画を作成するには、他のアプリケーションとの組み合わせが必要なことがあります。

キャンバスとドキュメントの作成

新規ドキュメントの作成

Illustratorで新しいプロジェクトを始める際、ファイルメニューから「新規ドキュメント」を選択し、プリセットまたはカスタム設定で幅、高さ、カラーモード、解像度などを設定します。

キャンバスのサイズと設定

キャンバスの寸法と設定をプロジェクトの用途に合わせて調整します。印刷物には一般的な用紙サイズを設定し、ウェブグラフィックスには画面解像度に合ったサイズを指定します。

レイヤーの概念と重要性

Illustratorにおけるレイヤーは、プロジェクト内のオブジェクトを整理し、効果的な編集を実現するための不可欠な要素です。各レイヤーは、異なる要素や要素のグループを含むコンテナのようなもので、オブジェクトの整理、可視性の管理、ロックや透明度の設定、編集の柔軟性、プロジェクトの構造化など、様々な役割を果たし、クリエイティブな作業を効率的かつ効果的にサポートします。

基本的な描画ツールの使用

Illustratorを使ったイラスト制作において、基本的な描画ツールの使い方を学びましょう。以下のサブ見出しに沿って、選択ツール、直線ツール、図形ツール、そしてペンツールとベジェ曲線の描画方法について解説します。

選択ツールと直線ツール

選択ツールは、既存のオブジェクトを選択し、移動、変形、コピー、削除などの操作を行うために使用されます。オブジェクトを選択するには、選択ツールアイコンをクリックし、対象のオブジェクトを選び、ハンドルでサイズ変更したり、ドラッグして新しい位置に移動したりできます。一方、直線ツールは直線を描画するためのツールで、始点から終点までをクリックすることで直線を描画できます。直線の特性(太さ、色、スタイル)はプロパティパネルで設定でき、必要に応じて編集や調整が可能です。

図形ツールの使い方

ペンツールとベジェ曲線の描画

ペンツールを使用して、ベジェ曲線を描画します。まず、曲線の始点をキャンバス上でクリックします。次に、曲線を形作るために追加のポイントをクリックしていきます。これらのポイントをクリックすることで、曲線が形成されます。制御ポイントを調整するには、それらを選択し、ドラッグすることで曲線の形状を変更できます。制御ポイントの位置やハンドルの長さを変えることで、曲線の滑らかさを調整できます。曲線を閉じるには、最終的なポイントを始点に接続します。これにより、曲線が閉じられた形状を作成できます。既存のベジェ曲線を編集する際には、制御ポイントを選択して移動したり、ハンドルを調整したりします。これにより、曲線の形状や滑らかさを調整できます。ポイントの追加や削除も可能で、これにより曲線の複雑な形状を制御できます。これらの具体的な手順により、ベジェ曲線の描画と編集スキルを向上させることができます。

カラーと塗りつぶし

カラーパネルの活用

Illustratorでのカラー管理はクリエイティブなプロジェクトにおいて重要です。カラーパネルは、異なる色を選択し、オブジェクトに適用するための中心的なツールです。このパネルを活用することで、カラースウォッチの作成、既存のカラーの選択、グラデーションの設定などが可能になります。カラーパネルはプロジェクトに一貫性のある配色を持ち込むための必須ツールで、クリエイティブな作業において重要な要素です。

色の設定と変更

Illustratorでは、オブジェクトの色を設定および変更する方法が複数用意されています。オブジェクトを選択し、カラーパネルで特定の色を選択することで、オブジェクト全体に色を塗りつぶすことができます。また、カラースウォッチを作成し、再利用することも可能です。さらに、オブジェクト内の特定の要素に異なる色を適用する方法についても説明します。色の設定と変更は、プロジェクト内の視覚的な要素をカスタマイズする上で非常に重要です。

オブジェクトの塗りつぶしと線の設定

Illustratorを使用すると、オブジェクトの塗りつぶしや線のスタイルを細かく調整できます。オブジェクトを選択し、カラーパネルを使用して色を設定することで、オブジェクト全体をカスタマイズできます。同時に、線のスタイル、太さ、線種なども設定できます。これにより、オブジェクトに魅力的な外観を与え、プロジェクト内で重要な要素を際立たせることができます。オブジェクトの塗りつぶしと線の設定は、Illustratorにおけるデザインの核心的な要素の一つです。

テキストツールの使い方

テキストの挿入と編集

テキストツールを選択し、キャンバス上の任意の位置をクリックしてテキストボックスを挿入します。テキストボックス内にテキストを入力または貼り付けて編集します。選択ツールを使用してテキストを移動、サイズ変更、スタイル変更できます。

フォントと文字スタイルの調整

テキストを選択し、フォント、文字サイズ、太さ、色などのスタイルをキャラクターパネルで調整します。文字スタイルの一貫性を保つために、文字スタイルを保存して再利用できます。

オブジェクトの編集と変形

オブジェクトを選択し、移動、サイズ変更、回転などの操作は選択ツールを使用して行います。オブジェクトの属性や特性も調整可能です。

グループ化と複製

オブジェクトを選択し、右クリックして「グループ化」を選択することで、オブジェクトをグループ化できます。オブジェクトを複製するには、選択したオブジェクトをドラッグし、Alt(Windows)またはOption(Mac)キーを押しながら新しい位置に solaten、ドロップします。

サイズ変更と回転

オブジェクトを選択し、サイズ変更は選択ツールを使用して行います。回転は、選択したオブジェクトの上に表示される回転ハンドルをドラッグすることで実行できます。

パスファインダーの基本操作

複数のオブジェクトを選択し、パスファインダーパネルを開いて、結合、切り取り、結合などの操作を実行します。選択したオブジェクトに対してパスファインダーの操作を適用します。

イラストの保存とエクスポート

ファイルの保存と保存設定

Illustratorでのファイルの保存と保存設定はプロジェクト管理の要です。まず、プロジェクトを保存するには、「ファイル」メニューから「保存」を選択します。そこで、ファイル名と保存場所を指定します。保存設定では、Illustratorファイル形式(.ai)を選択し、必要に応じてカスタムオプションを設定します。ファイルの保存により、プロジェクトがセキュアに保持され、後で編集を再開できます。

イラストのエクスポート方法

イラストのエクスポート方法を解説します。プロジェクトを外部ファイルとして共有するためには、「ファイル」→「エクスポート」を選択します。そこで、出力形式(JPEG、PNG、SVGなど)を選択し、エクスポート設定を調整します。これにより、イラストが異なるフォーマットで保存され、Webや印刷などで使用できるようになります。

ショートカットキーの活用

便利なショートカットキーの紹介

Illustratorでよく使用される便利なショートカットキーを紹介します。これらのショートカットキーを知っておくことで、テキストの編集、オブジェクトの操作、ツールの切り替えなどが迅速に行え、作業の生産性が向上します。ショートカットキーを積極的に活用して、Illustratorの効率的な操作をマスターしましょう。

まとめ

この記事では、Illustratorの基本操作入門編に焦点を当て、キャンバスとドキュメントの作成から、基本的な描画ツール、テキストの挿入と編集、ショートカットキーの活用まで、多くの重要なトピックをカバーしました。Illustratorの基本操作に関する知識を習得し、クリエイティブなデザインプロジェクトに活用しましょう。

よくある質問

Q1:Illustratorとは何ですか?

A1:Illustratorは、Adobeが開発したベクトルベースのグラフィックデザインソフトウェアです。イラスト、ロゴ、アイコン、ウェブグラフィックなどの制作に利用されます。

Q2:Illustratorのメリットは何ですか?

A2:Illustratorはベクトルグラフィックスを使用し、高品質なイラストやロゴを作成できます。拡大縮小しても画質が劣化しないため、印刷物やウェブデザインに適しています。

Q3:Illustratorのデメリットは何ですか?

A3:Illustratorは比較的高価なソフトウェアであり、初心者にとっては学習コストがかかることがあります。また、写真編集などのラスターグラフィックスには適していません。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ