Photoshopの画像アセットについて紹介します!

Photoshopとはなにか?

Photoshop(フォトショップ)は、アドビシステムズ(Adobe Systems)が開発した、グラフィックデザイン、写真編集、画像処理などの多くの用途に使われるコンピュータソフトウェアです。主に2次元画像を編集・合成するためのツールで、写真修正、デザイン制作、イラストレーションなどさまざまなクリエイティブな作業に使用されます。Photoshopは、レイヤー、フィルター、ブラシなど、豊富なツールと機能を提供し、プロフェッショナルからアマチュアまで広く利用されています。

PhotoshopとIllustratorとの違い

PhotoshopとIllustratorは、両方ともアドビのソフトウェア製品であり、グラフィックデザインに使用されますが、それぞれ異なる用途と特性を持っています。以下は、PhotoshopとIllustratorの主な違いです。

用途

Photoshopは主に写真編集やラスター画像処理に向いています。写真の修正、合成、画像加工などが得意領域です。Illustratorは主にベクターグラフィックデザインに特化しており、ロゴ、アイコン、イラストレーション、図面などの作成に向いています。

グラフィックの種類

Photoshopはピクセル(ドット)ベースの画像を扱います。これは、写真やデジタルペイントなど、連続した色情報を持つ画像に適しています。Illustratorはベクターグラフィックを生成し、編集します。ベクターグラフィックは数学的なパスと線で表現され、拡大縮小しても画質が劣化しないため、印刷物やロゴデザインに適しています。

ツールと機能

Photoshopは写真の調整やフィルター処理に特化したツールを提供しています。ブラシやレイヤーが主要な要素です。Illustratorはパスや形状の作成、テキストの編集、カーブの操作など、ベクターグラフィックデザインに必要なツールが豊富に揃っています。

ファイル形式

Photoshopは通常、JPEG、PNG、TIFFなどのラスターファイル形式を出力します。

Illustratorは主にAI(Illustrator形式)、EPS(Encapsulated PostScript)、SVGなどのベクターファイル形式を出力します。

Photoshopのメリット

Photoshop(フォトショップ)の利点には以下のようなものがあります。

画像編集機能が充実

Photoshopは高度な画像編集機能を提供しており、写真やイラストの修正、合成、加工が簡単に行えます。色補正、トーン調整、リタッチなど、幅広い編集作業に対応しています。

パターンオーバーレイやエンボスなどの加工機能が多く、複雑なデザインがしやすい

Photoshopには多彩な加工機能が備わっており、テキストや形状に対してパターンオーバーレイ、エンボス、影の付与などを行うことができます。これにより、洗練された効果や複雑なデザインを容易に作成することが可能です。

Illustratorとの互換性が高い

PhotoshopとIllustratorは、アドビのクリエイティブスイートに属しており、相互に連携しやすい特徴があります。Illustratorで作成したベクターグラフィックスをPhotoshopに取り込んで編集することができるため、異なるソフトウェア間での作業がスムーズに行えます。

Photoshopのデメリット

Photoshopの欠点には以下のようなものがあります。

月額制であること

Photoshopは一度購入するだけでなく、定期的な支払いが必要なため、予算の制約がある場合には負担となることがあります。

使用したブラシの特定が出来ない

Photoshopでは複数のブラシを使用することが一般的ですが、特定のプロジェクトで使用したブラシを後から特定しにくいという問題があります。ブラシの整理や管理が難しいことがあります。

アップデートしたらブラシが消える

Photoshopのアップデートを行うと、一部のユーザーがカスタムしたブラシや設定がリセットされてしまうという報告があります。アップデートによって重要なデータや設定が失われる可能性があるため、注意が必要です。

PSDが重すぎる

大きなプロジェクトを保存するためのPhotoshopのファイル形式であるPSDは、時に非常に重くなることがあります。大量のレイヤーや高解像度の画像を含むと、ファイルの操作や保存が遅くなることがあります。

SVGで書き出し出来ない

SVG(Scalable Vector Graphics)は、ベクターグラフィックスのフォーマットであり、ウェブやプリントなどさまざまな用途で利用されますが、Photoshopでは直接SVG形式で書き出すことができないため、別のソフトウェアが必要となることがあります。

使いこなすのに時間がかかる

Photoshopは高度な機能を多く備えているため、初めて利用する場合や基本的な操作に慣れるまで時間がかかることがあります。学習コストが比較的高いとされることがあります。

画像アセットとはなにか?

画像アセットとは、デジタルデザインやコンテンツ制作に使用される画像ファイルや素材のことです。ウェブデザインやアプリ開発などで利用され、イラスト、写真、アイコン、ボタンなど様々な形式や用途の画像を指します。これらの素材はウェブページのデザインや広告、SNS投稿、アプリのUI、グラフィックデザインなどで使われ、異なる解像度やフォーマットで提供されることが一般的です。商用利用が許可されたり、ライセンス条件が付与されることもあります。画像アセットはクリエイティブな作業を効率的に行うために重要な要素となっています。

画像のきれいさを変えて書きだしたい場合

JPEGの場合

JPEG形式の画像は通常、圧縮されたフォーマットであり、写真やカラフルなイメージを保存するのに適しています。画像のきれいさを変えて書き出す場合、次の手順を考慮すると良いでしょう。まず、画像編集ソフトウェアを開き、対象のJPEG画像を読み込みます。次に画像の保存設定を調整します。通常、JPEGの品質設定(Quality)を変更して、圧縮率を調整できます。高品質設定を選択すれば、きれいな画像が得られますが、ファイルサイズも大きくなります。低品質設定を選択すれば、ファイルサイズは小さくなりますが、画質が劣化する可能性があります。保存オプションでファイル形式をJPEGに指定し、保存します。変更された画像が新しいJPEGファイルとして保存されます。

PNGの場合

PNG形式の画像は、透明性をサポートし、圧縮のないフォーマットです。きれいな画像を保存したい場合、次の手順が役立つでしょう。まず、画像編集ソフトウェアを開き、PNG形式で保存したい画像を読み込みます。通常、PNGは圧縮のない形式で保存されます。したがって、特別な品質設定の調整は不要です。保存オプションでファイル形式をPNGに指定し、保存します。変更された画像が新しいPNGファイルとして保存されます。

GIFの場合

GIF形式の画像は、一般的に少ない色数と簡単なアニメーションをサポートします。きれいな画像を保存し、GIF形式で書き出す場合は、次の手順が役立つでしょう。まず、画像編集ソフトウェアを開き、GIF形式で保存したい画像を読み込みます。通常、GIFは色数が制限されているため、画像に使用する色数を最小限に抑えることが重要です。必要に応じて画像を減色処理して色数を制御します。保存オプションでファイル形式をGIFに指定し、アニメーションを含む場合は設定を調整して、きれいな画像が保存されるようにします。変更された画像が新しいGIFファイルとして保存されます。画像フォーマットの選択と保存設定の調整は、使用する画像の種類や目的に合わせて行うべきです。

画像のサイズを変えて書きだしたい場合

JPEG、PNG、GIFの場合

JPEG、PNG、GIF形式の画像のサイズを変更して書き出す場合、次の手順が役立ちます。まず、画像編集ソフトウェアを開き、サイズを変更したいJPEG(またはPNG、GIF)画像を読み込みます。通常、編集ソフトウェアで画像サイズを変更するオプションが提供されています。このオプションを見つけて選択します。次に、新しいサイズを設定します。通常、幅と高さのピクセル数を指定して、画像の寸法を変更できます。縦横比を維持するため、アスペクト比ロックを解除しないようにしましょう。サイズ変更後、ファイルを保存オプションでJPEG(またはPNG、GIF)形式に指定し、新しいサイズの画像を保存します。

まとめ

Photoshopの画像アセットは、グラフィックデザインやコンテンツ制作において重要な要素です。これらのアセットは、画像、イラスト、アイコン、写真など、様々な種類のビジュアルコンテンツを指します。アセットは高品質であり、デザイナーやクリエイターがプロジェクトに使用するために提供されます。Photoshopの画像アセットは、ウェブデザイン、広告、印刷物、アプリケーション開発など、幅広い分野で役立つ資源です。デザイナーやクリエイターにとって、効率的なコンテンツ制作に貢献し、プロジェクトを豊かにする重要なツールとなっています。

よくある質問

Q1:画像サイズを変更する際、JPEGとPNGの違いは何ですか?

A1:JPEGは写真やカラフルなイメージに適しており、サイズ変更時にデータの一部を圧縮します。PNGは透明性をサポートし、圧縮しないため、高品質画像が必要な場合に適しています。

Q2:GIF形式の画像のサイズ変更には何に注意すべきですか?

A2:GIFは色数が制限されているため、サイズ変更時に色数を最小限に抑えることが大切です。また、アニメーションを含む場合、アニメーションのフレーム数も変更する必要があります。

Q3:画像の品質を保ちつつサイズを変更するにはどうすればいいですか?

A3:画像編集ソフトでサイズ変更時に、元の画像と同等または高い品質設定を選び、適切なアスペクト比を維持して変更します。JPEGの場合は品質設定にも注意が必要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > WEB制作 > デザイン・制作 > 【重要】成果が出るランディングページの作り方!必ずチェックしたいポイント5選

ページトップへ