ブラウザ上で画像を加工・編集できるサイトとは?そのメリットデメリットを解説します

画像編集とはなにか?

画像編集は、写真や図形などの視覚的なデジタルメディアを変更、修正、加工するプロセスです。これは、写真編集ソフトウェアやグラフィックデザインツールを使用して行われ、さまざまな目的で使用されます。画像編集の主な目的には、以下のようなものがあります

修正と調整

画像編集は、写真の色調やコントラストの調整、欠陥やノイズの修正、露出の調整など、画像の品質を向上させるために使用されます。

切り抜きと合成

特定の要素を切り抜いて他の画像に組み合わせたり、異なる画像を組み合わせて新しいコンポジションを作成したりすることがあります。

レタッチと修復

古い写真や損傷した画像の修復や、皮膚の美化など、画像の外観を向上させるためのレタッチ作業が含まれます。

テキストや図形の追加

 画像にテキストキャプションや図形を追加して、情報を伝えたり、デザインを強調したりすることがあります。

特殊効果とフィルター

画像に特殊効果やフィルターを適用して、芸術的な表現や特定の雰囲気を実現することがあります。

画像編集は、プロの写真家、デザイナー、広告業界、出版、ウェブデザインなど、さまざまな分野で重要な役割を果たしています。また、一般の人々もSNSで写真を編集してシェアするなど、日常的に利用しています。

画像加工・編集サイトのメリット

手軽にできる

画像加工・編集サイトのメリットの一つは、手軽に画像編集が行えることです。専用ソフトウェアをダウンロード・インストールする必要がなく、ウェブブラウザを使って直接編集作業が行えます。そのため、すぐに画像を加工したいときや急な修正が必要なときに便利です。

パソコンのスペックが低くても使用可能

画像加工ソフトウェアは一般に高いパソコンスペックを要求しますが、オンラインの画像加工・編集サイトは比較的軽量なアプリケーションで動作します。したがって、高性能なパソコンを持っていないユーザーでも、ウェブブラウジングができる普通のコンピュータで使用することができます。

お金がかからない

多くの画像加工・編集サイトは無料で利用できます。これは、追加の費用をかけずに基本的な編集機能を利用できることを意味します。一部のサイトはプレミアム機能を提供しており、有料プランを選ぶことでさらに高度な編集オプションが利用できることもありますが、初めてのユーザーや簡単な編集作業には無料版でも十分です。

ハードディスクの容量を圧迫しない

画像加工ソフトウェアをインストールすると、コンピュータのハードディスクに多くのデータが保存され、容量を圧迫することがあります。一方、オンラインの画像加工・編集サイトはクラウドベースで作業が行われるため、ハードディスクの容量をほとんど使用しません。これにより、ストレージの問題を心配せずに画像編集が可能です。

複数のデバイスから作業ができる

画像加工・編集サイトはウェブベースであるため、異なるデバイスからアクセスして作業を行うことができます。例えば、パソコン、タブレット、スマートフォンなどさまざまなデバイスで同じアカウントにアクセスし、作業を継続できます。これにより、場所やデバイスにとらわれず、柔軟に画像編集が行えます。

画像加工・編集サイトのデメリット

インターネット環境が必要

画像加工・編集サイトを利用するためには、常にインターネット接続が必要です。オフラインで作業できないため、場所によってはアクセスできないことがあります。また、通信速度が遅いインターネットに接続した場合、画像のアップロードや編集が遅くなることも考えられます。

通信環境が安定しないと作業が進まない

通信環境が不安定な場合、画像のアップロードやダウンロードに問題が発生し、作業が中断される可能性があります。特に大容量の画像を扱う場合や高品質の画像編集を行う場合には、通信の安定性が重要です。

複雑な作業には不向きな場合がある

一部の高度な画像編集タスクや複雑な作業には、オンラインの画像加工・編集サイトは専用のデスクトップアプリケーションよりも制約があることがあります。特定のフィルターやプラグイン、高度なマスキングなど、特殊な機能を必要とする場合、オフラインソフトウェアの方が適しているかもしれません。

ブラウザ上で使える登録不要の画像編集サイト

Canva

Canvaはブラウザ上で利用できる登録不要の画像編集サイトで、簡単なデザイン作業や画像編集に便利です。テンプレートやカスタマイズ可能な要素が豊富に提供されており、ビジュアルコンテンツの制作に役立ちます。

Pixlr X

Pixlr Xは、ブラウザ上で使用できる登録不要の画像編集ツールで、高度な編集機能を備えています。レイヤーのサポートやさまざまなフィルター、調整オプションなどを提供しており、プロの画像編集に適しています。

Fotor

Fotorはブラウザで利用可能な登録不要の画像編集ツールで、簡単な編集から高度な編集まで幅広い用途に対応しています。フィルターやエフェクト、テキストの追加などが容易に行え、写真の修正やデザイン作業に適しています。

befunky

befunkyはブラウザで使える登録不要の画像編集サイトで、写真の編集やコラージュ作成などが可能です。シンプルなインターフェースと便利なツールが提供されており、初心者にも使いやすいです。

Polarr

Polarrはブラウザ上で利用できる登録不要の画像編集ツールで、高度な編集オプションを提供しています。RAWファイルのサポートやカスタマイズ可能なフィルター、調整ツールなどがあり、プロのフォトグラファーに向けたツールです。

まとめ

ブラウザ上で利用できる登録不要の画像編集サイトには、Canva、Pixlr X、Fotor、befunky、Polarrなどがあります。Canvaは、テンプレートやカスタマイズ可能な要素を提供し、ビジュアルコンテンツ制作に便利です。Pixlr Xは高度な編集機能を備え、レイヤーのサポートや多彩なフィルターを提供しています。Fotorは幅広い用途に適しており、フィルターやエフェクト、テキストの追加が容易です。befunkyはシンプルなインターフェースと便利なツールを備え、写真の編集やコラージュ作成に使いやすいです。Polarrは高度な編集オプションを提供し、RAWファイルのサポートやカスタマイズ可能なフィルターなどがあり、プロのフォトグラファー向けのツールです。これらのサイトは、ブラウザ上で使え、登録不要で利用可能です。ただし、インターネット接続が必要で、通信環境が安定していることが重要です。また、複雑な作業には向いていない場合もあります。無料で基本的な編集を行いたい場合や、手軽に画像加工を行いたい場合に便利な選択肢となります。

よくある質問

Q1:画像加工・編集サイトとは何ですか?

A1:画像加工・編集サイトは、ウェブブラウザを使用して写真や図形などの画像を変更、修正、加工するためのオンラインツールです。専用ソフトウェアのインストールが不要で、簡単に画像を編集できます。

Q2:どのような用途に画像加工・編集サイトが役立ちますか?

A2:これらのサイトは、写真の修正、カラーコレクション、テキストや図形の追加、写真の切り抜き、特殊効果の適用など、さまざまな用途に役立ちます。デザイン制作、広告、ウェブコンテンツ作成などで利用されます。

Q3:登録は必要ですか?

A3:多くの画像加工・編集サイトは登録なしで利用できます。ただし、一部の高度な機能やクラウドストレージの利用を希望する場合は、登録が必要な場合もあります

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/16】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ