IllustratorのメリットデメリットとWEBページをデザインする方法を紹介します!

Illustratorとはなにか?

Illustrator(イラストレーター)は、Adobe Systemsが開発したベクターグラフィックスエディターのソフトウェアです。ベクターグラフィックスとは、画像を線や曲線などの数学的な数値で表現する方式のことで、拡大縮小しても画質が劣化しないという特徴があります。Illustratorは主にイラスト、ロゴ、ポスター、ウェブデザイン、パンフレット、カートゥーン、アイコンなど、さまざまなグラフィックデザインプロジェクトで使用されます。このソフトウェアを使うことで、プロフェッショナルなベクターグラフィックスを作成し、印刷物やデジタルメディアで利用することができます。Illustratorは多彩なツールや機能を提供し、ユーザーは図形の描画、編集、カラーリング、テキストの編集、パスの調整などを行うことができます。また、Illustratorのファイル形式はAIとして知られ、他のAdobe製品との統合も容易です。デザイナーやイラストレーター、広告代理店、出版社など、さまざまな分野のプロフェッショナルがIllustratorを使ってクリエイティブな作品を制作するのに役立っています。

Illustratorのメリット

オリジナリティの高い画像作成が出来る

Illustratorを使用することで、独自のアートワークやイラストを作成するのに理想的です。ベクターグラフィックスの特性により、高品質な画像を作成し、そのデザインに独自性を持たせることができます。

印刷物がデザインできる

Illustratorはプロフェッショナルな印刷物のデザインに向いています。ポスター、フライヤー、名刺、カタログなど、さまざまな印刷物のデザインが可能であり、高品質な出力を保証できます。

オリジナルのグラフ、図、表などが作れる

Illustratorを使用して、独自のグラフ、チャート、図表を作成することができます。データを視覚的に表現し、プレゼンテーションやレポートに魅力的な要素を追加できます。

マークやロゴをオリジナルで作れる

ロゴやブランドマークのデザインにはIllustratorが適しています。ベクターグラフィックスを使用することで、ロゴを異なるサイズで使用しても画質が損なわれないため、プロの印象的なロゴを作成できます。

ブログ画像やサムネイルなどにイメージとピッタリ合った画像が作れる

Illustratorはウェブ用の画像やソーシャルメディアのサムネイルなど、デジタルメディア向けの画像を作成するのに役立ちます。独自のデザインを持つ画像を制作し、ブランドやコンテンツに適した視覚的な要素を追加できます。

シンプルなイラストに限っては早く作成しやすい

Illustratorは使いやすいツールと操作方法を提供しており、シンプルなイラストやアイコンを比較的迅速に作成することができます。簡単なプロジェクトから複雑なデザインまで、多目的に利用できるソフトウェアです。

Illustratorのデメリット

月額固定の費用が掛かる

IllustratorはAdobe Creative Cloudの一部として提供されており、月額のサブスクリプション費用がかかります。これは、一度に大きな金額を支払わなくてもソフトウェアを利用できるという点で柔軟性を持つ反面、長期的には費用がかさむことがあります。

そもそも使いこなすのに苦労するので挫折しやすい

Illustratorは高度なグラフィックデザインツールであり、初心者にとっては学習コストが高いことがあります。複雑な機能や操作方法を使いこなすのに時間と労力が必要で、一部のユーザーは挫折してしまうことがあります。

低スペックのPCでは使いにくい

Illustratorはグラフィックス処理に多くのリソースを必要とするため、低性能のコンピュータでは動作が遅くなることがあります。大きなファイルを扱う場合や複雑なデザインを作成する際に、高性能なPCが必要です。これはユーザーにとって追加のコストとなる可能性があります。

IllustratorでWebページをデザインする方法

Webページの構成

Webページのデザインを開始する前に、ページの構造を考えます。通常、Webページはヘッダー、ファーストビュー、コンテンツ、フッターの主要なセクションで構成されます。

ヘッダー

ヘッダーはウェブページのトップ部分で、通常はロゴ、ナビゲーションメニュー、コンタクト情報などが含まれます。

ファーストビュー

ファーストビューは、ユーザーが最初に見る部分で、通常は主要なコンテンツやビジュアルが配置されます。これはウェブページの魅力的な要素を強調するのに重要です。

コンテンツ

コンテンツはそのページでユーザーに伝えたい情報が書かれている部分です。

フッター

フッターはページ最下部に表示されている部分。ヘッダーと同じく、同じサイト内では共通で使われることが多いです。

Illustratorでレイアウトを組む

Illustratorを使用してWebページのデザインを始める際に、ヘッダーやファーストビューなどの各セクションのコンポーネントをデザインします。ツールやレイヤーを活用してデザイン要素を配置し、配色やフォントを選択します。

ヘッダーとファーストビュー

Illustratorでヘッダーとファーストビューをデザインする際に、ロゴやナビゲーションメニューの配置、背景画像の設定、テキストのスタイル設定などを行います。各要素はレイヤーを使用して整理し、ヘッダーとファーストビューをデザインします。

コンテンツエリア

Webページのコンテンツエリアは、主要な情報やテキスト、画像が配置される領域です。

メインカラムを作る

メインカラムは、Webページの本文コンテンツが表示される領域です。Illustratorを使用して、テキストボックスや画像を配置し、コンテンツのデザインを行います。

サイドバー/バナーを作る

サイドバーは、追加の情報やリンクを提供する領域で、Illustratorを使用してテキストや画像を配置します。また、バナー広告をデザインする場合も同様に行います。

画像の書き出しをする

Webページのデザインが完成したら、Illustratorを使用して画像を適切なフォーマットで書き出します。これにより、Web開発プロセスで画像を実際に使用できるようになります。

まとめ

Illustratorを使用してWebページをデザインする方法は、以下のステップに従います。まず、Webページの構成を考え、ヘッダー、ファーストビュー、コンテンツ、フッターなどの主要なセクションを定義します。次に、Illustratorを活用して各セクションをデザインし、ヘッダーとファーストビューにはロゴ、ナビゲーションメニューなどを配置します。コンテンツエリアでは、メインカラムやサイドバー/バナーなどの要素をデザインします。最後に、デザインが完成したら、Illustratorを使用して画像を適切なフォーマットで書き出し、Web開発プロセスに移行します。Illustratorを使ってデザインすることで、魅力的でオリジナルなWebページを制作できます。

よくある質問

Q1:Illustratorとは何ですか?

A1:IllustratorはAdobeが開発したベクターグラフィックスエディターのソフトウェアで、イラストやデザインを作成するために使用されます。

Q2:Illustratorのメリットは何ですか?

A2:Illustratorのメリットは、オリジナルの画像やロゴを作成できること、印刷物のデザインが可能であること、オリジナルのグラフや図を作成できること、ブログ画像やサムネイルを簡単に制作できることなどがあります。

Q3:Illustratorのデメリットは何ですか?

A3:Illustratorのデメリットには、月額固定の費用がかかること、初心者にとっては使いこなすのに学習コストが高いこと、低スペックのコンピュータでは使いにくいことが挙げられます。

Q4:Illustratorを使用してWebページをデザインする方法は?

A4:Illustratorを使用してWebページをデザインするためには、まずページの構成を考え、ヘッダー、ファーストビュー、コンテンツ、フッターなどのセクションを定義します。それから各セクションをIllustratorでデザインし、画像を適切なフォーマットで書き出すことが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ