新米WEBデザイナーがぶつかりやすい壁とその対策について、紹介します!

WEBデザイナーとはなにか?

WEBデザイナーとは、ウェブサイトやウェブアプリケーションのデザインを専門とするプロフェッショナルです。WEBデザイナーの役割は、ユーザビリティ(使いやすさ)、視覚的な魅力、情報の整理、ユーザーエクスペリエンスの向上など、ウェブプロジェクトにおけるデザイン全般に関わります。WEBデザイナーは、ウェブページのレイアウト、カラースキーム、フォントの選択、画像の選定、アイコンのデザイン、ユーザーインターフェース(UI)の設計などを担当し、これらの要素を統一的で魅力的なデザインにまとめます。また、デザインがユーザーにとって使いやすく、情報が分かりやすいものであるかどうかを考慮しながら作業を行います。一般的に、WEBデザイナーはグラフィックデザインのスキルやウェブテクノロジーの知識を持っており、デザインツールやウェブ開発プラットフォームを利用してウェブページやアプリのデザインを実現します。プロジェクトの要件に従って、デザインの概念をクライアントや開発者と共有し、最終的なウェブプロダクトのビジュアル部分を担当します。総じて、WEBデザイナーはウェブ上でのユーザーエクスペリエンスを向上させ、ウェブプロジェクトを成功に導くために不可欠な役割を果たしています。

Webデザイナーになるメリット

活かしやすいスキルで職に困らない

Webデザイナーになるメリットの一つは、そのスキルが非常に需要が高いことです。ウェブは現代社会で不可欠な存在となり、多くの企業や個人がウェブサイトやアプリを持つ必要があります。そのため、ウェブデザイナーは常に求められており、仕事に困ることは比較的少ないでしょう。また、ウェブテクノロジーの進化に伴い、スキルを継続的にアップデートすることができるため、職場での価値を維持できます。

フリーランスとして独立しやすい

Webデザイナーはフリーランスとして独立するのに適している職業の一つです。フリーランスのWebデザイナーは自分のスケジュールを管理し、クライアントと直接協力することができます。また、プロジェクトごとに異なるクライアントと仕事をすることで、幅広い経験を積む機会があり、収入の多寡も自分でコントロールできます。自己雇用としての自由度が高く、個人事業主として独立することが比較的容易です。

年齢や才能に関係なく始められる

Webデザイナーになるためには、特定の年齢や特別な才能が必要ありません。ウェブデザインは技術と創造性が結びついた分野で、自分のペースで学び始め、スキルを磨いていくことができます。また、学習リソースやオンラインコースが豊富に提供されており、初心者から上級者まで幅広いレベルの人々が参加できる学習機会が用意されています。年齢や出身背景に関係なく、ウェブデザイナーとしてのキャリアをスタートすることが可能です。

Webデザイナーになるデメリット

収入が不安定

特にフリーランスWebデザイナーの収入はプロジェクトに依存しており、クライアントからの仕事の量やプロジェクトの規模によって大きく変動することがあります。一部のフリーランスWebデザイナーは、収入が一定しづらく、特に初めて独立した場合は不安定な経済状況に直面することがあります。

長時間労働で過酷な仕事だと言われている

Webデザイナーはプロジェクトの締め切りに追われることが多く、長時間の労働が必要な場合があります。特に大規模なプロジェクトや緊急の修正が必要な場合、過酷な仕事となることがあります。また、デザインのクオリティを維持するためには、多くの時間と労力を費やす必要があることもあるでしょう。

クライアントからの依頼に振り回されたり修正が多い

クライアントの要望や期待に合わせてデザインを調整する必要があるため、クライアントからの指示や修正依頼に振り回されることがあります。クライアントの要求が変更されることや、デザインの詳細が不明瞭な場合、コミュニケーションの調整や修正作業が煩雑になることがあります。

Webデザイナーが増えているから未経験は厳しい

ウェブデザインの分野は競争が激化しており、多くの人がWebデザイナーとしてのキャリアを追求しています。そのため、未経験者が市場に参入するのは難しいことがあります。経験があるデザイナーやポートフォリオを持つ者が、求人市場で有利な立場にいることが多いため、新規参入者にとって競争が厳しい場合があります。

Webデザイナーの仕事内容とステップ

サイトの全体像を考える

ウェブデザイナーの最初のステップは、プロジェクトの要件やクライアントのニーズを理解し、ウェブサイトの全体像を考えることです。これには、サイトの目的、ターゲットオーディエンス、コンテンツの構成、ユーザビリティなどが含まれます。プロジェクトのビジョンを明確にし、設計段階に備えます。

レイアウトを決めてWebデザインをしていく

次に、ウェブサイトのデザインを具体的に考え、レイアウトを決定します。これには、ページの構造、カラースキーム、フォントの選定、画像の配置などが含まれます。デザイナーはクリエイティブな要素とユーザビリティを組み合わせて、魅力的で使いやすいデザインを作成します。デザインツールを使用して、コンセプトをビジュアル化し、クライアントや開発者と協力して最終的なデザインを完成させます。

コーディングをして成果物を納品する

最後のステップは、デザインをコードに変換し、ウェブサイトを実現することです。デザイナーはHTML、CSS、JavaScriptなどのウェブテクノロジーを使用して、デザインを実装します。また、ウェブサイトの互換性やレスポンシブデザイン(異なるデバイスでの適切な表示)を確保し、テストを行って問題を修正します。最終的に、完成したウェブサイトをクライアントに納品し、必要に応じてメンテナンスやアップデートを行います。

新米Webデザイナーがぶつかりやすい壁とその対策

見せたい内容がたくさんあってまとまらない

新米Webデザイナーが直面する一つの壁は、サイトに表示したい多くのコンテンツや要素を整理してまとめることです。対策として、内容に優先順位をつけることが重要です。最も重要な情報や目的を明確にし、それに基づいてデザインを構築します。余計な情報を削減し、ユーザーにとって重要な情報を強調します。

ユーザーに伝わりづらい

デザインがユーザーに伝わりづらい場合、視線誘導を意識することが対策として役立ちます。ユーザーの注目を引くために、適切な視線誘導のテクニック(コンテンツの配置、カラースキーム、フォント)を使用します。ユーザーがスムーズに情報を理解できるように工夫しましょう。

窮屈な印象で目立たない

新米Webデザイナーが直面する問題の一つは、デザインが窮屈で地味になり、目立たないことです。対策として、余白を意識してデザインに空間を取り入れることが大切です。余白を使うことでコンテンツや要素がより魅力的に映え、スッキリとした印象を与えます。デザインが過密にならないようにし、見やすさと視覚的な魅力を両立させましょう。

たくさんの要素をどこに配置すればよいかわからない

多くの要素をどこに配置すべきかわからない場合、対策として「核」を作ることが重要です。核はウェブサイトやページの中心的な要素やメッセージを指します。核を明確にし、その周りに他の要素を配置することで、デザインの統一感を持たせ、コンテンツが適切に配置されるようになります。核を強調し、それを中心にデザインを構築することが大切です。

まとめ

Webデザインにおいて、新米Webデザイナーが直面する壁や課題にはさまざまなものがあります。見せたい内容が多くまとまらない場合には、内容に優先順位をつけてデザインを整理しましょう。ユーザーに伝わりづらいデザインに対処するためには、視線誘導のテクニックを意識して利用し、情報の伝達を効果的に行います。また、デザインが窮屈で地味になりがちな場合、余白を活用してデザインをスッキリとし、視覚的な魅力を高めます。そして、たくさんの要素をどこに配置すべきか迷った際には、デザインの「核」を明確にし、その周りに要素を配置してデザインの統一感を持たせましょう。Webデザインはクリエイティブなプロセスであり、スキルを磨いていく過程でさまざまな課題に直面することは避けられません。しかし、これらの壁に立ち向かい、対策を講じることで、より効果的なデザインを実現できるでしょう。自己成長と経験を積みながら、Webデザインのプロフェッショナルとしてのスキルを向上させていきましょう。

よくある質問

Q1:Webデザイナーとは何ですか?

A1:Webデザイナーは、ウェブサイトやウェブアプリケーションのデザインを専門とするプロフェッショナルです。彼らはユーザビリティ、視覚的デザイン、情報整理などに携わり、ウェブプロジェクトのデザイン全般を担当します。

Q2:Webデザイナーになるために必要なスキルは何ですか?

A2:Webデザイナーになるためには、グラフィックデザインのスキル、HTML/CSSコーディングの知識、デザインツールの使い方、ユーザビリティの理解などが必要です。コミュニケーション能力やクリエイティブな発想も重要です。

Q3:Webデザイナーとウェブ開発者の違いは何ですか?

A3:Webデザイナーはウェブサイトの外観やデザインに焦点を当て、視覚的な要素を制作します。一方、ウェブ開発者はウェブサイトの機能やインタラクションを実装し、コーディングを行います。

Q4:Webデザインのトレンドはどのように変化しますか?

A4:Webデザインのトレンドは頻繁に変化します。モバイルフレンドリーなデザイン、レスポンシブデザイン、フラットデザイン、ミニマリズムなど、時代や技術の進化に合わせた新しいスタイルやアプローチが登場します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ