Photoshopで初めて写真加工をするときに知っておくべき基本手順を紹介します!

Photoshopとはなにか

Photoshop(フォトショップ)は、Adobe Systemsによって開発された画像編集ソフトウェアの一つです。このソフトウェアは、写真やイラストなどのデジタル画像を編集し、加工するために広く使用されています。Photoshopは、プロのフォトグラファーやデザイナーからアマチュアのユーザーまで、さまざまな分野で幅広く利用されており、その多機能性と高度な編集ツールで知られています。

Photoshopのメリット

Photoshopは、多くのメリットを提供するグラフィックデザインおよび画像編集ソフトウェアです。

画像編集機能が充実

Photoshopの最大のメリットの一つは、画像編集機能が非常に充実していることです。例えば、画像の切り抜き、リサイズ、回転などの基本的な編集が容易に行えます。また、レタッチ機能により、肌の滑らか化や不要な要素の除去など、写真修正が可能です。色調補正、明るさ/コントラストの調整、カラーグレーディングなど、高度なカラーコレクションが行えます。フィルターやエフェクトの多彩なライブラリを使用して、画像に特別な外観を与えることができます。

パターンオーバーレイやエンボスなどの加工機能が多く、複雑なデザインがしやすい

Photoshopは、パターンオーバーレイ、エンボス、テキストエフェクト、シャドウ、ブレンドモードなど、豊富な加工機能を提供しています。これにより、複雑なデザインや特殊効果を簡単に作成できます。デザイナーやクリエイターは、独創的なアイデアを実現し、美しいグラフィックスを制作するのにPhotoshopを活用します。

Illustratorとの互換性が高い

PhotoshopとIllustratorは、Adobe Creative Cloudの一部として提供されており、互換性が非常に高いです。Illustratorで作成したベクターグラフィックやパスを、Photoshopで編集や加工することが容易です。この連携により、デザイナーはイラストと写真の組み合わせや多層デザインを効果的に行うことができます。また、これらのアプリケーションは同じクリエイティブプロジェクト内でシームレスに連携し、デザインプロセスをスムーズに進めるのに役立ちます。

Photoshopのデメリット

Photoshopは優れたグラフィックデザインツールですが、以下に示すいくつかのデメリットも存在します。

月額制であること

PhotoshopはAdobe Creative Cloudの一部として提供され、月額または年額のサブスクリプションベースで利用する必要があります。これは、一度の購入ではなく定期的な支払いが必要なため、一部のユーザーにとってコストがかかる場合があります。

使用したブラシの特定が出来ない

Photoshopは多くのブラシを提供しており、使い勝手が向上していますが、一度使用したブラシを特定するのが難しいことがあります。特定のブラシや設定を再利用する際に、検索や整理が不便な場合があります。

アップデートしたらブラシが消える

時折、Photoshopのアップデート後にカスタムブラシが消失することが報告されています。これはユーザーにとって不便な状況であり、ブラシの再設定が必要になることがあります。

PSDが重すぎる

大規模なプロジェクトや高解像度の画像を扱う際、PhotoshopのPSDファイルは非常に重くなることがあります。これにより、ファイルの保存、読み込み、および編集が遅くなることがあり、リソースの消費が大きいです。

SVGで書き出し出来ない

Photoshopはベクターグラフィックスの編集には向いていません。そのため、SVG(スケーラブルベクターグラフィックス)形式で直接書き出すことができず、Illustratorなどの他のベクターグラフィックスソフトウェアが必要です。

使いこなすのに時間がかかる

Photoshopは非常に多機能で高度なソフトウェアであり、すべての機能を使いこなすには学習と実践が必要です。初心者にとっては使いこなすのに時間がかかることがあり、急いでプロジェクトを完了する際には制約が生じることがあります。

Photoshopの基本的な加工の手順について

Photoshopの基本的な加工手順は以下の通りです。

レイヤーを複製する

画像の編集画面で、複製したいレイヤーを選択します。次に選択したレイヤー上で右クリックをし、コンテキストメニューから「レイヤーを複製」を選択します。最後に、レイヤーが正常に複製されたことを確認します。新しい複製レイヤーが元のレイヤーの上に表示されます。

サイズ・画角を調整する

Photoshopを開いて対象の写真をロードされている状態にしておきます。画像内の画角が傾いている場合、修正するためにガイドの線を引きます。これは、画像の水平または垂直なラインを示すために使用します。次にツールバーから「切り抜きツール」を選択します。このツールを使用して画像を切り抜いたり、サイズを調整したりできます。調整が完了したら、選択した部分をダブルクリックして切り抜くか、ツールバーのオプションを使用してサイズを変更します。

明るさを調整する

写真の明るさを調整するために、ツールバーの調整レイヤーまたは画像調整メニューから「明るさ/コントラスト」を選択します。明るさを調整するには、「明るさ」のつまみを移動して、写真を明るくしたり暗くしたりします。調整が完了するまでつまみを移動させます。さらに、写真のコントラストを調整したい場合、「コントラスト」のつまみを移動して、コントラストを増加または減少させます。これにより、画像の影とハイライトがより際立つか、柔らかくなることがあります。調整が完了したら、変更内容を確認し、必要に応じて保存します。

色みを調整する

下記要素を使用して、写真の色みを調整し、望む外観を得ることができます。必要な調整を行ったら、変更内容を確認し、必要に応じて保存します。

「色相」とは

「色相」は、色調の属性を調整する要素です。これにより、画像内の色合いを変更できます。色相を調整すると、写真の色合いが変わり、色の種類が変更されます。

「彩度」とは

「彩度」は、色の鮮やかさや透明度を調整する要素です。彩度を増加させると、色がより鮮やかに見え、減少させると色がより薄くなります。彩度の調整によって、写真の色の強弱を調整できます。

「明度」とは

「明度」は、色の明るさまたは暗さを調整する要素です。明度を増加させると、色が明るくなり、減少させると色が暗くなります。明度の調整によって、写真の色の明るさを変更できます。

まとめ

Photoshopは多機能なグラフィックデザインおよび画像編集ソフトウェアであり、Photoshopのデメリットとして、「月額制のサブスクリプションモデルであるため、コストがかかる」「使用したブラシの特定が難しく、アップデート後にブラシが消失することがある」「大規模なPSDファイルは重く、リソースの消費が大きい」「ベクターグラフィックをSVG形式で直接書き出せない」「使いこなすのに学習と時間がかかる」といった点が挙げられますが、一方で「画像編集機能が充実しており、写真のリタッチ、カラーコレクション、特殊効果などが容易に行える」「パターンオーバーレイやエンボスなどの加工機能が豊富で、複雑なデザインが作成しやすい」「Adobe Creative Cloudの一部として提供され、Illustratorなど他のAdobeアプリと高い互換性がある」といったメリットも挙げられます。今回は基本的な写真加工の手順を紹介しました。まずは基本的な内容から始めることでPhotoShopに慣れ、画像加工の面白さを体験するところから始めてみましょう。

よくある質問

Q1:Photoshopとは何ですか?

A1:Photoshopは、Adobe Systemsによって開発された画像編集ソフトウェアの一つで、写真やイラストなどのデジタル画像を編集し、加工するために広く使用されています。

Q2:Photoshopでできることは何ですか?

A2:Photoshopを使用すると、画像編集、写真のリタッチ、テキスト編集、イラストレーション、特殊効果の追加など多くのことができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ